ダブルチェックの効果的な方法は?その意味と有効性について

仕事をする上ではちょっとしたミスも大きな事故につながりかねません。そんな事故を未然に防ぐのがダブルチェックです。今回の記事ではダブルチェックをすることの意味と有効性、似た言葉であるクロスチェックについても詳しく掘り下げていきます。

ダブルチェックの効果的な方法は?その意味と有効性についてのイメージ

目次

  1. 原則として無くすべきである仕事のミス
  2. 個人の能力の限界と失敗の恐怖
  3. 他人と行える2つのチェック方法
  4. ダブルチェックで恐怖とミスを回避する
  5. ダブルチェックの方法とは?ミスを減らすには
  6. ダブルチェックの有効性と原則
  7. ダブルチェック自体の失敗を防ぐ方法
  8. 意味が違うチェック方法!こんなチェックも
  9. ダブルチェックとの違いとは?
  10. クロスチェックの方法!こんな違いがある
  11. クロスチェックの原則と期待できる有効性
  12. クロスチェックも事前に適切な予防を
  13. しっかりした導入で混乱を回避する
  14. 両方導入する場合はどうすべきか?
  15. チェックのルールを全体に浸透させる
  16. 二つのチェック方法でミスを大幅減少する
  17. 適切に運用すれば効果大!ミスを予防しよう

原則として無くすべきである仕事のミス

28434208 364868553921780 5960645030312935424 n
tsutsuisokuryouさんの投稿

仕事をする上でミスをするという事は、最終的に大きな事故を生み、プロジェクト自体が失敗、無くなってしまう事もおかしくはありません。原則、仕事のミスは許されないのでそうしたミスは何としても防ぎたいところです。ですが、チェックをしても一人で完全にミスを処理するのは限界があります。そうした場面で有効性のある方法がダブルチェックです。

個人の能力の限界と失敗の恐怖

しかし、個人のみの能力ではどうしても限界があります。体力的な問題、能力的な問題など事情はさまざまですが、場合によってはそういった問題が原因でミスや事故が発生してしまい、そして最悪の場合にはそのプロジェクト自体が取り下げになってしまいかねません。個人で出来る仕事量というものは大きくはないでしょう。

他人と行える2つのチェック方法

個人だけではないチェックを

26152352 808009779400329 8197781112685068288 n
koatora.tradingさんの投稿

そうした個人の能力の限界といった悩みを解決してくれるのが今回紹介する2つのチェック方法、ダブルチェックとクロスチェックです。これらのチェック方法は個人だけで行うものではなく、他人に要請をして複数人でチェックしていく方法なので、事故およびミスの低下や、個人にかかる仕事量の負担といった様々な問題を解決してくれるきっかけになります。

意味の違う言葉なので注意

30592883 214662929118700 2416475663042084864 n
reallinks.jpさんの投稿

今から紹介していくダブルチェックとクロスチェックですが、この二つの言葉を耳にしたことがあっても同じ意味だろうと勘違いしている方や、意味を間違えて使っている方が多いのが現状です。そういった方や、この言葉を知らなかった方に向けてこれらがどういったものかを詳しくお伝えします。まずは比較的オーソドックスなダブルチェックから紹介します。

ダブルチェックで恐怖とミスを回避する

ダブルチェックとは

30830670 441797089576252 3333433708811124736 n
hiromu_glasgowkissさんの投稿

ダブルチェックとは、自身が一度確認した内容を、第三者にもう一度確認してもらうといったように複数人で同じ内容を確認する方法を指します。どれだけ優れた能力を持っていても一人でチェックするという事には限界があります。この方法は複数人でチェックを行うことで大きなミスや事故を防ぎ、円滑に仕事を進めることが出来るというメリットがあります。

複数回のチェックでミスを減らす

社会では原則として仕事のミスは許されません。ダブルチェックとは上述したように複数人で同じ項目のチェックを行う方法ですが、一人や二人だけではその有効性は低いです。そのためダブルチェックを行う際は、可能な限り多人数がダブルチェックに参加することが望ましいです。チェックする人数が多ければ多いほどミスが見つかりやすくなっていきます。

ダブルチェックの方法とは?ミスを減らすには

ダブルチェックとは?複数回確認でミスをなくす

30830415 385475148529036 1694006548323368960 n
sunshowjimさんの投稿

複雑なプログラムを組み上げた場合を例にすると、ソースコードが正しいのかどうかをチェックしなえば、ければそのプログラムは決して動きません。こうした複雑なコードがいざ実行となった時に動かなかった、では話になりません。こうしたミスを作業段階の時点で防ぐために、Aさんが組み上げたコードをBさんCさんが確認する。これがダブルチェックです。

ダブルチェックとは導入するべき方法の一つ

30830019 2011492189102348 2531485300861960192 n
oomiya_fesさんの投稿

ミスは無くす事が仕事の原則です。ダブルチェックとはこうしたミスを無くす事が出来る有効性の高い予防策です。プロジェクトに携わる人間ができるだけ多くダブルチェックに参加することで有効性は増していきます。ダブルチェック方式は是非導入し、仕事のミスを減らしていきたい所です。やはりこうした事故は未然に防いだほうが修正も手早く済みます。

ダブルではあるが何人でダブルチェックしてもよい

26073569 1961905743849638 8274578048515309568 n
takano_kk2さんの投稿

ダブルという名前なのですが、回数的な意味の制限は特にありません。確認は出来る限りの人数で行い、ミスや事故は防いでいきましょう。ダブルチェックは多人数で行えば行うほど粗探しがしやすく、人によっては見つけられないミスを発見できる可能性もあるため、その有効性は思ったより高いといえます。次ではその有効性について掘り下げていきます。

ダブルチェックの有効性と原則

事前の発見で大きな事故が防げる

30829898 210031262923849 7275968955007631360 n
shuheyhey0055さんの投稿

自分だけでは気が付けなかったミスを他人が発見してくれる可能性のあるダブルチェックは、仕事終了後に成果を発表する場などの肝心な場面での失敗や事故を防いでくれます。自分だけで全てのミスを発見するのは前述のとおり限界があると言えます。是非活用して負担を軽減していきたいところです。

仕事と並行してダブルチェックも可能

意外と盲点ですが、仕事と並行してダブルチェックを行う方法も有効性が高いと言えます。例えば、同じプロジェクトを進めているパートナーがいる場合、お互いに作業しつつ途中でミスが無いかどうかを確認しながら進めていくとミスが少なくなっていきます。しかしダブルチェックの方法に原則は無いので、各人の好きな方法でチェックを行っていきましょう。

ダブルチェックのために円滑なコミュニケーションを

30884763 1095031723970310 3249446168798691328 n
daiseijinshikiさんの投稿

ダブルチェックの有効性は、最後の最後に修正しなければならない項目が見つかってしまった、といった土壇場での修正等を未然に防ぐことが出来る事です。発表直前や発表後などに修正するよりも、制作、計画の段階で修正できた方が圧倒的に仕事の効率は高いです。普段からコミュニケーションをとり、円滑にダブルチェック出来るように心がけたい所です。

ダブルチェック自体の失敗を防ぐ方法

有効性が無くなることもある

30830406 165523234280302 2108586323928416256 n
kochi.jcさんの投稿

ダブルチェックのメリットを説明しましたが、これは新しい仕事を導入する事と同義ですので当然ながらデメリットも増えてしまいます。もちろん導入して大きな事故を未然に防ぐことは悪いことではありませんが、導入や作業方法を失敗するとその有効性はなくなってしまうと言えます。ここでは具体的にどのようなデメリットがあるのか触れていきます。

仕事量が増えてしまう

18161040 114583719106792 4238421448797978624 n
pooh_chiakoさんの投稿

普段の仕事をした後、または普段の仕事の進行で新たにダブルチェックという工程を挟んでしまうため、ダブルチェックをする分仕事が増えてしまいます。一つ一つのダブルチェックの仕事量は微々たるものですが、それが何度も重なってしまうと結果として大きく時間を割いてしまうことになります。原則として、ダブルチェックする回数には気を付けましょう。

ダブルチェックが浸透すると目が甘くなる

28435750 797855127064520 4676023090923175936 n
fujisokuさんの投稿

人間はいつも同じパフォーマンスが発揮できるとは限りません。慣れてきてしまったり、疲れてしまっていたりすると多少の妥協を受け入れてしまいます。職場全体にダブルチェックが浸透し、慣れてきてしまうと、多少なら良いかという妥協が生まれる可能性もあります。ダブルチェックの原則として、必ず気分を緩めないようにするのも有効性が高いです。

人によって区別する可能性もある

タイトルだけではピンとこないかもしれませんが、例えばダブルチェックを頼む相手が自分より立場が上の人間であったり、自分より有能だと思っている人間であるという状況なら分かりやすくなると思います。いくらダブルチェックを要請しても、相手は同じ人間です。絶対に失敗しないという事はまずあり得ません。あまり信用しすぎないようにしましょう。

意味が違うチェック方法!こんなチェックも

30592347 453685491727666 3820905818232979456 n
ichihomareさんの投稿

ダブルチェックとは違うチェック方法にクロスチェックという方法が存在します。ダブルチェックとは言葉の響きこそ似ていますが、チェック方法が違うので誤用に注意しましょう。こちらの方法もダブルチェック同様に未然にミスを防ぐための方法として有効性の高い方法です。ダブルチェックと同時に行い、円滑に仕事をこなしましょう。

ダブルチェックとの違いとは?

クロスチェックを活用

30592287 192129418178651 2907466248327528448 n
sepaktakraw.gakurenさんの投稿

ダブルチェックとは同じ項目を複数人がチェックしてミスがないかどうかを探すという方法でしたが、クロスチェックはダブルチェックとは違い、同じ項目に対して様々な観点からチェックする方法です。ダブルチェックとは違いクロスチェックは様々な分野から確かめてミスがないかどうかを探す作業ということになります。

ダブルチェックとの違いの例

15624783 214238112317748 7770411066206453760 n
ryuryu_zakkaさんの投稿

ダブルチェックの説明では同じ個所を複数の人間が確認する事、と説明しましたが、クロスチェックの方法はそれとは異なり、同じ項目を違う方法で確認する事をクロスチェックと言います。同じ個所を確認するという事は同じですが、確認方法が違うということです。複数人がチェックする点はダブルチェックと同じですが、方法が違う事に留意しましょう。

クロスチェックの方法!こんな違いがある

クロスチェックの原則は違う方法で確認する事です。例えば、Aさんが作成したプログラムを確認するのに、Bさんは一度起動して確認してみる。Cさんはコードから見直してみる。といった風に、個人個人が違う観点から同じ物をチェックする。これがクロスチェックです。異なる視点から見るため、チーム全体の仕事力が試されます。

クロスチェックの原則と期待できる有効性

ダブルチェックとは違い、クロスチェックは仕事と並行して行うことはまず不可能です。しかし、クロスチェックの大きな利点はダブルチェックではできなかった完成後のチェックを行える点です。原則としてはいつクロスチェックしても構わないのですが、終わった後にチェックする方法が増やせるのは大きなメリットと言えるでしょう。

クロスチェックも事前に適切な予防を

クロスチェックにも落とし穴

30593033 938269809674791 4276080787201196032 n
co.soraniwa0501さんの投稿

ダブルチェックにもあったように、クロスチェックにも落とし穴が存在します。特にクロスチェックは複数の観点からチェックするという都合上、ダブルチェックとはデメリットの大きさが違うケースが大変多いです。クロスチェックの原則を今一度確認し、デメリットや事故は回避しましょう。具体的なデメリットについて説明します。

工程が複雑である

30855357 141401706554123 2514181964253102080 n
big.saiyouさんの投稿

ダブルチェックとは大きく違う点が工程の複雑さです。原則として複数の観点からチェックするという都合上、どうしても複雑化してしまうのがクロスチェックです。チェックの方法も人員によってそれぞれ違ってくるため、掛かる時間も大きく変わってきてしまうのも難点の一つです。できるだけ少人数で素早い確認を心がけましょう。

能力が違う人員が必要である

30856499 164893527556175 8674252509486776320 n
wakasa_duckさんの投稿

場合によっては完全に能力が違う人員を確保しなくてはならないケースがあります。例えば一つのデザインに対して社会受けするかチェックする人員、それを生産する工程をチェックする人員、と完全に能力や仕事の方法が異なる人員を用意する事がこの方法の一番手間の掛かる個所と言えます。部署が複数ある場合は他の部署とも常に連携したい所です。

しっかりした導入で混乱を回避する

導入する際に気を付ける事

28763198 335221083551429 4902632798185062400 n
takyo__tonyさんの投稿

これらの方法を導入する場合にも注意しなければならないことがあります。何しろ仕事の工程を増やしてしまうので、特に説明のないまま導入して実行に移せと言ってもうまく機能せず、デメリットばかりが目立ってしまいかねません。導入する際の注意点を記載しますので、これを参考にそうした不満を回避してうまく利用していきましょう。

導入時の基本

30084372 1911487975568591 4430755659180408832 n
okiyamamasahiroさんの投稿

唐突に導入してしまってもおそらく不満が頻発してしまうでしょう。導入する場合はどのような方法なのか、そしてどういったメリットが生まれるのかを事前に社員やチーム全体にしっかり伝えてから導入するようにしましょう。また、導入から数日程度は慣れていないため効率が目に見えて良くなる事は少ないため長い目で見ていくことも重要です。

ダブルチェック導入時の注意

チェックを複数人で行う、と言葉にすれば簡単ですが、他の人間が他の仕事をしているときにチェックを要請する場面など、それぞれの人間の仕事のペースを乱したり、時には邪魔になってしまいかねない危険性があります。そのため、ダブルチェックをさせる人間の種類なども適切に判断を下して要請させるといったルール設定が重要と言えるでしょう。

クロスチェック導入時の注意

ダブルチェックよりも工程が複雑で、変わった人材に要請する事もあるクロスチェックではダブルチェックよりも慎重に導入するべきと言えるでしょう。特に時間がかかるという観点から、社員やメンバーからは残業などの不満が出てきてしまうこともあるので、本当に導入するべきなのかどうかもしっかりと考えるのが無難です。

両方導入する場合はどうすべきか?

両方導入した場合で起こる落とし穴

28429194 344414702732009 2734699015592476672 n
leaftsurugayaさんの投稿

ダブルチェックとクロスチェックの2つのチェック方法の原則とその有効性、落とし穴について説明してきましたが、その2つを同時に導入した場合のデメリットももちろん出てきてしまいます。ですが、このデメリットを差し引いても導入するメリットは大きいといえるので、デメリットをうまく回避していきたいところです。

いきなり両方導入すると困惑してしまう

26071442 1044977782310718 3211497001707372544 n
takano_kk2さんの投稿

ダブルチェックもクロスチェックもその原則上仕事量が増えてしまう事で、一気に両方導入してしまうと現場が慣れる前に困惑してしまうケースが多いです。仕事の工程自体が複雑化してしまうと、最悪の場合社員が職場を辞めてしまう事になりかねません。導入する際は片方でまず感触を確かめてからもう片方を導入する方法が安全と言えます。

意味を混同してしまう

クロスチェックとダブルチェックは言葉が似ているため、それぞれを逆の意味で覚えてしまっていたり、ダブルチェックの依頼を受けたのにクロスチェックをしてしまっていたといったケースが出てきてしまう可能性が高いです。チェックする側もされる側も、きちんとどちらのチェック依頼なのかを確認し、無意味なチェックをしないようにしましょう。

チェックのルールを全体に浸透させる

以上がダブルチェックとクロスチェックの方法、導入時の注意点となります。両方の方法に共通して言えることがきちんと浸透させることです。社員やメンバーにとってはいきなり新しい作業を追加されてしまったととらえられてもおかしくはないので、仕事上のルールとして浸透させていくのが一番効率よく導入できる方法かもしれません。

二つのチェック方法でミスを大幅減少する

両方導入出来ればミスが大幅に減らせる

30086851 1121444197998580 7132692659944030208 n
americaya1967さんの投稿

クロスチェックとダブルチェックはチェック方法が違います。同じ項目をチェックする方法という観点では同じです。片方だけでもその有効性は高いでしょう。ですが、この方法を両方実行できる場合は実行するべきです。ミスを未然に防いで損をすることはありません。意味をしっかりと理解し、ダブルチェックとクロスチェックを実行しましょう。

途中で修正するほうが結果的に早く仕事が終わる

30603347 2060238560928645 8068515146969907200 n
hira8_さんの投稿

繰り返しになりますが、土壇場で失敗が発覚してしまい大慌てで作業することになったり、プロジェクト自体が中止になってしまうよりも、その前の段階で修正をしてしまえたほうが結果的に仕事が早く終了できます。ミスや事故はこうしたチェックを導入して作業段階で発見し、すぐ修正できるようにしましょう。

適切に運用すれば効果大!ミスを予防しよう

30899835 1261650770633477 9117130407265959936 n
kokuyo_ingさんの投稿

これらのチェックを実行するのは他ならない他人です。会社全体で導入する場合でも、個人的に気を配ってチェックを依頼する場合でも、相手に負担をかけすぎない事や、相手の邪魔にならない範囲での依頼をすることなど、チェックをしてくれる相手への気配りを忘れない事がこれらのチェックの方法を成功させる大きなポイントだと言えるでしょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ