自己紹介で使える面白い例文・ネタ集!学校行事や新社会人向けの参考に!

多くの人の前や1対1でも自己紹介をする機会は人生において多くあります。自分の印象が決まるので学校や社会人でも緊張する方も多いでしょう。面白い一言ネタなどがあれば便利です。今回は面白い自己紹介について学校や社会人でも使える一言ネタなどをまとめています。

自己紹介で使える面白い例文・ネタ集!学校行事や新社会人向けの参考に!のイメージ

目次

  1. 新しい環境!面白い自己紹介をして仲良くなろう
  2. 事前に準備!面白い自己紹介はよく使える
  3. 自己紹介する人数で面白い内容を変えよう!
  4. お酒の席?厳粛な場?面白い自己紹介が必要なとき
  5. 自己紹介の名前にも面白い工夫をしよう!
  6. 名前は重要!面白い自己紹介で覚えてもらおう
  7. 自己紹介に出身地は必須!面白い要素を入れよう
  8. 趣味・特技は緩急が大事!面白い内容と普通の内容
  9. 自己紹介の部活ネタにも一言面白いネタを!
  10. 真面目はNG?2人組なら面白い自己紹介しやすい
  11. 自慢話もNG!面白い自己紹介も嫌味に聞こえる?
  12. 自分以外の自慢話で面白い自己紹介になる?
  13. 一発芸は難易度高い!面白い自己紹介と受け狙い
  14. 共通点を見つけてもらえる自己紹介をしよう!
  15. 面白い自己紹介のコツは「あの○○」!
  16. 効果あり?あだ名やキャッチコピーを盛り込む!
  17. 集団で自己紹介する場合は最初が肝心!
  18. 自己紹介は空気が大事!場にあった一言ネタを
  19. 面白い自己紹介の一言ネタ例文1:季節の内容
  20. 面白い自己紹介の一言ネタ例文2:自分の目標
  21. 面白い自己紹介の一言ネタ例文3:紹介の目的
  22. 第一印象が決まる!面白い自己紹介が大事なこと
  23. 自分のことを話す!緊張しないためには慣れが必要

新しい環境!面白い自己紹介をして仲良くなろう

学校であれば新学期や、社会人であれば入社したタイミングで自己紹介を必ず行います。学校で部活などに入るときにも自己紹介は必要です。実際に面白い自己紹介をする必要はありませんが、自己紹介で今後の印象が決まるとしたら面白い方がいいかもしれません。ここからは面白い自己紹介について紹介していきます。

事前に準備!面白い自己紹介はよく使える

30603187 166861074012698 4420638640376381440 n
maji.calさんの投稿

自己紹介は学校でも社会人でも必ず行うことなので、自分の面白い鉄板ネタを用意しておくと何かと便利です。鉄板ネタは基本的に誰にでも使える物でシンプルでコンパクトなものが良いでしょう。

自己紹介の一般的な内容は名前・出身地・特技や趣味などです。しかし、場合によっては自己紹介の持ち時間が2分から3分与えられることもあります。先程の内容で自己紹介を行うと15秒で終了してしまうので一言ネタなど工夫が必要になります。

自己紹介する人数で面白い内容を変えよう!

30592357 221428228608993 2988310228761575424 n
sougo_career_groupさんの投稿

自己紹介も目的を考えて構成やネタを変えると効率的です。無難な自己紹介ネタと少し挑戦したネタを使うかも場面に応じて使い分けましょう。特に自己紹介をする相手の人数など規模によって変える必要があります。

例えば飲み会のテーブルでの自己紹介であれば10人くらいが目安になるでしょう。壇上に立って自己紹介を行うときの人数はもっと増えます。人数が増えれば増えれるほど難易度は増していくので無難な自己紹介がおすすめです。

お酒の席?厳粛な場?面白い自己紹介が必要なとき

30084741 930221373823011 8404568076997099520 n
ebisu.sendaiさんの投稿

状況によっても自己紹介の内容を変えましょう。一番分かりやすい基準はお酒があるかどうかです。大学の場合だと学校内でのイベントでお酒を飲むこともあるでしょう。お酒の席で乾杯してからしばらく経った後の自己紹介では、少し挑戦した自己紹介を行うと良いです。

しかし厳粛なムードの場における自己紹介において笑いを狙った自己紹介は「悪ふざけ」と捉えられ、悪目立ちしてしまうかもしれませんので注意しましょう。面白い自己紹介は必ずしも受け狙いだけではありません。

自己紹介の名前にも面白い工夫をしよう!

自己紹介では自分の名前を正確に覚えてもらうことも重要です。学校で転校した場合などは黒板に名前を書かれることもありますが、最初の自己紹介の場合は口頭で伝えるため聞きなれない名前などは覚えてもらいにくいです。

例文としては「梯子高の方の高いにブリッジの橋で髙橋です。」のように特徴を言ってもいいかもしれません。名前の例文でも「アイランドの島に男で鈴木島男です。」などと自己紹介の名前でも一言ネタを入れると覚えてもらいやすくなります。

名前は重要!面白い自己紹介で覚えてもらおう

名前が分かると覚えやすくなる

名前は人の社会には非常に重要なものです。名前と顔をセットにすることで印象に残りやすくなり覚えやすくなります。社会人で自己紹介はまず覚えてもらうことが重要なので、名前を意識した自己紹介やネタを盛り込むと良いでしょう。

工夫次第で誰でも使える

例えば自分の名前の由来や○○地方に多い苗字などの小ネタを挟んでもいいかもしれません。中には珍しい名前の方もいるのでネタとして使うのもおすすめです。例文としては「小鳥が遊ぶと書くタイプのタカナシです。」などです。

自己紹介に出身地は必須!面白い要素を入れよう

30078861 466663733750121 1296245181749657600 n
ecolesympa_5ecoles_a_tokyoさんの投稿

例えば出身地の場合も表現に工夫をすると印象に残りやすいです。上京している人であれば地元の話も良いですが、事前に同じ出身地の人が少ないか調べておき、一言ネタを工夫すると良いかもしれません。

例文として関東の出身者が少ない関西では「東京生まれ湘南育ちです。しかし両親は九州出身なので一応九州男児です。」などです。このように珍しさをネタにすることでインパクトある自己紹介ができます。

趣味・特技は緩急が大事!面白い内容と普通の内容

30605080 196903204449390 2623406362729644032 n
oharagifuさんの投稿

自己紹介の定番といえば趣味や特技になりますが、この王道な内容でも工夫次第で面白い自己紹介にすることができます。重要なことは緩急です。趣味や特技の紹介では誰にでもわかることと、誰にもわからないようなマニアックな内容を組み合わせると良いでしょう。

メジャーな内容を話すことによって聞いている側は退屈しませんし、マニアックな話をすることによって自分の趣味の度合いを伝えることができます。例文としては「陸上が好きで、好きな選手はウサイン・ボルトとエリウド・キプチョゲです。」などです。キプチョゲ選手はマラソンが好きな方であれば伝わる可能性もあります。

自己紹介の部活ネタにも一言面白いネタを!

30830060 212315889542942 3740317362583240704 n
t_sksさんの投稿

自己紹介のネタの王道ネタと言えば部活動のネタです。社会人や学校の場でも共通点を見つけやすく仲良くなりやすいポイントです。このときのポイントは「○○部でした。」などのように部活の名前だけではなく、ポジションや何かネタを挟むと良いかもしれません。

陸上部であれば種目も紹介すると良いでしょう。例文としては「陸上部に所属していて種目は殺人種目の400mHです。」などです。サッカー部出身の場合の例文は「サッカー部出身で守護神をやっていました。」などです。

真面目はNG?2人組なら面白い自己紹介しやすい

30591812 185220222289501 8658615182102102016 n
miikosan4715さんの投稿

飲み会の場で真面目な自己紹介を行うと白けることもあります。実際に面白いことを言わないといけない雰囲気になります。そのときは誰かと協力をして自己紹介を行うのも面白いでしょう。

簡単なネタの例文としてはヒーローインタビューです。2人1組でやると良いでしょう。細かすぎて伝わらないモノマネなどのネタを披露しても良いでしょう。1人で行うよりも負担も軽く思い切ったことができます。

自慢話もNG!面白い自己紹介も嫌味に聞こえる?

30884712 1396878283750895 696006189120487424 n
kayoko_0928さんの投稿

自己紹介の中で控えた方が良いことは「自慢話」です。他人の自慢話を聞いてもあまり面白くありません。自慢話は他人から質問されたときに話すといいかもしれません。自己紹介で自慢話をしたいときは質問してもらえるようにしましょう。

30829515 635351290139735 403129311189532672 n
happy.aomori.yoshiさんの投稿

例文として部活で野球を頑張っていたときに、興味がある人から「どこらへんまで行ったの?」と質問があったときに、「甲子園に出場しました。」と答えると嫌味がありません。また、1ステップ上の面白い自己紹介の例文としては「甲子園に出場、、、していた○○校と練習試合してました。」と質問者の期待を裏切る例文もあります。

自分以外の自慢話で面白い自己紹介になる?

30084154 1020521201429979 5443359946571776000 n
kakusan_recruitさんの投稿

先程のように自己紹介で自慢話をすると印象が悪くなりますが、自分以外の自慢をすると覚えてもらいやすいです。例文としては地元の自慢や、出身の学校の有名人などです。社会人になってからは、様々な出身の方がいるので出身地の一言ネタは使い勝手が良いです。

例文としては「出身の中学は元SMAPの中居くんと同じです。」などです。他の例文は「高校の隣の坂はゆずの夏色の坂です。」などインパクトのある一言ネタは汎用性が高く、学校でも社会人でも使えます。

一発芸は難易度高い!面白い自己紹介と受け狙い

30078851 177416409749980 7189111242970103808 n
leaftsurugayaさんの投稿

自己紹介のネタは新しいことをやろうとすると失敗する可能性があるので、自分に所縁があることで肉付けをしていく方が確実なネタになります。実際に会社の自己紹介で一発芸を行い、本当の事故紹介になってしまった例は多くあります。

一発芸などをやりたい場合は勝率が高い持ちネタにしましょう。自己紹介の場における一発芸はハードルが非常に高く、重要になるのは実績です。突貫工事の付け焼刃のような一発芸は高い確率で生産性のない後悔を生むので、控えた方が無難です。もしくはチームを組んで自己紹介を行う場合であればダメージは分散されます。

共通点を見つけてもらえる自己紹介をしよう!

多くの人は緊張する自己紹介を面白いことを言ってどう乗り切るかを気にしていますが、重要なことは自己紹介をした後です。学校であれば友達ができるか、社会人であれば馴染むことができるかが自己紹介の勝敗を決めています。

そのときに重要になってくるのが「共通点」です。自己紹介をしている人に自分との共通点があれば、その後も話しやすくなり仲良くなりやすくなります。理想としては共通点を見つけてもらいやすい自己紹介をして、少しユーモアを加えることです。

面白い自己紹介のコツは「あの○○」!

自己紹介のコツはいかに覚えてもらえるかを考えることです。イメージしやすい例で言うと「あの○○」と覚えてもらえるような自己紹介が重要です。自己紹介をした後に例文としては「あの湘南育ちの新人ね。」「あぁ、あの大食いの新入社員か。」などです。

このように覚えてもらうためには何か1つにポイントを絞った自己紹介をおすすめします。つまり、全部の項目を頑張らなくても良いのです。逆に名前も出身地も特徴にも一言ネタを入れると諄くなる可能性がありますので注意しましょう。

効果あり?あだ名やキャッチコピーを盛り込む!

29740020 236313853597307 8014547508506132480 n
watamomo0105さんの投稿

自分の中にインパクトがある面白いネタが思いつかなければ、自分にキャッチコピーをつけると「あの○○」と覚えてもらえるでしょう。また同様に学生時代のあだ名を伝えるのも良いかもしれません。学校の自己紹介でも重要になってきます。

学校や社会人でも何かやり取りをするときに、お互いの間にある壁はなくしていきたいです。そのときにあだ名で呼べると壁がなくなり、距離を縮めやすいですが自分が相手のあだ名を呼ぶよりも、自分のあだ名を読んでもらった方がやりやすいでしょう。

集団で自己紹介する場合は最初が肝心!

30086439 2126354774260541 2607800465915641856 n
healthserverさんの投稿

一番最初に自己紹介をした人の内容が基準となり、後続の方も続く場合が多いので最初に自己紹介をする人の役割は非常に大きいです。例えば新入社員の自己紹介の場合、一番最初に自己紹介をした方が真面目なときはその年の新入社員全員が面白みもなく真面目な印象になってしまいます。

もし新入社員の自己紹介であれば同期の間でどうするか相談するのが理想です。しかし、同期の間でそのような関係が築けているかが重要になりますが、仲間と協力したことが、例え自己紹介でも評価されれば結束は強くなります。

自己紹介は空気が大事!場にあった一言ネタを

30589868 382124082305909 7228214794191372288 n
koji_laughinglifeさんの投稿

最後の一言ネタが重要です。職場での自己紹介であれば最後の一文は「仕事も精一杯頑張りますのでよろしくお願いします。」などその場にあった言葉で締めくくると良いでしょう。

しかし、その場の雰囲気によっては真面目すぎると白けてしまうケースも考えられるので注意が必要です。会社の歓迎会などであれば「食べるのが好きなので、余った皿はどんどん回してください。よろしくお願いします。」などのネタでも良いでしょう。

面白い自己紹介の一言ネタ例文1:季節の内容

「季節の内容」を上手く活用

29717785 219207131966210 5118998647668736000 n
_r.k.a.h._mitsuko_さんの投稿

最後の締めくくりの一言ネタの例文の1つ目は「季節の内容」です。例えば、クリスマス・誕生日・バレンタインデーなどが近ければ、季節の内容を盛り込んだ一言ネタも良いでしょう。

「季節の内容」を絡めて面白い一言ネタを

29737252 181905549122107 4857555827923353600 n
bts_an95さんの投稿

例文としては「先日はバレンタインデーでしたが、チョコは前後6ヶ月受け付けているので、よろしくお願いします。」などです。結果1年中受付けているという一言ネタは様々なところで使えます。

面白い自己紹介の一言ネタ例文2:自分の目標

「自分の目標」を上手く活用

29716752 173779239944925 2145887771296792576 n
hajimefujibayashiさんの投稿

最後の締めくくりの一言ネタの例文の2つ目は「自分の目標」です。最後の一言としては目標を言う事は締めくくりとして相応しいでしょう。この目標にただ「頑張る」ということよりも一言ネタを挟むと面白いかもしれません。

「自分の目標」を絡めて面白い一言ネタを

30086205 1857254377639460 2281095115596365824 n
1130hiroさんの投稿

また、社会人であれば「仕事を頑張る」という内容や学校であれば「部活を頑張る」という内容になりますが、少し変化球にするといいかもしれません。例文としては「運動が得意だったので、同期の○○君を○kg減量させたいと思います。」などです。仲が良い先輩が入れば盛り込んでも面白いかもしれません。

面白い自己紹介の一言ネタ例文3:紹介の目的

「紹介の目的」を上手く活用

30077520 190860761639913 6530060447113019392 n
hiroakiyamamoriさんの投稿

最後の締めくくりの一言ネタの例文の2つ目は「自分の目的」です。目標に近いかもしれませんが、今回の自己紹介の目的を最後の締めくくりの一言にすると良いかもしれません。

「紹介の目的」を絡めて面白い一言ネタを

30077378 508286516233237 7381292200329478144 n
akulex_さんの投稿

学校であれば同じ部活の人に仲良くできるようにしたい旨であったり、社会人であれば休日を共有できる仲間を探しているという目的を伝えると良いかもしれません。「マンガが好きなので、語り合える仲間を探しています。」などで良いでしょう。

第一印象が決まる!面白い自己紹介が大事なこと

自己紹介が面白いかどうかは必須事項ではありません。しかし、面白い自己紹介ができた方が覚えてもらいやすいなどのメリットは多いです。学校や社会人でも自己紹介する機会は多いので一言ネタなどでも面白い工夫をすると良いのかもしれません。

重要なことは自己紹介を聞いている側が面白いと感じることよりも、内容が分かるかどうかです。面白い自己紹介をしようと気合いを入れて何を言っているか分からないという事態は避けなければなりません。特に社会人の場合は重要です。社会人であれば最初の印象が今後の社会人生活を左右すると言っても過言ではありません。

Thumb転職初日の挨拶と自己紹介のマナーを解説!持ち物や出社時間は?

自分のことを話す!緊張しないためには慣れが必要

30087526 1519887981455545 1894854620837052416 n
mucchioさんの投稿

今回は学校や社会人でも多い自己紹介について、面白い方法などを紹介してきました。何か新しくチャレンジしようとすると失敗する可能性が高いです。理由は学校や社会人であったとしても、自分のことを知らない人に自分のことを紹介するので、多くの人は緊張するでしょう。自分に馴染みがあることに工夫を加えて面白い自己紹介をしましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ