失業保険の延長手続き・解除申請方法について解説!妊娠・出産時は必須?

失業保険の延長手続きを行うにはどうしたらいいのでしょうか?妊娠や出産の際はどうしても仕事を辞めなければいけません。再就職のための就職活動を再開するにしても期間がかかってしまいます。失業保険の延長手続きと解除申請の方法を説明していきます。

失業保険の延長手続き・解除申請方法について解説!妊娠・出産時は必須?のイメージ

目次

  1. 失業保険を延長する手続きと解除申請方法は
  2. 失業保険の正式名称は雇用保険!
  3. ハローワークで失業保険の認定を受けるには?
  4. 退職前の給料によって失業保険の金額がいくら貰えるか決まる!
  5. いつから失業保険は受け取る事が出来るのか
  6. 税金は失業保険給付にかかるのか?
  7. 失業保険を延長する手続きは二種類ある
  8. 個別延長給付による失業保険の延長期間は
  9. 失業保険の個別延長給付を受けるのに必要な条件は
  10. 失業給付受給期間の延長が出来る対象者は?
  11. 広域延長給付と全国延長給付で失業保険を延ばす
  12. 受給期間延長制度の概要は
  13. 失業保険の受給期間延長の条件とは?
  14. 受給期間延長の手続きに必要なものは
  15. 失業保険の受給期間延長申請書の入手方法と書き方は
  16. 失業保険受給期間延長の手続きができるのは一か月間!
  17. 社会保険は失業保険給付期間中はどうなるのか
  18. 公共職業訓練を受けると失業保険は延長する
  19. 「妊娠や出産・育児中」で受給期間を延長する方法は
  20. 失業保険の受給延長申請期間が過ぎてしまうと?
  21. 受給期間を延長する場合の注意点は
  22. 受給期間の延長は一度しかできない!
  23. 失業保険の受給期間延長を解除するのに必要なものは?
  24. 再就職したらお祝い金がもらえる再就職手当とは?
  25. 再就職手当はいくらぐらい貰えるのか?
  26. 失業保険をもらうのに必要なのはマイナンバー
  27. 失業保険延長手続きと解除申請の知識を覚えておこう

失業保険を延長する手続きと解除申請方法は

妊娠や出産を迎える際には仕事を辞める場合がほとんどです。落ち着いてから次の仕事を見つけるまでの期間、就職活動を再開するにはかなりの時間が空いてしまいます。そんな時失業保険延長申請をしておくと、落ち着いてから再就職する時に失業保険をもらう事が可能です。失業保険延長申請の手続き方法と解除方法を説明していきます。

失業保険の正式名称は雇用保険!

26154333 161391341158969 1447706314384867328 n
neko_jacさんの投稿

失業保険の正式名称は雇用保険です。雇用保険は労働者が何らかの理由で退職した際に次の就職先が決まるまでの生活を保障するための保険制度です。適用条件を満たしていれば次の就職先が見つかるまで失業保険を受け取る事が出来ます。雇用保険から給付される保険金を失業等給付といいます。

失業等給付は被保険期間と会社都合退職や自己都合退職かの離職理由によって受給期間が90日、120日、150日と変動していきます。しかし対象者はこの受給期間を延長させる事も可能です。

ハローワークで失業保険の認定を受けるには?

失業保険を受けるには給付期間中に仕事がない事を確認して給付するかどうかの認定を受ける義務があります。仕事がない事を確認するのが認定で、失業保険の支給が決まる日が認定日です。失業保険の認定は4週間に1回ごとに行われます。4週間に1回行われる失業保険の認定日に仕事がない事が確認されれば28日分、失業保険が給付されます。

求職活動をしているかがポイント

25012582 518462055178308 8958864092223766528 n
ohana101103さんの投稿

失業保険は働く意思があって求職活動しているのに就職先が見つからない人を応援する制度です。働く意思があるのに就職先が見つからないで失業中の事は勿論、その間パートやアルバイトなどで収入を得ていない事を認められなければいけません。大切なのはパートやアルバイトをしていない事や、収入がない事を証明する事ではありません。

14553082 597426590440828 3759095122810109952 n
neko0701さんの投稿

失業保険は就職する意思のある人を応援する制度であるため、求職活動している事をハローワークに認めてもらう事が肝心です。失業保険の認定日には求職活動の内容を報告したり書面で提出して求職活動している事を証明しなければいけません。それが失業保険の認定です。

失業保険の認定日はハローワーク

失業保険の認定日にはハローワークに雇用保険受給資格者証、印鑑、筆記用具、失業認定申込書を持参する必要があります。失業保険認定申込書には求職活動中に働いた期間や活動内容を記入します。働いて収入がある場合は正直に申し出てください。

13166815 262467697435215 576551644 n
kozuo_oさんの投稿

失業保険をもらうためには、失業保険の認定申込書を認定日にハローワークに提出する必要があります。期間中に2回以上の求職活動実績が必要になります。失業認定申込書を提出して求職活動中と認めてもらえれば失業保険給を受け取る事が出来ます。

失業保険の認定日の変更は

21984976 287437635075772 5565764332664389632 n
maorin5891さんの投稿

失業保険の認定日に病気などでハローワークに行けない時は、認定日変更届の証明書を申請して提出すれば認定日の変更が可能です。変更が認められるのは就職面接などの特定の理由に限られています。失業保険の認定日にハローワークに行かなかった場合は失業保険を受け取る事は出来ません。

14498867 315383702158199 1779202975600738304 n
rei_nachuさんの投稿

期間中に病気などですぐに働けなくなった場合は、その期間が14日間以内は傷病証明書を、天災などで認定日にどうしてもいけなかった場合は事故証明書を次の認定日に提出すれば失業保険の証明認定を受ける事が出来ます。

退職前の給料によって失業保険の金額がいくら貰えるか決まる!

19436412 257168194764813 4442469667084173312 n
kakei.booさんの投稿

失業保険がいくらぐらい貰えるかは退職前の給与によって決まります。失業保険の給付金額を計算式にするには、まず賃金の日額を計算します。退職前6か月の給与÷180日とします。賃金日額に給付率と給付日数をかけると失業保険の金額が出ます。計算式にすると、賃金日額×給付率(50%から80%)×給付日数になります。

失業保険の給付金額に用いる賃金日額、基本手当日額、給付率には上限と下限があります。基本手当日額は毎年8月1日に変更されます。変更の内容はハローワークの窓口で問い合わせする事が出来ます。

いつから失業保険は受け取る事が出来るのか

失業保険は失業したからと言ってすぐに受け取れるものではありません。失業保険給付の流れを説明すると、ハローワークで求職手続き、雇用保険受給説明会、失業認定日、失業認定日、初回失業保険金給付となるのですが、手続きをしたからといってすぐに失業保険がもらえるわけではありません。

14449150 1816910801873055 3488929082752630784 n
marchan38さんの投稿

失業保険は就職をする意思があっても再就職が見つからない人を応援するものなので、4週間求職活動をしたが就職先が見つからなかったという事をハローワークに認められ、それから数日後に振り込みという流れになります。

税金は失業保険給付にかかるのか?

失業保険は社会保険上は収入とみなされますが、税金の面では収入とはみなされません。よって失業保険には所得税や住民税はかかりません。他にも出産一時金や出産手当金、傷病手当金、保険会社からの入院給付金、通院給付金などの生活を補うものについては税金はかかりません。

失業保険を延長する手続きは二種類ある

17438940 220704801666859 4408973513495412736 n
m_kakeiboさんの投稿

失業保険の延長手続きには給付期間を延長する個別延長給付と、限定された失業保険の期間を延長する受給期間延長の二つの延長方法があります。個別延長給付は期間が延長されるので給付金が増加します。受給期間延長は妊娠や出産、病気などで失業後に働けない期間がある場合に受給期間が延長されるだけで給付金額が多くなるわけではないです。

個別延長給付による失業保険の延長期間は

20905654 301355070333888 7417923877612814336 n
tabu.fechi.chietanさんの投稿

失業保険の受給期間は90日から330日の範囲で決定されます。受給期間の間は失業保険がもらえるのですが、個別延長給付制度は失業保険の受給期間を個人の事情を配慮する延長制度になります。

個別延長給付は会社の倒産や会社都合による解雇などで離職した人が対象条件ですが、有効労働契約が更新されずに離職となった人たちも対象条件に含まれます。個別給付延長制度は暫定措置として始まりましたが現在も実施されています。

失業保険の個別延長給付を受けるのに必要な条件は

21042798 184219652121223 6705575393765621760 n
kakei.booさんの投稿

個別延長給付措置を受けるには、積極的に求職活動を行い、いくつかの条件に該当する必要があります。いくつかの条件とは、安定した職に就いた経験がなく離職や転職を繰り返している45歳未満の人、雇用数の少ない地域に居住している人、ハローワークが再就職の支援を計画的に行う必要があると認めた人となっています。

以上の条件に当てはまる人は失業手保険の給付日数を60日間延長する事が出来て、その期間延長分は失業保険の給付金額が増える事になります。ただし雇用保険の被保険者の期間が20年以上、給付日数270日もしくは330日の人は30日間の延長期間となります。

12142250 627676744049565 1005080983 n
nikoniko1028さんの投稿

個別延長給付制度の対象条件はあくまで積極的に求職活動を行っているものでなければいけません。そのため、ハローワークなどには積極的な求職活動を証明するための応募実績が必要になります。応募実績は失業保険の所定給付日数により決められており、給付に数が90日の場合は3回以上の応募が必要になります。

30590213 620668258274215 3492688944368189440 n
u_saki_0523さんの投稿

330日では11回以上の応募が必要になります。求人に応募した場合も、面接が行われず書類選考で落とされた場合でも応募回数として認められます。ハローワーク以外で求職活動を行ったとしても応募実績としてカウントされます。個別延長給付の対象者は一般的に給付の最後の認定日に個別給付延長対象者という事を案内されます。

失業給付受給期間の延長が出来る対象者は?

14032897 1771337926471701 1910673386 n
shiiiiiiiiiiiiiiinさんの投稿

失業保険の受給期間延長の対象条件は妊娠、出産、育児(3歳未満に限る)などにより働くことが出来ない人、親族(6親等内の血族もしくは配偶者および3親等以内の姻族)などの介護のため働く事が出来ない人、事業主の命を受け海外勤務をする配偶者に同行する人、青年海外協力隊などの公的機関が行う海外技術派遣者として海外派遣された人。

30077439 585479981808241 1494035937628258304 n
sakamoto6353さんの投稿

60歳以上の定年など(60歳以上の定年後に継続雇用制度を利用して被保険者として雇用されていたが制度の終了により離職)により離職してしばらく休養する人、などの理由により30日間以上連続して仕事が出来ない人は受給期間を延長する事が出来ます。受給期間の延長申請には延長理由を証明する書類の提出が義務付けられています。

広域延長給付と全国延長給付で失業保険を延ばす

実施された例は少ないですが、広域延長給付と全国延長給付の適用を受ける事が出来れば更に受給期間を延長する事が出来ます。広域延長給付制度は失業率の増加が認められた地区で広域職業紹介活動の管轄を超えて求職活動が必要と認められる受給資格を持った人が90日間を上限に受給資格を延長することが出来ます。

東日本大震災の際は一部地域では実施された例があります。全国延長給付は厚生労働省が全国的に失業保険の受給者の増加を認定した場合に受給者全員が一律で失業保険の受給期間を最長90日間延長する制度です。しかし、今までに全国延長給付が実施された例はまだ出ていません。

30078841 982736268542564 7478169559967465472 n
aoi_cipher_roseさんの投稿

広域延長給付と全国延長給付が実施されれば個別延長給付と併用する事で60日+90日+90日で240日間まで失業保険の受給期間が延長されるようになります。

受給期間延長制度の概要は

26872541 161826387874253 4629382713911017472 n
imuinvestさんの投稿

失業保険の給付金は退職日の翌日から1年以内の間に受け取らなければいけない決まりになっています。失業保険の受給期間の延長は失業保険給付金の受け取りの開始時期を延長する制度で、働く意思と能力がある人が就職できない事を助ける制度になっています。

30084763 1611624705624545 5610725566442373120 n
sakamoto6353さんの投稿

病気や出産で働けなくなった場合に、予定ではもらえるもはずであった失業保険を後からもらうことが出来るように受給期間を延長する制度です。

失業保険の受給期間延長の条件とは?

失業保険の受給期間延長制度はハローワークに失業保険受給期間延長申請書を提出する事で利用が可能になります。制度の対象となる条件の人は、海外転勤者の配偶者として同行する人、妊娠、出産、育児および親族の介護をする人、病気や怪我をした人、公的機関の海外派遣者又は海外指導者、などの理由で30日間以上働くことが出来ない人です。

18579594 419044025127341 4388659104164347904 n
hiropyon_a.k.a_hmさんの投稿

上記の理由で30日間以上働く事が出来ない人はハローワークで失業保険受給期間延長申請書を提出すると受給期間の延長手続きを申請する事が出来ます。病気や怪我が原因で受給期間を延長する場合は診断書を求められる事もあります。延長手続きをすると最長3年間、失業保険の受給開始を先延ばしにする事が可能です。

受給期間延長の手続きに必要なものは

失業保険の受給期間を延長したい場合は、ハローワークに失業保険受給期間延長申請書を提出すると失業保険の受給開始の時期を延長する事が出来ます。手続きに必要な書類は、印鑑、場合によっては診断書、離職票などが必要になります。

失業保険の受給期間延長申請書の入手方法と書き方は

失業保険の受給期間延長申請書の入手方法は、ハローワークの窓口でもらう方法の他に、郵送で取り寄せる事も出来ます。管轄のハローワークの雇用保険給付、教育訓練給付窓口に電話して、住所、氏名等を伝えれば申請書を郵送してもらえます。

25025637 327375284408317 5685688044431081472 n
hana_yoimachiさんの投稿

失業保険の受給期間延長申請書の書き方は、延長する理由ごとに書き方がかわってきます。妊娠や出産ですぐに仕事が出来ない場合、病気や怪我の場合、身内の介護の場合、定年退職後しばらく休養を取る場合などで書き方がそれぞれ違ってきます。延長する理由を明確に記入してください。

失業保険受給期間延長の手続きができるのは一か月間!

22069150 1916667501932527 7714643729071472640 n
n.consaltantさんの投稿

ハローワークに失業保険受給期間延長の申請が出来る期間は、30日間以上働くことが出来なくなってから1か月以内に制限されています。受給期間延長の該当者が30日間以上働けなくなった時は働けなくなった期間の日数分、受給期間を延長できます。

16123336 723252277830105 55153122451914752 n
kaede2850さんの投稿

延長可能な期間は最長3年です。本来の受給期間の1年間と合わせて合計4年まで延長が可能です。しかし傷病手当をもらっている場合や退職時の年齢が65歳以上の場合は受給期間を延長する事は出来ません。また定年退職後、しばらく休養を取りたい人はハローワークに退職の翌日から2か月以内に手続きを行えば受給期間を延長する事が出来ます。

Thumb失業保険の給付期間について解説!給付の申請手順や期間延長の方法

社会保険は失業保険給付期間中はどうなるのか

30593033 1956895394383778 8062604584775843840 n
dgu.dctさんの投稿

失業保険の給付期間中は扶養家族として社会保険に加入できない場合があります。失業保険で貰う金額の基本日数が3611円以上の場合は扶養家族として社会保険に加入する事が出来ません。この場合は失業保険の受給期間の約3か月から5か月が始まった頃に自分で国民年金と国民保険に加入しなければいけません。

10598339 1481067155505075 1214814553 n
nori_moonhillさんの投稿

国民年金保険料は1か月で、16490円、3か月で49470円、4か月で65960円、5か月で82450円です。国民健康保険料は住んでいる自治体や固定資産、所得に応じてかわってきます。

Thumb失業保険受給中は扶養に入れない?外れる場合とどちらがお得?

公共職業訓練を受けると失業保険は延長する

公共職業訓練を受講している人は訓練受講中は訓練延長給付手続きをする事で失業保険の受給期間を延長する事が出来ます。職業訓練を受けるための準備期間や訓練受講中は再就職が難しいため、訓練終了後に訓練延長給付が適用されます。

職業訓練には最長で2年までのコースがあり、訓練期間は訓練延長給付を受け取る事が可能です。また、訓練終了後に再就職が困難な場合は30日間、訓練延長給付を受ける事が可能です。

「妊娠や出産・育児中」で受給期間を延長する方法は

17662031 1686296354719731 2835849631466782720 n
hightower.a.bさんの投稿

妊娠や出産がきっかで仕事を辞めた女性が育児が落ち着いてから再就職を考えるのは自然な考えです。妊娠や出産、育児を迎える女性にとって受給期間の延長制度は欠かせません。仕事が出来ない女性の救済制度として妊娠や出産が理由で退職した場合には失業保険の受給期間は最長で4年まで延長する事が出来ます。

退職してすぐに受給期間延長の手続きをしておけば、子育てが落ち着いてから再就職するための求職活動中に失業保険を受け取る事が出来るのです。妊娠や出産を迎える女性が失業保険の延長手続きをするには管轄のハローワークに、受給期間延長申請書、離職票、印鑑、母子手帳、身分証明書などを提出する申請手続きが必要です。

30603461 211377786306061 5919419881211559936 n
kazumi_matsuda_hoppenichuさんの投稿

受給期間延長の手続きを申請すれば、妊娠や出産で仕事を辞めて、子育てが落ち着いてから再び失業保険をもらいながら就職活動をする事が出来ます。失業保険は少なくとも90日、数十万円はもらえるので申請手続きをする事をおすすめします。

失業保険の受給延長申請期間が過ぎてしまうと?

10693704 671320306320063 2062829822 n
leesalyさんの投稿

失業保険の受給期間延長申請手続きは、原則として退職した翌日から30日を経過した後の更に1か月以内となっています。つわりなどで体調が悪く、申請手続を後日に先延ばしにして手続きの申請期間が過ぎてしまうと失業保険は受け取れなくなります。申請手続きは代理人や郵送でも行う事が出来ます。期限内に申請手続きを済ませましょう。

受給期間を延長する場合の注意点は

10296738 1606719902950523 1221509065 n
marie31152さんの投稿

先にも書きましたが、失業保険の受給期間を延長した場合、その期間内は扶養家族として社会保険には加入できません。その期間は国民年金と国民健康保険に加入しなくてはいけません。また、失業保険の受給期間延長の申請手続きをするにはいくつかの条件を満たし、証明する書類なども提出しなければ認定はされません。

受給期間の延長は一度しかできない!

失業保険の受給期間を延長してから求職活動を再開する場合は受給延長を解除すれば失業保険を受け取る事が出来ますが、一度延長を解除すれば再度延長する事は出来ません。受給期間を延長している間に1日でも仕事をすると延長が解除される事になります。

15538233 369675460059274 4545275189692203008 n
hali1980さんの投稿

失業保険の受給中に体調を悪くして期間の延長申請をした場合、体調が良くなり延長を解除してから求職活動を再開し、また体調を悪くしてしまったというような場合でも受給期間を延長する事は出来なくなります。延長するにも解除するにもよく考えてからにしましょう。

15877111 650488585133089 6309058936347557888 n
komog_さんの投稿

失業保険の受給期間延長中は仕事をした場合はその時点で延長は出来なくなってしまいます。体調がいいからといって軽い気持ちで一日でも仕事をすれば延長は打ち切られる場合があります。働ける状態であるなら求職活動を再開して失業保険の受給期間の延長も解除すべきだと判断されます。

17437849 137824190079532 209630511834857472 n
hali1980さんの投稿

1日4時間未満の仕事などで失業状態の要件を満たす場合や、1日だけのアルバイトぐらいは受給期間延長に影響がないと判断してもらえる場合もあるようですが、その仕事を何度も繰り返し行うような事があった場合はすぐに受給期間の延長は解除されてしまいます。

失業保険の受給期間延長を解除するのに必要なものは?

失業保険の受給期間延長の条件を満たし延長している人が失業保険を受け取りたい時は受給期間延長の解除をする手続きが必要になります。解除といってもと失業保険の受給が止まるというような意味ではなく、受給期間延長の措置を解除するという意味です。

16583165 1406436852731257 1812822295966646272 n
scrambleundergroundさんの投稿

失業保険の受給期間延長している人が失業保険を受け取り始めるには延長手続きの解除申請が必要です。解除申請に必要な書類は、離職票、雇用保険被保険者証、受給延長通知書、本人確認書類、写真2枚、印鑑、銀行口座、妊娠や出産の場合は母子手帳、などが必要になります。延長理由によってはこれら以外の書類も必要になる場合があります。

30590053 2121130911507183 571585088249135104 n
boznewborn007さんの投稿

なお妊娠や出産が受給期間延長の理由にあたる、特定理由退職者には7日間の待機期間がありますが、3か月間の給付制限はありません。受給期間の延長を解除した場合は給付制限を受けずに退職金を受け取ることが出来ます。

再就職したらお祝い金がもらえる再就職手当とは?

26868917 1214246132039592 5849170240771981312 n
dgu.dctさんの投稿

ハローワークで求職活動を行って失業保険の受給期間中に一定の条件を満たして就職すると再就職手当や就業手当などを受け取る事が出来ます。これらの手当てはお祝い金と呼ばれています。条件を簡単に説明すると、失業保険の給付金の残額が3分の1以上残っている間に再就職する事がお祝い金の条件となります。

自己都合で退職した場合の再就職手当は?

自己都合で退職した場合の条件は、7日間の待機後、最初の1か月は職業紹介事業者やハローワークの紹介で就職する事が条件になります。最初の1か月以降はハローワーク以外で就職を決めても条件は満たされます。

会社都合で退職した場合の再就職手当は?

会社都合で退職した場合の条件は、待機期間が終了した後は、どのような経路からであっても就職さえ決まれば受給の対象条件を満たす事になります。

再就職手当はいくらぐらい貰えるのか?

28151790 1389660477846522 2753254803319554048 n
myn___5さんの投稿

再就職手当を多くもらうには早く就職を決めなければいけません。再就職手当がもらえる金額を計算式にすると、支給日数が3分の2以上残っている場合は、基本手当×70%×支給残日数、支給日数が3分の1以上残っている場合は、基本手当×60%×支給残日数で再就職手当が算出されます。

21372302 161845504393289 3929549137699143680 n
2hu_kanさんの投稿

もし再就職先で受け取った6か月分の給料が、前職より少なかった時は就業促進定着手当を受け取る事が出来ます。新しい就職先でも給料が少ない場合は手当として受け取る事が出来ます。

失業保険をもらうのに必要なのはマイナンバー

29716060 237804746790901 791489630007459840 n
freelance_jyoshiさんの投稿

失業保険のような社会保障制度を利用する場合は必ずマイナンバーが必要になります。申し込みや解除の手続きにはマイナンバーの個人番号を提出しなくてはいけません。マイナンバーの受け取りを拒否して、通知書が手元にないので個人番号がわからないというような場合には住民票の所在地の役所でマイナンバーの再発行を依頼してください。

失業保険延長手続きと解除申請の知識を覚えておこう

26322350 733281920214609 2133611620893458432 n
eyefulhome.lixiljukenさんの投稿

妊娠や出産で仕事を辞めなくてはいけない女性や、病気や怪我などで仕事が出来なくなってしまった人は再就職の期間までに時間が必要になります。そういった時に失業保険の受給延長の手続き方法や延長解除の方法を知っておくと再就職の際に非常に役立ちます。特に女性の方は出産後の再就職に備えて失業保険の知識を身に付けておきましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ