三井住友VISAプリペイドカードの使い方!メリットは何?ネットで便利!

クレジットカードとは使い方が少し違いますが、三井住友VISAプリペイドカードというカードがあります。あらかじめ現金をチャージしてその残高分だけ利用できるカードです。三井住友VISAプリペイドカードにはクレジットカードにないメリットがあるので、便利です。

三井住友VISAプリペイドカードの使い方!メリットは何?ネットで便利!のイメージ

目次

  1. 三井住友VISAプリペイドカードとはどんなカード?
  2. 三井住友VISAプリペイドカードとクレジットカードはどう違う?
  3. 三井住友VISAクラシックカードと比較すると
  4. 三井住友VISAプリペイドカードの購入方法は?
  5. 三井住友VISAプリペイドカードの使い方は?
  6. 三井住友VISAプリペイドカードは5枚まで保有できる
  7. VISA加盟店でクレジットカードと同じように使える
  8. ネットショッピングでの利用の仕方は?
  9. 三井住友VISAプリペイドカードの使い方の注意点は?
  10. 三井住友VISAプリペイドカードのメリットは?
  11. クレジットカードのように使いすぎることがない
  12. ポイントをためてまたカードが買えるメリット
  13. 三井住友VISAプリペイドカードのセキュリティは万全
  14. ネットショッピングの時に安心して利用できる
  15. クレジットカードの審査に落ちた人が利用できるメリット
  16. 発行手数料やチャージ手数料が無料になることも
  17. クレジットカードのように使えるカード

三井住友VISAプリペイドカードとはどんなカード?

23667792 192806907956352 8043101056680329216 n
card_dbさんの投稿

一口にカードと言っても、クレジットカード、デビットカード、プリペイドカードなどさまざまな種類があります。そのうちのひとつである三井住友VISAプリペイドカードはクレジットカードと似ている部分もありますが、プリペイドカードならではの特徴があり、所有して損なことはありません。そこで、今回は三井住友VISAプリペイドカードのメリットや使い方について解説します。

三井住友VISAプリペイドカードとクレジットカードはどう違う?

三井住友VISAプリペイドカードには審査が要らない

18879348 295700527542518 1944250425528025088 n
sou.o_o.1988さんの投稿

クレジットカードを申し込むと、必ず審査があります。審査に通らなければ、クレジットカードの作成はできません。しかし、審査では、申し込み者の基本情報のチェックからクレジットヒストリーの確認、信用情報の照合などさまざまな手続きを踏む必要があります。それに対して、プリペイドカードの発行には審査がなく、面倒な手続きが要らないというメリットがあります。

引き落とし口座の設定が不要

16122390 379403245765201 391522385410392064 n
naomik41703さんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードに限らずプリペイドカードには引き落とし口座を設定する必要がありません。どんな銀行口座を利用しているにせよ、あらかじめプリペイドカードを利用する分だけチャージをしておけばいいのです。クレジットカードの場合には引き落とし口座の設定が必要ですが、その手間が省けるのもプリペイドカードのメリットです。

三井住友VISAプリペイドカードの利用可能額はチャージした分だけ

13277655 294505247551027 1842259783 n
ken._.1さんの投稿

クレジットカードの場合、どのくらい利用できるのかは最初に利用限度額として定められています。一方、プリペイドカードの場合は、チャージした金額の残高の範囲内での利用です。たくさんチャージすれば、それだけ使える額が増えます。三井住友VISAプリペイドカードの場合は、最大5万円までチャージできます。

買い物代金の支払い方法

クレジットカードには、一括払い、リボ払い、分割払い、ボーナス一括払いなど支払い方法がたくさんありますが、プリペイドカードの場合はその場で即チャージ残高から引き落としが行われます。ほかの支払い方法はありません。三井住友VISAプリペイドカードの場合も同じです。分割払いやリボ払いを希望するのならば、クレジットカードを利用するしか方法がありません。

プリペイドカードには年会費は不要

17595928 1609803729049601 1289054702121517056 n
ko.s.c.m_813さんの投稿

プリペイドカードには年会費は必要ありません。クレジットカードの中には年会費が必要なものがあります。特にランクが上のクレジットカードは年会費も高くなりがちです。それに比べれば、年会費がないところがプリペイドカードのメリットです。ただし、三井住友VISAプリペイドカードを作成する場合は、発行手数料が200円(税込)、発送手数料が440円(税込)かかります。

三井住友VISAクラシックカードと比較すると

年会費が違う

三井住友VISAクラシックカードの年会費は初年度無料、2年目以降1250円プラス税です。年会費だけを比較すると、三井住友VISAプリペイドカードのほうがお得です。

申し込み条件は似ているが

24846067 1759701140992472 7230517871619604480 n
jh6vvpさんの投稿

三井住友VISAクラシックカードも三井住友VISAプリペイドカードも18歳以上なら申し込みできます。年齢条件は同じですが、内容が違います。クラシックカードは高校生は申し込めず、未成年者は親権者の同意が必要です。プリペイドカードのほうは高校生でも所有できるし、親権者の同意も必要ありません。

利用可能枠では三井住友VISAプリペイドカードが劣る

14565036 129179730878006 4118179290976092160 n
tsukasamiyoshiさんの投稿

三井住友VISAクラシックカードの場合は、利用可能枠が10万円から80万円です。三井住友VISAプリペイドカードには5万円までしかチャージできないので、それと比べればクラシックカードのほうが多額の買い物ができます。これもプリペイドカードのデメリットです。高額商品を購入したいのなら、クレジットカードのほうが適しています。

三井住友VISAプリペイドカードの購入方法は?

三井住友VISAプリペイドカードを購入するためには、まず「マイページ」の登録する必要があります。メールアドレスや会員情報を入力して、「マイページ」にログインします。次に、支払い方法を選択します。クレジットカード払いやインターネットバンキングでの支払いが可能です。カードを購入したら、1週間ほどで発送されます。

三井住友VISAプリペイドカードの使い方は?

マイページ登録は済んでいるので大丈夫

26070442 152167305559447 2987651273404186624 n
nekodesumaruさんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードの使い方を考える前に「マイページ」に登録をする必要がありますが、すでにカード購入時に登録が済んでいるので、改めて登録しなおす必要はありません。

三井住友VISAプリペイドカードの使い方のポイントはチャージ

25008395 128822624568100 5924848109988347904 n
yuichi3339さんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードにチャージするためには、まず「マイページ」のログインして、対象のカードを選び、「チャージ」を選択します。次に、チャージ金額を選択します。1回につき3000円から2万9000円までチャージできます。支払い方法は、クレジットカード払いかインターネットバンキングでの支払いのどちらかです。

クレジットカードでチャージならなら登録が必要

22581867 247590585768779 3031091470284095488 n
nakarina_1209さんの投稿

チャージの方法を選ぶ場合に、クレジットカード払いを選択する人は、あらかじめ所有しているクレジットカードを登録しておかなければいけません。「マイページ」の「クレジットカード管理」ページで手続きをしておいてください。

三井住友VISAプリペイドカードは5枚まで保有できる

24178185 1544781742277123 1581525645513457664 n
mokomoko1978さんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードは最大5枚まで保有できるので、用途に応じた使い分けができます。こんな使い方もできます。1枚は実店舗での支払いに利用し、1枚はネットショッピングの利用に割り当てるのです。また、チャージ残高を合算することも可能です。カードの枚数が多くなりすぎたと思ったら、残高を合算して枚数を減らすこともできます。

VISA加盟店でクレジットカードと同じように使える

三井住友VISAプリペイドカードの使い方は簡単です。世界中のVISA加盟店でVISAのクレジットカードと同じように使えます。支払い方法を聞かれたら、「VISA」と答え、支払い回数は「1回払い」と言い、後はサインをするだけです。クレジットカードと違うのは支払い方法くらいで、そのほかは何も変わりません。

ネットショッピングでの利用の仕方は?

やはりクレジットカードと同じ使い方が可能

25005178 1976609285935842 3228712536299798528 n
hashimothyouさんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードをネットショッピングでも利用できます。VISAマークが表示されているネットショップならどこでも利用可能です。支払い方法では、クレジットカードを選択し、支払い回数は1回払いにします。

入力の仕方もクレジットカードと変わらない

ネットショップのクレジットカード払いのカード番号欄には、三井住友VISAプリペイドカードに記載された番号を入力します。有効期限やセキュリティコードなどもクレジットカードと同様に入力していきます。つまり、入力方法はクレジットカードと全く変わりません。

ただし名義人の入力方法は違う

25018262 384207988685005 8552099645268951040 n
myvertigeさんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードの所有者がネットショップを利用する際にクレジットーカード払いを選択すると名義人を書く欄がありますが、ここに実名を書いてはいけません。「CARD HOLDER」と入力してください。姓と名前が分かれている場合には、姓の欄に「CARD」、名前の欄に「HOLDER」と入力します。カタカナ入力の場合は「カードホルダー」と入力します。

VISA認証サービスに対応しているネットショップの場合は?

ネットショップの中には、VISA認証サービスに対応しているショップがあります。そのようなショップで買い物をする場合は、VISA認証サービスのページが出たら、マイページの「ID/パスワード」を入力します。これで第三者による不正利用を防げます。すべての手続きが終わると、メールで利用明細が通知されます。

三井住友VISAプリペイドカードの使い方の注意点は?

毎月発生する支払いには使えない

1回で済む支払いでなく毎月発生する支払いに三井住友VISAプリペイドカードを利用することはできません。たとえば、公共料金、電話料金、CATV受信料、インターネットプロバイダー料金、新聞購読料、保険料、各種月会費などに三井住友VISAプリペイドカードにチャージした代金を割り当てることはできないのです。

ガソリンの代金も支払えない

三井住友VISAプリペイドカードでガソリンの代金を支払うことはできません。そのほか、高速道路通過料金を有人ブースで支払うこともできません。他のプリペイドカードの購入やチャージにも利用できません。nanacoにチャージしようとしてもできないし、楽天EdyやVプリカにも利用できません。

チャージ後の返金はできない

いかなる理由があれ三井住友VISAプリペイドカードにチャージした金額を払い戻すことはできません。プリペイドカードの購入やチャージのキャンセルも受け付けてくれないので、注意しましょう。

三井住友VISAプリペイドカードが無効になる場合も

24839073 1770492612975645 54583841716699136 n
neuekarte_umdさんの投稿

次のような場合は三井住友VISAプリペイドカードが無効になるので、注意が必要です。まず、有効期限が過ぎたものは使えません、仮にチャージ残高が残っていても残高も無効になります。もし、有効期限が近いカードにチャージ残高が残っていたら使い切ってしまいましょう。また、本人確認が済んでいない使い切りカードの場合は、残高が0円になった時点で無効です。

海外での利用には手数料が掛かる

26334684 198327670909223 6920232125438361600 n
paris.focus_onさんの投稿

海外で三井住友VISAプリペイドカードを利用すると、利用代金の3パーセント分が手数料として残高から引かれます。名目は海外取引関係事務処理費です。海外でカードを利用するのなら、クレジットカードかデビットカードのほうが三井住友VISAプリペイドカードよりお得です。

三井住友VISAプリペイドカードのメリットは?

前章で三井住友VISAプリペイドカードの使い方の注意点を見た人はカードの利用をためらってしまうかもしれませんが、注意点ばかりでなくメリットもいくつかあります、クレジットカードほどではないにしてもポイントもたまります。そこで、ここからは三井住友VISAプリペイドカードのメリットについて解説しましょう。

クレジットカードのように使いすぎることがない

11410433 1478301585817383 1909309307 n
sa.chi_さんの投稿

クレジットカードは利用した代金をクレジットカード会社に立て替えてもらい、後で支払いをします。したがって、その持つ性質上使いすぎてしまうことがあります。それに対して、三井住友VISAプリペイドカードの場合は、チャージ残高の範囲内での利用なので使い過ぎの心配がありません。チャージ額も最大5万円で利用枚数も5枚までなので、利用可能額に制限があります。

ポイントをためてまたカードが買えるメリット

ポイント還元率は高くはないが

三井住友VISAプリペイドカードを買い物で使うと、月間の利用額2000円につき1ポイントたまります。1ポイント5円相当なので、ポイント還元率は0.25パーセントです。ポイント還元率としてはかなり低い数字です。確かに、クレジットカードの還元率よりは見劣りがしますが、プリペイドカードの特徴から言って決してメリットは小さくありません。

たまったポイントの交換先は二つ

25006521 384904618611168 8718796577386266624 n
norapichiakiさんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードの利用でたまったポイントは、新たなプリペイドカードの購入に充てるかすでに持っているプリペイドカードのチャージに充当するかのどちらかです。200ポイント(1ポイント5円相当なので1000円分)から1ポイント単位でカードの購入やチャージに割り当てることができます。

カード購入でのポイントの使い方

たまったポイントで三井住友VISAプリペイドカードを新たに購入する方法は以下の通りです。まず、「マイページ」にログインし、「プリペイドカード購入」を選択します。次に、使うポイント数を指定します。ただし、ポイントだけで新しいカードを購入することはできません。ほかの支払い方法プラスポイントで支払いを行います。

ポイントでチャージするには

ポイントでチャージするためには、「マイページ」へログイン後、「ポイント利用」で「プリペイドカードにチャージする」を選びます。次に、チャージ対象のカードを指定し、利用するポイント数を入力します。ただし、ポイントでチャージする場合は、前もって本人確認書類を提示する必要があります。提示方法は、アップロードか郵送です。

三井住友VISAプリペイドカードのセキュリティは万全

三井住友VISAプリペイドカードを紛失したら?

23970062 1166388173493095 6376326155791761408 n
kazuya0124さんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードを紛失したり、盗難された場合は、「マイページ」でロック機能を利用できます。ロック機能を有効にすれば、カードを勝手に使われる恐れはありません。ただし、クレジットカードのように不正利用に対する補償は三井住友VISAプリペイドカードにはありません。

取引情報はすぐにメールで通知される

24838415 1999302226763095 1994577684071448576 n
republic0001さんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードを何にどれくらい使ったかはすぐにメールでお知らせが来ます。利用明細を見れば、利用代金や利用方法に誤りがないことはわかります。万が一不正利用されたとしても、その情報も表示されるので簡単に把握できます。不正利用の補償はありませんが、不正利用が発覚した場合はロック機能を使いましょう。

VISA認証サービスがあるから不正利用はされにくい

25010452 1510588599056897 7462469745103601664 n
cit_reuseさんの投稿

三井住友VISAプリペイドカードの利用時には、VISA認証サービスが適用されます。これは、ネットショッピングの際に本人が利用してていることを確認するためにパスワードを入力するシステムです。パスワードは第三者が知ることはないので、本人がネットショッピングで買い物している証拠として扱われます。したがって、くれぐれもパスワードの管理には気を付けてください。

ネットショッピングの時に安心して利用できる

25008513 135826163745785 6282402342084018176 n
ice_cappuccinoさんの投稿

ネットショッピングではクレジットカードもプリペイドカードも使えますが、クレジットカードの場合は不正利用やフィッシング詐欺などの恐れもあり、安心して利用できません。しかし、三井住友VISAプリペイドカードなら仮に被害が出ても被害額が少なくて済みます。何度も不正利用される恐れも低いです。そういう意味では、プリペイドカードのほうが安心感があります。

クレジットカードの審査に落ちた人が利用できるメリット

18300291 1933263510254581 7288999267308404736 n
forestk1119さんの投稿

クレジットカードの審査に落ちた人は、当然のことながらクレジットカードを作成できません。また、一度審査に落ちたら、半年間は申し込みを控えたほうがいいです。そんな人にとって、三井住友VISAプリペイドカードは心強い存在です。審査なしで作れるうえ、使い方はクレジットカードと似ています。これさえあれば、しばらくの間はクレジットカードなしでも問題はないでしょう。

発行手数料やチャージ手数料が無料になることも

三井住友VISAプリペイドカードの発行手数料とチャージ手数料はともに200円(税込)です。しかし、これを無料にする方法があります。VJA・オムニカード協会加盟各社発行のVISAカードやMasterCardでカードの購入代金を支払ったり、チャージをしたりすれば、手数料は必要ありません。例を挙げると、三井住友VISAカード、スルガカード、東京VISAカードなどです。

クレジットカードのように使えるカード

18723169 1865055357152869 8883067643255324672 n
201704asodiaryさんの投稿

ここまで、三井住友VISAプリペイドカードの使い方やメリットを紹介しました。三井住友VISAプリペイドカードにはクレジットカードほどの派手なメリットはありませんが、クレジットカードのように使えて便利です。クレジットカードを持てないか、使えない場面では、三井住友VISAプリペイドカードは大いに力を発揮するので、興味がある人は購入してみましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ