節約食材のおすすめランキングTOP10!まとめ買いして保存もできる!

生活を行う上で、最も有効な節約方法は食費を抑えることです。1度の食事で100円節約できれば年間11万円の節約につながります。食費を抑えるために手っ取り早い節約方法は節約食材を使用することです。日々の食費を節約できる節約食材をランキング形式でご紹介します。

節約食材のおすすめランキングTOP10!まとめ買いして保存もできる!のイメージ

目次

  1. まとめ買いに最適なおすすめ節約食材を紹介!
  2. おすすめ節約食材ランキング10位:たまご
  3. おすすめ節約食材ランキング9位:納豆
  4. おすすめ節約食材ランキング8位:たまねぎ
  5. おすすめ節約食材ランキング7位:豚小間
  6. おすすめ節約食材ランキング6位:食パン
  7. おすすめ節約食材ランキング5位:うどん
  8. おすすめ節約食材ランキング4位:鶏胸肉
  9. おすすめ節約食材ランキング3位:もやし
  10. おすすめ節約食材ランキング2位:豆腐
  11. おすすめ節約食材ランキング1位:じゃがいも
  12. 一人暮らしに最適な節約食材
  13. おすすめ節約食材を使った節約献立
  14. おすすめ節約食材の賢い買い方
  15. まとめ買いした節約食材は冷凍保存
  16. 節約食材を正しい知識で冷凍保存しよう
  17. まとめ買いした節約食材活用術と正しい保存方法を身につける

まとめ買いに最適なおすすめ節約食材を紹介!

25012040 138799343451808 2405895324641001472 n
yutazakawa470203さんの投稿

日々の食費を大きく左右するのは食材です。誰もがスーパーで買い物をするときに、今日の特売品は何だろう、安い食材は何だろうと探します。そこで、食費を抑えるためのおすすめ節約食材をランキングTOP10でご紹介します。また、その節約食材の賢い買い方や節約食材を長持ちさせる保存方法も詳しくご紹介します。

おすすめ節約食材ランキング10位:たまご

25039141 151327642181264 7727526496360726528 n
daddy.gaga57さんの投稿

どこの家庭にも、冷蔵庫の中に必ずある食材であるたまご。他の食材に比べて安く、賞味期限もそれほど短くありません。たまごの買い方は、1パック98円セールの時が狙いめです。多くのスーパーが1ヶ月に数回は1パック98円セールをしています。その際に家族総出でまとめ買いをしましょう。

25013577 541048319596158 3143114374961430528 n
mameshimameさんの投稿

たまごは良質なタンパク質を含んでいるため、エネルギー源として最適ですし、脳を活性化する働きもあることから、アルツハイマー予防にも効果があります。そのほかにも、アミノ酸による美肌効果、塩化リゾチームによる風邪予防などの効果もあります。

昔からたまごは、コレステロール値を高くするから1日1個と言われてきました。しかし、学術的にはたまごを食べたからといって、コレステロール値が上がるという結果は出ていません。それでは1日に何個食べてもいいのでしょうか。健康であれば2個から3個食べても大丈夫です。

25013750 1718100821566122 6479196120089100288 n
eennnnaa28さんの投稿

たまごには、豊富な献立バリエーションがあるため、料理が苦手な一人暮らしの人から毎日献立を考える主婦にとっても欠かすことができない食材でしょう。代表的な卵料理としては、卵焼き目玉焼き、卵かけご飯、オムライス、オムレツ、ゆで卵、卵スープなどがあります。

おすすめ節約食材ランキング9位:納豆

25012703 368956896886040 8860190929449910272 n
tatsuya0501さんの投稿

和食の定番かつ節約食材と言えば納豆です。納豆の価格帯としては3パックで100円前後、安売りしているときには3パックで50円程度で購入することができます。納豆のおすすめの買い方は、いろんな種類の納豆をまとめ買いすることです。

23734551 546003489075970 6573122673985978368 n
norimama_yさんの投稿

つまり、単独で食べる納豆、料理と合わせる納豆などと分けた買い方をおすすめします。種類が異なる納豆を買うことで、献立のバリエーションも増えますし、なによりも納豆に飽きることがなくなります。また、発酵食品のため、他の食材に比べて賞味期限が長いことも、まとめ買いするメリットの一つです。

14052508 499920076871598 1079871907 n
kiraraz_3さんの投稿

食べ方としては、ネギやたまごなどの薬味と合わせて単独で食べることはもちろん、ごはんにかけて食べる、とうふやうどん、パスタに合わせても美味しくいただくことができます。納豆のにおいが気になる方には、納豆の天ぷらがおすすめです。納豆単独でも良いですし、海苔で包んで揚げるのもおすすめです。

おすすめ節約食材ランキング8位:たまねぎ

25012603 1747800748628129 163712217609404416 n
t.ikawa.2525さんの投稿

たまねぎは、料理の基本中の基本と言われるニン玉じゃがのひとつです。たまねぎの価格帯としては、通常1玉40円から50円ですが、セール時は20円前後で購入することができます。たまねぎのおすすめの買い方は、セール時にまとめ買いをすることです。というのも、たまねぎの特徴として最もすばらしい点が、2ヶ月から3ヶ月保存が可能という点です。

25012400 136404833709725 4503729279548260352 n
photostudiomomo2016さんの投稿

これは黄たまねぎに限ったことなので、紫たまねぎや新たまねぎは別ですの注意が必要です。黄たまねぎの保存方法は、冷蔵庫ではなく湿度が低い風通しの良い冷暗所で保存します。また、使いかけの玉ねぎは、切り口が乾燥しないようにラップして冷蔵保存しましょう。紫たまねぎや新たまねぎは、痛みやすいので野菜室に保存しなるべく早く消費してください。

たまねぎの献立は、熱調理が基本となります。豚小間の生姜焼きなどの炒め物、鍋料理、カレー、たまねぎスープなどが代表的です。新鮮なものはサラダとして使うこともできます。また、たまねぎを切る時に目がしみるのが嫌という人は、切る前に包丁の切れ味を良くする、もしくはたまねぎを水にさらしておくと、目にしみにくくなります。

おすすめ節約食材ランキング7位:豚小間

21980839 131370464177702 2713430462096736256 n
maruzenseinikuさんの投稿

豚小間は、肉系の食材として比較的安くセールされやすい節約食材です。ほどよく脂が入っているので大抵の献立に利用できるメリットがあります。おすすめの買い方はセール時にまとめ買いをすることです。肉類は冷凍保存ができるので、使う分だけ小分けにして冷凍保存をします。使うときは必要な分だけ解凍し、解凍したものはその日中、もしくは翌日には使いきった方がよいです。

16230446 279681399118789 1864953200256221184 n
masauntiさんの投稿

豚肉には、体に必要な栄養素が多く含まれています。主なものとして、タンパク質、ビタミン、脂質、ミネラルなどがあげられます。脂質と聞いてダイエットや健康指向な人は気になるかと思いますが、豚小間であれば、豚バラ肉とは違って脂身が少ないです。購入する際に赤みが多い豚小間を買うことをおすすめします。

豚小間の献立は、生姜焼きなどの炒め物、豚小間カツ、カレーなどがあります。豚バラ肉を使った献立で、豚バラ肉はちょっと脂っこくて嫌だなという人には、豚バラ肉の代わりに豚小間を使うとあっさりできるのでおすすめです。

おすすめ節約食材ランキング6位:食パン

25012253 162155564394515 7339203852995919872 n
lica7610さんの投稿

食パンは、大抵の家庭で朝食として使われる食材の一つです。というのも、1枚あたりの価格も安く、バターやジャムなどとの相性も抜群で、短時間で温められるといったメリットがあるからです。そんな便利な食パンは常温保存をした場合ほとんど日持ちしません。しかし、この食パンも冷凍保存をすれば最高1ヶ月近く保存することが可能です。

25013452 180578139194597 6407857761274560512 n
shokupan_maniaさんの投稿

食パンのおすすめの買い方は、セール時にまとめ買いをすることです。ただし、食パンは嵩張るので冷凍庫の容量を考慮して買いましょう。解凍方法は、電子レンジを使わずにそのままトースターで温めてください。一度電子レンジで解凍すると、食パンがべちゃべちゃになってしまいますので注意してください。


食パンの献立は、意外と豊富にあります。ピザの生地代わりだけでなく、フレンチトーストやサンドイッチ、その他さまざまな食材と合わせることで、主食からデザートまで幅広い献立に活用することができます。また、少し古くなった食パンは、細かくして天ぷら用のパン粉としても使うことができます。

おすすめ節約食材ランキング5位:うどん

25021830 1980305092257610 4368309922778054656 n
masu042726さんの投稿

うどんは、乾物から冷蔵、冷凍のものまで幅広く売られています。その中でおすすめなのが冷凍うどんです。冷凍うどんは、電子レンジでの調理も可能なので、さまざまな献立に対応できるメリットがあります。おすすめの買い方は、冷凍食材のセール時にまとめ買いをすることです。冷凍食品なので保存期間も長く確保できるため、まとめ買いのメリットは大きいです。

うどんの献立は、一般的なきつねうどんから鍋物に入れたり、夏には冷やしうどんなどバリエーションに富んでいます。特に一人暮らしで料理に自信がない方には、簡単かつ安いうどんは日々の献立として重宝されます。

おすすめ節約食材ランキング4位:鶏胸肉

鶏胸肉は、肉系の食材として最も安く購入できる節約食材です。また、高タンパクなのに低脂肪食材なので、ダイエット効果としても有効とされる節約食材です。おすすめの買い方は、セール時にまとめ買いをすることです。鶏胸肉は、大きな固まりで売られていることがほとんどなため、ある程度の大きさに切り分けて冷凍保存しましょう。

小分けにすることでその後の使い勝手もよく、さまざまな献立に対応ができます。また、解凍時に固まりのままだと小分けにするのが困難です。解凍する場合は、必要な分だけ解凍し、解凍したものはその日中、もしくは翌日には使いきるようにしましょう。

24332059 151195195506905 8058984657489756160 n
studionutsnutsさんの投稿

鶏胸肉の献立は、からあげやチキン南蛮などの揚げ物だけでなく、甘酢煮や鶏ハム、サラダなど幅広い献立があります。ただし、鶏胸肉は熱調理を行う際に固くなってしまうことがあるので、予め塩と砂糖をかけて揉んでおくなどの下ごしらえをしておくのがポイントです。

おすすめ節約食材ランキング3位:もやし

25023777 133537700650226 7403210638211678208 n
yu_hayami7さんの投稿

節約食材といえば、もやしです。もやしは一袋20円前後で購入できるので、一人暮らしだけでなく、どの家庭にも親しまれている節約食材です。また、献立も豊富というメリットだけでなく、もやしは1年を通して一定の収穫が可能なため、価格の変動はありません。もやしの買い方は、まとめて購入しても良いですし、新鮮さを求めるのであればその都度購入しても良いです。

そして、意外と知られていないのがもやしの保存方法です。もやしは冷蔵保存と思っている人が多いのではないでしょうか。実はもやしは冷凍保存できるのです。未開封のものはそのまま、使いかけのものはジップロックなどに入れて冷凍保存すれば1ヶ月はもちます。まとめ買いをした場合は冷凍保存しましょう。

25011510 140491933336399 4735520246377480192 n
extremegarlicterrorさんの投稿

もやしの献立は、和え物やナムル、野菜炒めや鍋物などです。さっと熱を入れるだけで食べることができるので献立に困ったときの一品などにはもってこいの節約食材です。また、お肉との相性もいいので、ハンバーグで使うミンチのかさ増しとして、もやしを細かく刻んで入れるのも節約かつ健康につながります。

おすすめ節約食材ランキング2位:豆腐

豆腐は、1年を通して価格が安定している商品の一つです。また、豆腐一丁100円前後で売られていることがほとんどなので、一人暮らしや節約したい家庭にはもってこいの節約食材です。おすすめの買い方は、必要なときに必要な分だけ買うことです。

25013967 722215811300718 7725690380661817344 n
macroutase33さんの投稿

というのも、豆腐は冷凍保存もできませんし(高野豆腐みたいになる)、毎日水を交換しても1週間程度しか持ちません。一方で、豆腐は比較的にセール対象になりにくい商品なので、まとめ買いをする必要はありません。ただ、冷凍保存した場合の献立も存在します。

豆腐の献立は、そのまま食べる、キムチなどの珍味を合えて食べる、麻婆豆腐や鍋物、豆腐サラダなどさまざまな献立があります。また、ダイエットや健康食として有効な豆腐ハンバーグとして利用することもできます。さらに、冷凍保存することで、高野豆腐みたいになるので、水気を切って焼くだけで豆腐ステーキにもできます。

おすすめ節約食材ランキング1位:じゃがいも

25016593 1871836813128947 3125724511941427200 n
tink_eri_ukさんの投稿

じゃがいもは、料理の基本中の基本と言われるニン玉じゃがのひとつです。じゃがいもは、時期によって多少値段は前後しますが、1個あたり30円から60円で購入できます。おすすめの買い方は、セール時にまとめ買いをすることです。じゃがいもは、冷凍保存できませんが、常温保存で2ヶ月から3ヶ月保存可能です。

じゃがいもを長持ちさせるためには、土がついている場合は土を落として、風通しの良い冷暗所で保存しましょう。また、じゃがいもを冷蔵保存した場合、デンプンが糖分へと変化し、甘みが増す特徴があります。ただし、冷蔵保存した場合は、じゃがいもが乾燥してしまうので3日から4日が保存の限度となります。

25012469 510554542644909 5287532842241228800 n
music062018さんの投稿

じゃがいもの献立は、ポテトサラダや肉じゃが、カレーなどの定番料理から、ジャーマンポテトやハッシュドポテト、コロッケなどさまざまな献立があります。じゃがいもはビタミンCも豊富で幅広い料理で使うことができるため、海外でも主食として使われている節約食材です。

一人暮らしに最適な節約食材

15099411 624476184403516 509751711103975424 n
mayumi.t_kitchenさんの投稿

一人暮らしをしたことのある人で誰もが経験することは、食材を使い切れなくて腐らせてしまったという経験でしょう。昔に比べて、一人暮らし用に小分けにされた食材が売られていたり、一人暮らし専用の食材宅配サービスも存在します。しかし、それらのサービスは小分けにされている分、少し割高になっていることがほとんどです。

25037969 153801381923007 4196444796383920128 n
antiques_bagattoさんの投稿

そんな一人暮らしの人にとって最適な節約食材は、1ヶ月以上の保存が可能、かつ、安くて栄養素の高い節約食材です。具体的には、肉類では豚小間や鶏胸肉、野菜類ではたまねぎやもやし、その他ではうどんや食パンなどです。これらの食材は、正しく保存すれば1ヶ月以上保存することができる食材ばかりです。

25012045 140021876699641 7269598882852503552 n
hiina_124さんの投稿

一人暮らしの方は、これらの節約食材を使った献立バリエーションを増やすことをおすすめします。献立バリエーションを増やすことで、一人暮らしでありがちな毎日同じ献立を食べるといったこともなくなります。また、近くに一人暮らしの友達が住んでいる場合は、コストコなどで安い食材を購入して、仲間同士でシェアするのも食費を節約する手段として有効でしょう。

Thumb食費を節約する方法!買い物のコツとは?基本的なポイントを紹介!

おすすめ節約食材を使った節約献立

節約食材を使った節約献立のポイントはかさ増しができるということです。例えば豆腐ハンバーグ。ひき肉の量を半分にして、残りの半分を豆腐で補うことで食費の節約だけでなく健康にも繋がります。他にも、食パンや乾燥麩、おからでも代用ができます。豆腐ハンバーグ以外にも、凍らせた豆腐を揚げることでお肉のような食感になるので、それを酢豚や唐揚げにすることができます。

おすすめ節約食材の賢い買い方

25005772 314991285573520 7197387846812958720 n
mayuuun1012さんの投稿

節約食材の賢い買い方は、週に1回だけスーパーに買い物に行き、1週間分の食材をまとめ買いすることです。なぜ週に1回なのか。それは、買い物に行く頻度が増える分、無駄なものを買ってしまう傾向にあるからです。その日に安売りしている食材があれば、自宅にストックがあったとしても安いから買っておこうとなるのが人間の心理です。

24845628 133087254049707 9114998291010945024 n
toshikikakuconsultsさんの投稿

また、1回の買い物金額が低い場合、高い買い物をした気がしないため食費を気にしないことがあります。しかし、実際は買い物の頻度が増え、1週間分のまとめ買いをするよりも高い食費がかかっている場合があります。こういった購買意欲をかき立てるのがスーパーの戦略ですから、この戦略に騙されないためにも、週に1回、セール品と必要なものだけ買うように心がけましょう。

まとめ買いした節約食材は冷凍保存

25018504 253580361842908 280359994610679808 n
masami03020919さんの投稿

長期の保存が可能かどうかは、冷凍保存できるかどうかで決まるといっても過言ではありません。もちろん、たまねぎやじゃがいものように例外もありますが、基本的には冷凍保存できるものが管理もしやすく、節約食材として使い勝手が良いです。食費を節約したいと考えている人、一人暮らしの人は、まずは冷凍保存できるかどうかを確認してから食材を購入すると節約につながります。

節約食材を正しい知識で冷凍保存しよう

21224852 129162417716779 3106104676131536896 n
maru_home_さんの投稿

節約食材を冷凍保存する場合は、美味しく頂くためにも正しい方法で冷凍してください。また、今後の献立や使い勝手も考慮し、小分けにして冷凍する、ジップロックに入れて冷凍するなどの工夫をするようにしましょう。一人暮らしの方は、冷蔵庫を購入する際、食費を抑えたいと思うのであれば、冷凍庫付きの冷蔵庫が必須です。

まとめ買いした節約食材活用術と正しい保存方法を身につける

25009928 218837285325074 6879031633744232448 n
enmeicafeさんの投稿

おすすめ節約食材をランキング形式でご紹介しました。節約食材の買い方は、セール時にまとめ買いをし、正しい方法で保存しましょう。また、節約食材は工夫次第でさまざまな献立に使用することができるものばかりです。オリジナルな献立を考えてみるのも料理の幅が広がって、節約食材活用術として有効でしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ