ご尽力の意味や使い方・例文を紹介!お力添えとの違いとは?

ご尽力という言葉に焦点を当てて、その言葉の意味や使い方、例文などを取り上げていきます。ビジネスシーンでもよく利用される言葉として、ご尽力という表現がありますが、お力添えとの違いも含めてご紹介していきますので、ぜひ、参考にしてください。

ご尽力の意味や使い方・例文を紹介!お力添えとの違いとは?のイメージ

目次

  1. ご尽力の意味や使い方を理解しよう
  2. ご尽力の意味とは?力を尽くす
  3. 間違った使い方に注意!ご尽力を尽くす
  4. ご尽力と尽力の違い!言葉の対象
  5. ご尽力いただき!よく使われる表現
  6. ご尽力いただきの類語!賜りとの言い換えも
  7. 例文確認!ご尽力の正しい使い方
  8. 依頼にはNG!ご尽力の使い方
  9. お礼に向いている表現!ご尽力いただき
  10. 依頼の際にはお力添えを!ご尽力との使い分け
  11. 自らの意思を示す!ご尽力の使い方と例文
  12. 書き言葉としてのご尽力!話し言葉との違い
  13. お力添えの意味と例文!依頼の際に便利な表現
  14. 目上の方に使える?ご尽力とお力添え
  15. 似た表現は?ご尽力との似た意味を持つ言葉
  16. お力添えは相手に対してのみ!ご尽力との違い
  17. ビジネスメールでも活用可能!ご尽力を用いた例文
  18. お力添えもメールで利用可能!使い方と例文
  19. 依頼や意思表明と感謝!利用シーンを明確に
  20. 相手や状況を意識!ご尽力を含めた言葉の選択
  21. 会話の中で積極的な活用を!覚えた使い方の理解度向上
  22. ご尽力の意味や使い方を理解する

ご尽力の意味や使い方を理解しよう

25036948 1416867745107803 5357642131739508736 n
dogbambinoさんの投稿

ご尽力という言葉にフォーカスして、その意味や使い方、例文などを具体的に取り上げていきます。ビジネス上のコミュニケーションやメールなどで利用されることも多いですが、ご尽力の使い方を知っておくことで、言葉の幅も広がっていきます。賜りやお力添えといった言葉の考え方も取り上げていくので、ご尽力の意味も含めて理解を深めていきましょう。

ご尽力の意味とは?力を尽くす

何かのために尽くす!ご尽力の意味

29094754 162368974469502 2749403355821375488 n
kazuhiro._.okayamaさんの投稿

まず、ご尽力の意味について確認していきます。ご尽力とは、何かのために尽くす、誰かのために尽くすといった意味を持つ言葉であり、助けるを敬語に変換した言葉と認識することもできます。ご尽力いただきや、ご尽力賜りといった組み合わせの言葉として利用されることも多いです。相手を敬う意味が込められているので、ビジネスシーンでも利用されます。

努力する!自分に向けた言葉としても利用可能

あるいは、努力するといった意味でご尽力という言葉が使われることもあります。これは、自身に向けて利用する際に意味する表現であり、仕事や勉強、プライベートにおいても目標やゴールに向かって努力する意思を示す時に、尽力という言葉が使われることがあります。単純に力を尽くすという意味で捉えることも可能で、自分に向けて使うこともできます。

Thumb尽力の意味と使い方を知ろう!「お力添え」との意味の違いは?

間違った使い方に注意!ご尽力を尽くす

ご尽力については、努力する、何かのために尽くすといった意味を把握することができますが、その使い方にも注意しておく必要があります。よくある間違いのケースとして、「ご尽力を尽くす」「尽力を尽くす」といった使い方を挙げることができますが、尽力自体に尽くすという意味が含まれているので、改めて、尽くすと言い直す必要はありません。

19761789 1885544148435011 1279513780165804032 n
nao1085さんの投稿

これは、違和感を感じるや朝の朝会といった間違いと同じ誤りであり、同じ意味を持つ言葉の繰り返しとなってしまっているのです。とりわけ、ビジネスシーンにおいて、尽力を尽くしますなどと誤った使い方をしてしまうと、失笑の対象になりかねませんので、注意が必要です。自ら努力する場合には、「尽力します」とシンプルに発言すれば問題ありません。

ご尽力と尽力の違い!言葉の対象

相手の場合はご尽力!自分の場合は尽力

ご尽力や尽力の使い方として、よくある間違いには気をつける必要がありますが、ご尽力と尽力の使い方における違いも把握しておくことが大切です。基本的な考え方として、尽力を使う対象が相手である場合はご尽力を、その対象が自分に向いている場合は尽力を使います。「ご」をつけることで、より丁寧な表現として、相手を敬うことができるのです。

18645607 456138504752901 1174914610495488000 n
mrtkts0330さんの投稿

自分に対して使う場合は、特に敬意を払う必要がないので、わざわざ「ご」をつける必要はありません。相手に対して使う場合には、ご尽力いただきありがとうございます、ご尽力賜り、感謝申し上げます、といった形で敬意を払いつつご尽力という言葉を利用していきます。一般的に、相手に感謝の意を伝えたい際に、ご尽力という言葉を使うことが多いです。

忠実な実行という意味も!自分に対して使う場合

一方で、自分に対して利用する場合には、尽力させていただきます、尽力いたします、といった例文を挙げることができます。ビジネスシーンにおいて、目上の立場の方から指示があった際に、それを忠実に実行するという意味でも、尽力という言葉を使うことができます。尽力するということを明確にすることで、相手に対して信頼感を与えることができます。

ご尽力いただき!よく使われる表現

17267854 382777082104012 3689637908131610624 n
nao1085さんの投稿

ご尽力という言葉の意味の考え方として、自分に使う場合は「努力」、相手に対して使う場合は「手助け」といった意味として理解していくこともできます。相手に対して利用するケースとしては、ご尽力いただきといった形で謝意を述べる際に使うことも多い言葉です。目上の方や取引先関係者など、お力添えをいただいたことに対する謝意を伝えられます。

17125980 403222603389063 1156563499434901504 n
n.kaku0526さんの投稿

「ご尽力いただき、誠にありがとうございました」「ご尽力いただいたことに、大変感謝申し上げております」といった例文を挙げることが可能であり、立場が上の方に対して謝意を伝える際にも便利な表現です。ご尽力には尊敬の念も含まれており、精一杯力を尽くしていただいて、とても感謝しておりますといった感謝の気持ちを率直に伝えられる表現です。

ご尽力いただきの類語!賜りとの言い換えも

ご尽力賜りでも謝意を伝えられる!例文紹介

ご尽力という言葉は、目上の方や取引先関係者など、ビジネスシーンにおいても利用しやすい表現ですが、さらに賜りといった言葉との言い換え表現として利用することもできます。具体的な例文として、「ご尽力賜り、誠にありがとうございます」「ご尽力賜り、大変感謝申し上げます」といった形で、感謝の気持ちを示していくこともできます。

賜りはもらうの謙譲語!より丁寧な敬語表現

16465445 223081844766203 7680957583309406208 n
rieko28さんの投稿

賜りは、もらうの謙譲語であり、いただきよりも丁寧な敬語表現として目上の立場の方を立てることができます。ご尽力いただきの言い換えとしては、ご支援いただき、ご助力いただきといった表現を挙げることもできますが、それもご支援賜り、ご助力賜りといった形で言い換えることができます。相手や状況に応じた言葉の選択も、社会人として求められます。

Thumb尽力の類語について!正しい意味や他の言い回し方を知っておこう

例文確認!ご尽力の正しい使い方

より一層ご尽力という言葉に対する理解を深めていくために、さまざまな例文を取り上げていきます。どんな言葉もそうですが、実際に例文に触れていくことで、意味や使い方に対する理解を深めていくことができます。まずは、本文中でも取り上げているように感謝の気持ちを表現する言葉として、認識を深めていくことがポイントです。

謝意だけでなく謝罪にも使える!ご尽力の例文

16230234 101175570400605 1691054608710893568 n
makeupjuneさんの投稿

「ご尽力いただきまして、誠にありがとうございます」といった例文を挙げることが可能であり、最もオーソドックスな使い方だと言うことができます。感謝の気持ちを示す以外には、謝罪の報告につなげることも可能です。「皆様のご尽力を賜りましたが、このような結果となってしまい、誠に申し訳ございません」といった例文を挙げることも可能です。

謝意の強調表現!より丁寧な言葉遣い

基本的には、謝意を示す場合と謝罪の意思を表明したい場合に利用するのが、ご尽力という言葉の特徴です。その他、謝意を強調するための表現として、心より、本当に、誠にといった丁寧な表現をつけても謝意が伝わりやすくなります。「ご尽力賜りましたことを、心より感謝申し上げます」といった例文からは、本心から感謝している気持ちが伝わってきます。

依頼にはNG!ご尽力の使い方

15056614 236078406804544 2626457065115090944 n
ryo.wayamaさんの投稿

ご尽力について、感謝の気持ちを表明したい場合や、謝罪のケースにおいて使いたい場合に利用すると便利な表現ですが、一方で注意しておくべき事項もあります。それは、依頼をする際には相応しい表現ではないということです。ご尽力いただきたく、と依頼するのは失礼に当たる表現です。依頼の文章も含めて、相手に使うのは避けておくべき文言となります。

お力添えを利用!物事を依頼する際

尽力はもともとの意味として、力を尽くすといった意味合いがあり、ご尽力いただきたくと相手に依頼することは、力を尽くしてくださいとお願いすることと同じニュアンスになってしまいます。それほどストレートに物事を頼むというのは、日本人的な感覚としては失礼なことであり、依頼する際には、お力添えいただきたくといった表現をするのがベストです。

力を貸す!依頼の際には頼み方が重要

12142301 1076265702384866 1764839685 n
bingoz_zさんの投稿

お力添えであれば、読んで字のごとく、力を貸す、力を添えるといったニュアンスになり、より丁寧な表現として、仕事や作業を手伝ってもらいやすくなります。相手に何かを依頼する際には、その頼み方も重要なポイントであり、お願いされる側の立場を考えることが大切です。素直に協力してあげたい、と思ってもらえるような言葉選びをすることが重要です。

お礼に向いている表現!ご尽力いただき

ここまでご紹介してきたように、ご尽力に関しては、お礼や感謝の気持ちを表現したい時に便利な言葉として重宝することができます。何かを手伝ってもらったり、一緒に目標達成に向かって努力したりした際には、ご尽力いただき、誠にありがとうございますといった形で、謝意を伝えることができます。そのフレーズごと覚えてしまっても問題ありません。

11296663 417922248408387 108057675 n
allaboutchineseさんの投稿

とりわけ、ビジネスシーンにおいては、単純にありがとうございましたと伝えるよりも、ご尽力いただきや、ご尽力賜りといった文言を添えることで、より一層感謝の気持ちが相手に伝わりやすくなります。さらに誠意を込めたい場合には、心から、本当に、誠にといった言葉を付け加えることで、本心から感謝しているという気持ちを伝えるのが得策です。

依頼の際にはお力添えを!ご尽力との使い分け

依頼をする際の丁寧な表現!お力添えの特徴

相手への感謝の気持ちを表明したい場合には、ご尽力という言葉が相応しい表現として便利ですが、依頼の際にはお力添えという表現を用いるのが適切です。お力添えには、手助けするといったニュアンスも込められており、相手に依頼をする際には相応しい表現でもあります。特に、相手が目上の方や取引先の方であれば、より丁寧な表現をすることが重要です。

謝意の表明にも使える!お力添えは便利な言葉

10809734 1515210395431122 2042029111 n
318_さんの投稿

お力添えに関しては、物事を依頼する際に使うことも可能ですが、感謝の気持ちを表現したい場合に使うこともできます。「この度はお力添えを賜り、心から感謝申し上げます」といった例文も挙げられるように、謝意を伝えることもできます。その点においては、ご尽力に比べて使用範囲が広い言葉であり、頭に入れておくと言葉の選択肢が広がっていきます。

自らの意思を示す!ご尽力の使い方と例文

ご尽力やお力添えなど、使用ケースに応じた使い分けも重要なポイントとなりますが、自らの意思表明をする際には、「ご」をつけることなく、尽力単体で使用していきます。自らが努力することや精進することを表明したい場合には、「尽力させていただきます」「尽力いたします」といった形で、上司や目上の方に向かって意欲を示すことができます。

926260 303908953124236 1826326000 n
godtingさんの投稿

単純に努力しますと言うよりも、尽力しますと発言した方が、ビジネスシーンにおいては相応しい使い方となります。尽力は、より誠心誠意努力します、打ち込みますといったニュアンスが伝わりやすくなるので、意思表明としてはもってこいの言葉です。取引先関係者の方も、本人の意思表明を聞くことで、より安心感を持って仕事を任せることができます。

書き言葉としてのご尽力!話し言葉との違い

10483527 1509890805891659 1313986656 n
zhang2tingさんの投稿

ご尽力という言葉についての理解を深めていく中において、書き言葉と話し言葉としての違いについて認識していくことも重要な要素となります。「ご尽力いただき、大変感謝申し上げます」「ご尽力賜り、誠にありがとうございます」といった表現は、書き言葉としても話し言葉としても利用することができます。その他の表現も頭に入れておくことが重要です。

ご尽力の賜物!書き言葉としての表現

例えば、「これも皆様の尽力の賜物です」といった表現を挙げることができます。ご尽力の賜物という言い方に関しては、話し言葉というよりも、より形式ばった形の書き言葉として認識することができます。会話の流れの中で使ってしまうと、堅苦しい印象を与えることになりかねないので、メールや文書といった書き言葉として利用していくことが大切です。

誰に対して使うのかも意識!ご尽力の使い方

13549473 166119203801125 648007778 n
aaaiii5683さんの投稿

また、話し言葉や書き言葉に関係なく、相手に応じた使い分けというのも重要なポイントです。目上の方や取引先関係者に使う分には、相応しい言葉遣いですが、同僚や後輩に、ご尽力賜り、誠にありがとうございますなどと使うと、かしこまりすぎていて、かえって違和感を与えることになります。誰に対して使う表現なのか意識することも大切なことなのです。

お力添えの意味と例文!依頼の際に便利な表現

11357796 1574202919507873 1790012576 n
crayons_kagoshimaさんの投稿

書き言葉や話し言葉としての視点を持つことで、言葉に対する理解度を高めていくことができますが、お力添えに関しても、意味や例文を具体的に確認していきます。ご尽力に比べてお力添えは、書き言葉や話し言葉の両方で使いやすい表現であり、相手に物事を依頼したい場合に便利な言葉です。協力を仰ぎたい場合には、メールで利用することもあります。

物事の依頼!丁寧な表現としてのお力添え

意味的には、援助、手助けといったニュアンスがあり、目上の人にも使える表現です。例えば、「今後ともお力添えいただけますよう、よろしくお願いいたします」「皆様のお力添えを賜りたく存じます」といった使い方を挙げることができます。これは、物事を依頼したり、協力を仰いだりする場合に利用する例文として認識しておくことができます。

感謝の気持ちの表明にも!お力添えの例文

30076998 177963142831184 612937089209597952 n
aoi.nail_senyouさんの投稿

物事の依頼や協力を仰ぐというシーン以外にも、お礼の気持ちや感謝の気持ちを表現したい場合に、お力添えという言葉を用いることができます。例えば「これもひとえに、皆様のお力添えのおかげでございます」といった例文を挙げられます。フレーズとして覚えてしまうことで、話し言葉としても書き言葉としても、よりスムーズな表現につながっていきます。

目上の方に使える?ご尽力とお力添え

ご尽力やお力添えという言葉について、それぞれの意味や使い方などを例文も交えながら取り上げていますが、目上の方に使えるのかどうか気になっているという方も少なくありません。結論から申し上げると、両方とも目上の方に利用しても問題ありません。何か失礼にあたることもありませんし、敬語として間違った表現でもないのが、実際のところです。

ご尽力に関しても、お力添えに関しても、相手の協力や支援に対して、尊敬の念を込めたニュアンスがあり、目上の方に対して使う言葉としても相応しい表現だと捉えることができます。反対に、自分より立場が下の人に対して、ご尽力やお力添えという言葉を使うのは場違いでもありますので、相手を選んで話したり書いたりすることが求められます。

似た表現は?ご尽力との似た意味を持つ言葉

ご尽力いただき、ありがとうございますといった形で、感謝の気持ちを表明したい場合に、ご尽力という言葉は便利ですが、その他の似た表現も取り上げることができます。例えば、ご協力やご支援といった言葉も似た意味を持つ言葉として紹介できます。「ご協力賜り、誠にありがとうございました」といった表現でも全く違和感なく利用することができます。

ご協力やご支援以外にも、さらにシンプルな言葉として「お手伝い」という言葉も挙げることができます。よりフランクな関係であるならば、「お手伝いしてくれて、ありがとうございます」といった使い方でも全く問題ありません。理解している語彙を増やすことで、状況や相手に応じた使い分けをすることができるので、複数の言葉を覚えることが重要です。

お力添えは相手に対してのみ!ご尽力との違い

対象となる相手を分析!言葉の特徴や違い

さまざまな言い換え表現を頭に入れておくことで、コミュニケーションの際に必要となる自分の中の引き出しを増やしていくことができます。ご尽力についても、お力添えについても、相応しい場面で相応しい相手に対して利用していくことが重要です。その中で、双方の言葉の特徴や違いについて理解していく上で、対象となる相手を分析していきます。

25021853 155807088478746 5380702326547808256 n
4_boo.sさんの投稿

まず、ご尽力や尽力に関しては、相手に向けて使うこともできますし、自分が努力するという意味で使うことも可能です。つまり対象が誰であろうと、言葉自体を使うことは可能です。一方で、お力添えに関しては、相手に対してのみ使う言葉であり、自分に対してお力添えと表現することはありません。この辺りの違いも認識しておくことがポイントです。

大勢に対して謝意を述べられる!お力添えの使い方

20066034 1376142569101794 3526217052513632256 n
mikawa_no_kenichiさんの投稿

また、お力添えに関しては、対象を一人に限定するというよりも、大勢の相手に対して一斉に感謝の気持ちを伝えたい場合に利用されることが多い言葉です。「これもひとえに皆様のお力添えのおかげです」といった形で、大人数に対して使える表現として便利です。反対に、特定の個人に向かって使う機会は少ないので、頭に入れておくことをおすすめします。

ビジネスメールでも活用可能!ご尽力を用いた例文

ご尽力にしても、お力添えという言葉にしても、使う対象は誰なのか、どういったシーンで使うのが相応しいのかを把握した上で、正しい使い方をしていくことがポイントです。その点も踏まえた上で、両者ともビジネスメールでも使いやすい表現であり、一斉送信メールで利用することも可能です。大勢に向けた表現として、使うことができるのです。

16464871 165810060579294 2378335593244393472 n
gonta2825さんの投稿

長期間にわたる努力や援助を感謝することもできますし、当日の手助けに対して感謝することもできます。「本日は、短い時間ながらご尽力いただき、ありがとうございました」といった例文を挙げることも可能であり、その期間の長さは問いません。もちろん、長期的なスパンにわたって協力してもらった場合でも利用することができる表現です。

お力添えもメールで利用可能!使い方と例文

個人の力が結集!お力添えに含まれるニュアンス

14135101 332581500415903 1086032666 n
km_ugiさんの投稿

ご尽力と同様に、お力添えという表現に関しても、ビジネスメール上の文言として使用することができます。「日頃より、お力添えを賜りまして誠にありがとうございます」といった使い方をすることが可能であり、定型句として覚えてしまうのも、おすすめの選択肢です。個人の力が結集して、大きな力になっているということを表す表現としても便利です。

多くの関係者の協力!世の中の出来事

仕事にしても、何らかのイベントや企画にしても、一人でできることはたかが知れており、多くの関係者の協力があって初めて成立することが多いのが、世の中の出来事です。そういった中で、一定の成果を上げたり、イベントや企画が成功したりした場合に、関係者の労を労う言葉として、お力添えという表現を使うことで、相手に謝意を伝えることができます。

依頼や意思表明と感謝!利用シーンを明確に

TPOを踏まえた使い分け!言葉のチョイス

43543346 501442837036537 5477889924558487552 n
nsp.careerさんの投稿

ご尽力やお力添えといった言葉に焦点を当てて、意味や使い方などを取り上げていますが、それぞれの言葉の持つニュアンス的な部分も含めて、相応しい使い方をしていくことがポイントです。利用シーンを明確に判断しておくことが大切であり、大勢を対象として利用するということも認識しておくことが大切です。TPOを踏まえた使い分けが求められます。

ここぞという場面での利用!誠心誠意の気持ちで

20686427 1659682020733262 8559766080287932416 n
reas__incさんの投稿

また、どちらの言葉に関しても、ここぞという場面で使うのが大切になってくるケースもあります。毎回毎回、形式ばったような言い方でお力添えいただき、感謝していますと伝えられても、聞き手側としては労を労われた気持ちにはなりません。そうした事態を防ぐためにも、タイミングを見計らって、誠心誠意の気持ちを込めて利用することが大切です。

相手や状況を意識!ご尽力を含めた言葉の選択

27892559 234205990456473 5032360348330491904 n
kiramakikoさんの投稿

ご尽力やお力添えなどを含めて、日本語にはさまざまな敬語表現や、言葉遣いが存在します。そうした一つ一つの言葉の意味や使い方をすべて理解するのは難しいことですが、よく使う言葉に関しては例文も含めてフレーズを確認しておくことが重要です。相手やその場の状況を意識した中で、適切な言葉を使っていくことが、あなたの人間性を高めてくれます。

19623136 385111051891080 7610961771142053888 n
eiji2102さんの投稿

そのためには、相手の気持ちや心情を推し量るというクセを身につけておくことも大切なポイントです。ここでこう発言したら相手はどう思うだろう、不愉快に感じないか、喜んでくれるだろうか、といった観点で相手の心情を察してあげるのです。そのようなスキルを身につけていくことで、他者とのコミュニケーションをより円滑に進めていくことができます。

会話の中で積極的な活用を!覚えた使い方の理解度向上

29414395 182706535697914 300707573974171648 n
__nana__0135さんの投稿

敬語や日本語表現に関しては、意味や使い方を認識することができたら、積極的に活用していくことが重要です。尽力に関しても、先輩や上司から仕事を依頼された際に、スムーズに「尽力させていただきます」といった形で発言できると、使い方にも慣れていきます。そうやって、実践的に使える表現を少しずつ増やしていくことがおすすめです。

ご尽力の意味や使い方を理解する

30590873 1976453209062502 4309756633631686656 n
erikoaccountさんの投稿

ご尽力という言葉に焦点を当てて、その言葉の意味や使い方、例文などをご紹介してきました。言葉の理解という意味では、自分で実際に利用してみることも大切です。まずは、いろいろな例文に触れつつ、自分でも使えそうだと思えるフレーズを積極的に活用していきましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ