領収書の印紙はいくらから必要?収入印紙の金額一覧もご紹介!

領収書の印紙はいくらから必要となるのか、具体的にご紹介していきます。ビジネス上のやり取りにおいても必要となる領収書の印紙ですが、その金額についても取り上げていきます。領収書の考え方なども含めて、どうぞ参考にしてください。

領収書の印紙はいくらから必要?収入印紙の金額一覧もご紹介!のイメージ

目次

  1. 領収書の印紙について理解を深めよう
  2. まずは知りたい!領収書の収入印紙とは
  3. なぜ必要?領収書の印紙の役割
  4. いくらから必要?領収書の印紙を貼る条件
  5. 印紙代はいくら?領収書への貼付
  6. 非課税範囲の条件は?領収書の印紙
  7. 要チェック!領収書の役割とは?
  8. 領収書の書き方!印紙を貼る場所も確認
  9. 領収書の基礎知識!保存期間はいつまで?
  10. レシートではNG?領収書との関係
  11. ビジネス取引においても重要!領収書と印紙の役割
  12. 領収書と印紙の範囲!金銭または有価証券の受取書
  13. 売上代金以外にも必要?領収書と印紙の関係
  14. 営業行為以外は不要!抑えておきたい印紙貼付条件
  15. 印紙はどこで買える?おすすめはまとめ買い
  16. 収入印紙は税金と同じ役割!領収書への貼付
  17. カード支払いでは不要!領収書と印紙の条件
  18. 再確認!領収書への収入印紙の必要性
  19. 消印も忘れずに!領収書と印紙の有効性
  20. 二重課税のリスクも!領収書と印紙の注意事項
  21. 受取金額のチェック!領収書発行の際の確認事項
  22. 領収書と印紙の関係について理解を深める

領収書の印紙について理解を深めよう

領収書を受け取る際や、お店側が発行する際に収入印紙と呼ばれる紙を貼付することがあります。ビジネス上の取引においても、個人への商品やサービスの販売においても、一定の条件を満たした場合には、印紙が必要となります。条件やいくらから必要になるのか、あるいは印紙自体はどのくらいの金額で買えるのかといった点について、理解を深めましょう。

まずは知りたい!領収書の収入印紙とは

11379044 499420636875966 937374685 n
163hicommさんの投稿

まず、いくらから必要になるのかといった条件面に入る前に収入印紙とはどういったものなのかについて確認しておきます。まず、印紙のことを収入印紙と呼ぶこともありますが、どちらの名称においても意味的には同じです。正式名称として収入印紙と呼ぶこともありますし、略称として印紙と呼ぶこともありますが、いずれにしても意味的に相違はありません。

印紙とは税金を肩代わりしたもの

その印紙についてですが、印紙税と呼ばれる税金のカテゴリーに分類される紙のことを言います。一般会計や行政への支払いなど、一定の条件を満たす場合に必要となる手数料分を印紙を購入することで肩代わりしているという考え方です。つまり、簡単に言えば、国に対して税金を納めているということであり、その税金が印紙という形になっているのです。

印紙税法で定義!印紙の発行条件

20904914 138776023388270 5469567703867981824 n
harukaze_shaさんの投稿

印紙に税金がかかるものについては、印紙税法と呼ばれる法律で詳細なルール設定が行われています。後ほど詳しくご紹介していきますが、有価証券の受け取りや株式会社の設立の際など、一定の条件を満たす場合には印紙税を納める必要が出てきます。一般消費者との金銭授受でも印紙が必要なケースがあるので、店舗営業の際には把握しておく必要があります。

なぜ必要?領収書の印紙の役割

印紙についていくらから必要になるのかも含めて、理解を深めていくことがポイントですが、領収書の印紙には印紙税法と呼ばれる法律によって、明確な納税ルールが定められているため、領収書に貼る必要が出てくるのです。一般に課税文書と呼ばれる領収書や書類には、一定の条件を満たした場合に、税法上の印紙税が課されることになります。

印紙税も税金の一種!消費税や固定資産税と同様

30085177 2081767215427011 2141355489877819392 n
zeirishi48さんの投稿

その条件については後ほど詳しくお伝えしますが、課税文書に含まれる領収書を発行する際には、収入印紙を貼付していないと、税金を納めていないことになってしまうのです。一般的な消費税や固定資産税などと同じように、印紙税も立派な税金の一種であり、支払いが義務付けられています。印紙を貼っていない場合には、追加課税されるリスクもあります。

本来の印紙税の3倍の課税も!貼付忘れに注意

29414494 165997237452598 3233080148672643072 n
tomohan.tomoさんの投稿

本来貼付するべき領収書や課税文書に所定の印紙が貼られていない場合、本来納付するべきだった印紙代の3倍相当の税金を、追加で支払わなければならないといった事態になる可能性もあります。支払いが遅れたり、全く支払いを行っていなかったりすると、過怠税といった追加課税も課されるケースがあります。適切に条件を把握しておく必要があります。

いくらから必要?領収書の印紙を貼る条件

さまざまな条件が設定されており、ビジネス取引や一般取引においても必要となってくる収入印紙ですが、実際にいくらから印紙の貼付が必要になってくるのでしょうか。いくらから必要になるのか、いくらからは不要なのかといったことを頭に入れておくことで、スムーズなやり取りにもつながっていきます。そのため、しっかりと抑えておくことが大切です。

5万円以上のやり取り!印紙が必要な条件

29401839 1486058018171923 3812337448671772672 n
hasek0さんの投稿

領収書に印紙を貼付する必要がある金額としては、5万円以上が最低条件となっています。つまり、5万円未満の金銭の授受の際には収入印紙を貼る必要がありませんので、頭に入れておく必要があります。このいくらからという部分を抑えておくことで、無駄に印紙を貼ったり、印紙の貼り忘れを防いだりすることができるので、理解しておくことが大切です。

非課税範囲の確認も重要!印紙の貼付条件

領収書にかかってくる印紙税については、非課税範囲も設定されており、平成26年4月1日より前は3万円未満の金銭の受け取りが非課税範囲となっていました。それが、印紙税法と租税特別措置法の改正に伴って5万円未満までの非課税範囲の対象が拡大となりました。金額的にいくらからという部分において、法律の変更にも敏感になっておく必要があります。

印紙代はいくら?領収書への貼付

30077511 2004560359843475 8489255812642897920 n
maruichi_sakadoさんの投稿

収入印紙について、いくらから課税の対象になるのか、あるいはいくらから非課税範囲となるのか確認しておくことが重要です。その金額について確認することができたら、今度は収入印紙自体の金額についても確認していきます。金銭のやり取りが5万円未満の場合は非課税ですが、5万円超以上の場合は、200円の収入印紙を領収書に貼付する必要があります。

5万円以上100万円以下で200円の印紙、100万円から200万円のやり取りで400円の印紙、200万円から300万円のやり取りで600円の印紙、300万円から500万円のやり取りで1,000円の印紙といった形で、金額の上昇に応じて印紙の代金も上がっていきます。最終的に10億円以上まで設定されており、10億円以上の場合で20万円の印紙が必要となります。

28429352 1937110856360085 6952833345281589248 n
hanasaki_kakeiさんの投稿

したがって、自分たちの金銭授受がいくらになるのか、その金銭の授受にはいくら分の収入印紙を貼付する必要があるのか確認しておくことが大切です。本文中でもご紹介したように、誤りや漏れがあった場合、3倍の追加課税を徴収されることになります。無駄な税金を払わずに済むようにするために、印紙と金額の範囲について把握しておくことが重要です。

非課税範囲の条件は?領収書の印紙

一定の条件の中で印紙代も変わってくるわけですが、非課税となる範囲については、受け取り金額が5万円未満だった場合です。5万円未満の金銭授受に関しては、領収書に印紙を貼る必要がありませんので、頭に入れておく必要があります。その上で具体的に受け取り金額が5万円以上か、5万円未満かという点についてどのように確認していくのか説明します。

売上代金とそれ以外の受け取り金額の合計

1389298 592969984085070 1636615549 n
tatchamさんの投稿

実際には、売上代金に伴う受け取り金額と売上代金以外の受け取り金額が5万円以上か、5万円以下かで判断することになります。売上代金自体が5万円を超えていなかったとしても、それ以外の代金と合算した場合に5万円以上の金銭のやり取りになる場合には、収入印紙の貼付が必要になるということです。特に、消費税の取り扱いについて注意が必要です。

消費税額の記載がポイント!印紙の要否

売上代金が5万円未満でも、消費税を合算することで受け取り金額総計が5万円を超えることもあります。そうした場合は、消費税別の金額が5万円を超えるか否かで判断することになります。ただし、領収書に消費税額や消費税に関する直接的な記載がない場合は、消費税と見なしてもらうことができません。そのため、消費税の記載をしておくことが大切です。

要チェック!領収書の役割とは?

29090380 205590130200412 7170713406960304128 n
yi_zhang51さんの投稿

いくらから必要になるのかといった条件や、印紙に対する理解を深めてきたところで、今度は領収書に焦点を当てて書き方なども含めて要点を取り上げていきます。まず、領収書とはなぜ必要なのか、あるいはどういった役割を持っているのかといった点について確認していきます。日頃、何気なく扱っている領収書に関しても、しっかりとした意味があるのです。

代金支払いの証明書!領収書の役割

当たり前のようなことですが、領収書には商品やサービスの代金をきちんと支払いましたということを証明する役割があります。お店側やサービスの提供者側としては、商品やサービスの対価としてきちんとお金を受け取りましたということを証明する書類でもあります。消費者にとっても、サービス提供者にとっても重要な書類であることに間違いありません。

再請求の拒否!消費者にとっての領収書の役割

また、消費者としては、商品やサービスに対して一度支払った料金を再請求されることを防ぐといった役割があります。万一、お店側やサービス提供者側から、請求の通達があった場合でも、領収書を見せることによって、その支払い請求を断ることができます。したがって、消費者側としても、一定期間は領収書を保管しておくことが大切になっていきます。

領収書の書き方!印紙を貼る場所も確認

領収書の役割について確認すると同時に、領収書の書き方についても把握しておきたいところです。領収書は、日付、会社名称、金額、但し書き、印紙、領収書発行者の住所と氏名といった項目で成り立っており、それぞれの正しい書き方を抑えておくことで、正式な領収書としての役割を果たすことができます。それぞれの書き方について確認していきます。

28152645 570979513294752 18585298447368192 n
m0chigusareさんの投稿

まず、日付や会社名称については、サービスや商品の受け取りがあった日付、領収書を受け取る側の会社名を正式名称で記載していきます。マエカブやアトカブといった部分にも気をつけておき、誤字のないように書き方に気を遣います。金額の書き方については、¥マークを使うか、金○,○○○○也といった形で、金と也で挟む書き方が正式な書き方です。

28154157 187240638541998 348020925116973056 n
7gift777さんの投稿

但し書きについては、どんな商品やサービスに支払ったのかわかるように記載しておくことが大切です。品代といった書き方では、正式な領収書として認められない可能性もあります。また、印紙を貼る場所も用意されていますので、5万円以上のやり取りには印紙を貼ります。最後に発行者側の住所とと氏名を記載して、認印を押せば書き方としては万全です。

領収書の基礎知識!保存期間はいつまで?

税法上は7年間!領収書の保存期間

まずは、領収書の書き方や、いくらから印紙が必要となるのかいった部分を抑えておくことが大切です。その上で、領収書の保存期間についても把握しておく必要があります。領収書の保存期間については、税法上で7年間でと定められています。個人事業や自営業の経費として申請を行う場合には7年間の保存期間を守って、適切に保管しておく必要があります。

商法上は10年間!領収書の保存期間

29401214 1956907221193525 7900191994205437952 n
jiyukokuminsyakousikiさんの投稿

個人事業主や自営業の場合には7年間の保存期間で問題ありませんが、会社運営における商法上では10年間の保存期間が定められています。会社運営を行っている場合には、商法が適用されることになりますので、個人よりも3年間余計に保存しておく必要があります。その辺の条件の違いも含めて、領収書に対する見識を深めていくことが求められます。

Thumb確定申告の医療費控除は領収書提出不要?必要書類を徹底チェック!

レシートではNG?領収書との関係

お店で何か購入したり、サービスを受けたりした場合、レシートを発行してもらうのが一般的ですが、レシートでは領収書の代わりにならないのでしょうか。その回答として、完全にNGということはできませんが、領収書ほどの効力はないということを抑えておくことがポイントです。レシートでも支払い証明として利用することができないわけではありません。

29418260 1435650696539944 302727162086031360 n
melmo.tさんの投稿

しかし、レシートの場合、宛名がないため、誰が支払ったものなのか不明瞭になるというデメリットがあります。会社によっては、領収書しか認めないというケースも少なくありませんので、その場合は会社の指示に従うことが大切です。とりわけ、経費としての保管をする場合には領収書が無難であり、税務署の調査にもスムーズな提示につながっていきます。

ビジネス取引においても重要!領収書と印紙の役割

29095988 895183610660899 2627487603863060480 n
_katatumuri_さんの投稿

印紙はいくらから必要になるのか、印紙の代金はどのくらいかかるのかといった基本的な知識を頭に入れておくことも大切ですが、ビジネス上の取引についても、領収書の存在がカギを握ることを抑えておくことがポイントです。会社間や個人間にしても、とりわけビジネス上の取引については、何にいくら支払ったのか明確にしておく必要があるからです。

ビジネスにおいては、法人税や所得税など、税金の支払いに関わってくる部分もあり、必要経費として算出することができるのか否かなど、領収書の金額を元に計算することが多くなります。ビジネスでは公文書と呼ばれる文書管理も重要になってきますが、領収書の書き方や保管も含めて、適切なやり取りを行う必要が出てきます。

領収書と印紙の範囲!金銭または有価証券の受取書

29736911 167908767263034 5653053985267908608 n
yo.shockさんの投稿

ビジネス上のやり取りにおいてもカギを握る領収書のやり取りですが、有価証券の受取書においても印紙が必要になります。一般的なお買い物やサービスを受ける際にも5万円以上のやり取りで必要となる印紙ですが、有価証券に関しても、5万円超の金銭のやり取りで印紙を貼付する必要性が出てきます。非課税範囲ついても、一般の取引と変わりはありません。

売上代金以外にも必要?領収書と印紙の関係

借入金や保険金なども対象!印紙の貼付

ビジネス上のやり取りや、有価証券のやり取りにおいても必要となってくるのが印紙ですが、純粋なお店での買い物やサービス提供以外にも、印紙が必要になってくるケースがあります。例えば、借入金や保険金、返還金や敷金、損害賠償金などといった金銭のやり取りにおいても、一定の条件を満たすと、徴収所に印紙を貼付する必要性が出てきます。

5万円以下か5万円以上か!印紙貼付の条件

借入金や保険金といった売上以外の金銭については、5万円以上のやり取りで200円分の印紙を貼る必要が出てきます。いくらからという基準についてわかりやすいのが売上代金以外の印紙代であり、5万円以上は200円、5万円以下であれば非課税と覚えておけば問題ありません。受取金額の記載がない場合も200円の印紙代が必要となるので、注意が必要です。

営業行為以外は不要!抑えておきたい印紙貼付条件

ビジネス上の営業行為やビジネス上の売り買いについては、印紙の貼付が必要となるケースも出てきますが、営業行為でなければ、印紙を貼る必要がありません。例えば、店舗を持たない農業や漁業関係者が自身の生産物を販売するケースなどが該当します。また、医師や弁護士、公認会計士が発行する領収書にも印紙税がかかることはありません。

印紙はどこで買える?おすすめはまとめ買い

郵便局や法務局!印紙の販売場所

26346294 1429526433822753 1249470114563096576 n
tw.ktさんの投稿

領収書の書き方も抑えつつ、印紙と領収書の関係についての理解を深めていくことが重要ですが、印紙をどこで購入することができるのかについても頭に入れておく必要があります。実際に、収入印紙については、郵便局や法務局といった場所で購入することができます。印紙代はそのまま領収書に貼る代金になるので、必要に応じてまとめ買いもおすすめです。

コンビにでも買える!印紙の販売場所

また、印紙については、コンビニで売っているケースもあります。全てのコンビニで取り扱いがあるわけではないので、その都度確認する必要がありますが、郵便局や法務局が近くにないといったケースにおいては、コンビニに行ってみるのも便利です。特に、5万円以上の取引が多い店舗や営業所では、一度にまとめて印紙を買っておくのが得策と言えます。

収入印紙は税金と同じ役割!領収書への貼付

25022403 141565623215020 4561197638480822272 n
si_g.49.tymsさんの投稿

収入印紙に対する理解を深める上で、ビジネス上の取引や領収書の書き方などを頭に入れておくことがポイントですが、さらに、収入印紙は税金と同じ役割であるということを理解しておくことが大切です。本文中でも取り上げてきましたが、印紙については印紙税法で定められたものであり、一定の取引に対する税金の納付の役割を果たしているのです。

26153890 160253504747544 8139399106834464768 n
ypsilon_germanyさんの投稿

税金について、一般の方に馴染みがあるのは消費税ですが、その消費税と同じ感覚で印紙税についても把握しておく必要があります。当然、税金を払わなければ、罰則規定がありますし、追加でより多くのお金を支払わなければならなくなってしまいます。サービス提供者側はもちろん、受ける側もこれを把握しておくことで、未然にリスクを防ぐことが重要です。

カード支払いでは不要!領収書と印紙の条件

29740761 238378150064647 462984662621356032 n
hirokiiwafujiさんの投稿

消費税抜き価格で5万円以上の取引からは、印紙税の効力が発揮され、金額に応じて適切な印紙を領収書に貼付する必要がありますが、その印紙が不要になるケースもあります。それが、クレジットカード支払いであり、クレジットカードを利用した買い物やサービスの受け取りに際しては、5万円以上であっても、領収書に印紙を貼らなくて構いません。

29737994 1932808853696896 7208561758284283904 n
tono__studiowakoさんの投稿

また、本文途中でもご紹介したように、消費税別で5万円に満たない場合には、現金の支払いであっても収入印紙を貼付する必要はありません。とりわけ、飲食店などで会計が5万円以上になることもありますが、その場合は、領収書に消費税を別途明記しておく必要があります。基本的に、消費税別で5万円以上になる場合に必要になってくるのが収入印紙です。

再確認!領収書への収入印紙の必要性

領収書の書き方も含めて確認しておく必要があるのが、収入印紙の必要性です。一般的な金銭のやり取りにおいては、消費税や固定資産税、あるいは住民税や所得税といった税金が徴収されることになります。領収書の発行に対してかかってくるのが印紙税法で定められた印紙税であり、その他の税金と同じものとして認識を改めておく必要があります。

29718111 188223591977620 7884568054233825280 n
1224genkiさんの投稿

ビジネス上の営業行為に該当しないケースなど、領収書に印紙を貼付しなくて良い場合もあるので、その辺も含めて、自分が行っているサービスが印紙税法に該当するのかどうかを確認しておくことも求められます。5万円以上の取引が多いような営業所や販売店では、あらかじめ収入印紙をまとめ買いしておき、不足がないように気をつけることも大切です。

Thumb公共料金の領収書とは?本人確認の補助書類になるものを徹底解説!

消印も忘れずに!領収書と印紙の有効性

消印を押す!印紙税の納付

印紙と領収書の関係においては、消印の存在も忘れてはいけません。収入印紙は単純に領収書に貼り付けていても、それだけで印紙税を納付したということにはならないのです。領収書の適切な書き方としても抑えておく必要がありますが、領収書に貼付した印紙に、消印(=割印)を押しておくことで、初めて印紙税を納付したと認められることになります。

印紙と領収書の双方にまたがるように!消印の押し方

24327988 537635996583071 4957565889462403072 n
framboise0425さんの投稿

消印とは、印紙と領収書の双方にまたがるように印鑑を押したり署名をしたりすることを指します。発行者の署名でも問題ありませんが、鉛筆など、簡単に修正できるものでは無効となります。印鑑があればそれがベストですので、印紙を発行する機会が多い事業所や営業所では、消印用の印鑑を準備しておくのが無難です。

二重課税のリスクも!領収書と印紙の注意事項

22220477 142982612980664 6094134611032408064 n
makimaki1119さんの投稿

消印の考え方や領収書の書き方、ビジネス上の取引など、多くの点を抑えておく必要がありますが、二重課税を防ぐという点において、一定の考え方を理解しておく必要があります。それは消費税との兼ね合いです。いくらから印紙が必要となるのかという点については、5万円以上という理解で問題ありませんが、消費税を明確に記載しておく必要があります。

21879100 1408827689172280 8908902794958733312 n
wtppさんの投稿

消費税を記載せずに、税込み価格が5万円以上になってしまうと、本来印紙を貼らなくて良いケースでも印紙を貼る必要が出てきます。税抜き金額と税込み金額の内訳を記載しておけば、印紙税の支払い対象にならないケースでもその記載がないことで、消費税と印紙税の二重払いになるリスクがあるのです。この点でも、消費税の内訳を記載することが重要です。

受取金額のチェック!領収書発行の際の確認事項

29089621 187131578739405 1777272752873406464 n
555honaさんの投稿

領収書と印紙の関係や、確認事項についてチェックすることができたら、最終的には、受け取り金額の確認を怠らないことが大切です。ビジネス取引においてはもちろんのこと、ビジネス以外の個人的な取引においても、印紙税が発生するか否かは大きな問題です。金額に応じて印紙代も変わってきますので、改めて、再確認しておくことが求められます。

29090443 436691730084091 3258331017320071168 n
ameri_ryoさんの投稿

また、領収書には印紙を貼るだけでなく、会社名や但し書き、金額や発行者の住所、氏名といった記載をしておく必要もあります。印紙を貼った上には消印を押す必要もありますので、そういった書き方も含めて、一度練習しておくことをおすすめします、いざという時に慌てずに対処できるスキルを持ち合わせておくことも大切です。

領収書と印紙の関係について理解を深める

領収書と印紙の関係について、ビジネスでのやり取りも含めながらご紹介してきました。印紙代といくらから印紙を貼る必要があるのかについては、しっかりと理解を深めておくことが大切です。印紙税も消費税や固定資産税などといった税金と同様の扱いです。罰則規定などもありますので、適切に対処をして、安心した商取引を行っていきましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ