失業保険受給中のアルバイトの注意点!ばれると減額になる?

失業保険受給中はアルバイトをしてはいけないのでしょうか。答えはNOです。アルバイトをしてもかまいません。ただし、収入や時間に制限があります。その制限を超えると、失業保険の受給額が減額される場合もあるので、ルールをしっかり守りましょう。

失業保険受給中のアルバイトの注意点!ばれると減額になる?のイメージ

目次

  1. そもそも失業保険とはどんな保険?
  2. 失業保険の保険料はどう支払う?
  3. 目的は何?失業保険の基本手当の意味
  4. 失業保険の給付条件を詳しく解説
  5. 自己都合退職者(一般受給退職者)の給付までの期間
  6. 給付までの期間が違う特定理由離職者
  7. 会社都合退職も給付制限期間はなし
  8. 受給額はいくら?失業保険の基本手当
  9. 退職理由で差がある失業保険の給付期間
  10. 手続きは難しい?失業保険の基本手当の支給
  11. ハローワークでの受給資格の決定にあたって
  12. 特定受給資格者と特定理由離職者は条件が違う
  13. さまざまな事情を考慮して離職理由を判断
  14. 失業保険の受給資格が得られるだけではダメ
  15. 就職できた人には再就職手当の支給
  16. 順を追って再就職手当の受給手続きを
  17. 失業保険の基本手当の不正受給はばれると大変
  18. 失業保険の受給中にアルバイトをするとどうなる?
  19. 失業保険の時期により違うアルバイト規定
  20. 失業保険受給中のアルバイトは隠してもばれる可能性大
  21. アルバイトをしたら失業認定申告書に記入を
  22. 失業認定申告書の書き方(アルバイトをした場合)
  23. アルバイトで失業保険が減額される条件
  24. アルバイトで失業保険が減額される具体例を紹介
  25. アルバイトをしたほうがいい?しないほうがいい?
  26. アルバイトで失業保険の基本手当の支給なし!本当?
  27. 4時間以上の労働なら支給繰り越し
  28. 失業保険の減額や無支給を避けるために
  29. 失業保険の受給中にできるアルバイトを探す方法
  30. アルバイトは必ず申告を!ばれないわけがない
  31. 失業保険受給中のアルバイト!注意すべきことがたくさんあり

そもそも失業保険とはどんな保険?

25012582 518462055178308 8958864092223766528 n
ohana101103さんの投稿

失業保険の正式名称は雇用保険ですが、一般的には失業保険で通っているので、失業保険の名称を使います。失業保険とは、何らかの事情により仕事先を退職する必要があった場合に、次の就職先が見つかるまでの収入を保証する保険です。この失業保険の基本手当が給付されている間にアルバイトもできますが、今回はその条件などについて解説します。

失業保険の保険料はどう支払う?

27892385 1442986559162122 8975905160949661696 n
kirat_ktmさんの投稿

失業保険の保険料は給与天引きで支払われています。したがって、自ら保険料を納める必要はありません。また、保険料の一部は事業主側も支払っています。

目的は何?失業保険の基本手当の意味

生活を維持するため

仕事を辞めると、収入がなくなります。ほとんどの人は仕事で得られる稼ぎを生活の資金としていますから、仕事を辞めた時点で生活が成り立たなくなります。その生活を維持できるように国が基本手当を支給するのが失業保険の意味です。

いい就職先が見つかるよう支援するため

29715630 853283214850632 2226861661606641664 n
burger.gaburiさんの投稿

生活に追われて、あわてて就職先を見つけても希望通りの仕事内容でないことはよくあります。自分の能力や性格に合わない仕事に無理やり取り組んでも、長続きはしません。そうなれば、また失業です。そんな連鎖を防ぐためにも、生活資金を給付し、失業者が安心していい再就職先を見つけられるようにする意味が失業保険の基本手当に込められています。

失業保険の給付条件を詳しく解説

12965082 262716974075677 1308339914 n
nonokakamiyaさんの投稿

失業保険の給付を受ける基本的な条件は決められています。次の2種類です。自己都合退職の場合、会社都合退職の場合です。これらの条件に合致し、一定の要件を満たせば、失業保険の給付が受けられます。

自己都合退職者(一般受給退職者)の給付までの期間

自己都合退職とは、起業や求職を念頭に自ら職を辞することや自分の大きなミスにより責任を取って退職することを言います。自己都合退職者を一般受給資格者といいますが、一般受給資格者の場合は、失業保険の給付を受けるまでに待期期間の7日間と3か月の給付制限期間を待たなければいけません。つまり、給付までに少し時間があります。

Thumb失業保険を自己都合退職でも早くもらう方法!給付金額はどれくらい?

給付までの期間が違う特定理由離職者

自己都合退職者の中には特定理由離職者という分類をされる人がいます。特定理由離職者とは、体力の不足や心身の障害により離職する人、妊娠や出産、育児により離職する人、介護が理由で離職する人、やむを得ない理由により会社へ通勤できなくなり離職する人などを指します。これらの場合は、3か月間の給付制限を待たずに失業保険の手当が支給されます。

会社都合退職も給付制限期間はなし

29401510 2535633673327485 7021395334156779520 n
ryojijiiiiiさんの投稿

会社都合退職とは、文字通り会社側の事情で職を辞さなければいけない場合を言います。会社側の事情とは、倒産、事業所の廃止、解雇、リストラなどです。この中の解雇と言った場合、懲戒解雇は含まれません。会社都合退職者は特定受給資格者とも言いますが、特定理由離職者同様、給付制限期間なしで失業保険の基本手当が支給されます。

Thumb失業保険を会社都合で貰う場合の給付額・金額を自己都合と比較!

受給額はいくら?失業保険の基本手当

退職前の6か月間の賃金合計から算出

25017799 364063534066372 6313540554332307456 n
dgu.dctさんの投稿

失業保険の給付金を計算する場合、退職前の6か月間の賃金の合計額が重要です。この額を180で割って、賃金日額というものを算出します。この賃金日額に給付率を掛けた数字が基本手当日額です。給付率は、年齢と賃金日額でいくつもの種類に分かれています。ただし、給付率は45から80パーセントなので、賃金の全額が給付されるわけではありません。

賃金に含まれるものと含まれないもの

賃金日額の賃金には以下のようなものが含まれます。給料のほか、残業手当、営業手当、通勤手当、住宅手当などです。逆に、賃金に含まれないものは退職金、ボーナスなどの賞与、結婚祝い金、弔慰金などです。つまり、毎月定期的に支給されていないものは、賃金に含めることはできません。

賃金日額には上限と下限がある

失業保険の給付は無制限にされるわけではありません。賃金日額に上限額と下限額があります。上限額と下限額は、「毎月勤労統計」の平均定期給与額の変化により上限額と下限額が変更されます。変更の時期は毎年8月1日です。平成29年8月1日の場合は、平均定期給与額が上昇したので、上限額・下限額ともに引き上げられます。

退職理由で差がある失業保険の給付期間

一般受給資格者の場合

29716516 131006311077591 1540884753698258944 n
uko_zooko_becchiさんの投稿

一般受給資格者の失業保険の給付期間は、年齢のいかんによらず雇用保険の加入期間が10年未満で90日、10年以上20年未満で120日、20年以上で150日です。この給付期間に基本手当日額を掛けた数字が失業保険の給付額です。ただし、給付期間中でも再就職先が決まれば、失業保険の給付は打ち切られます。

特定理由離職者と特定受給資格者の場合

29087075 313600485833375 6409596106337943552 n
tc6501さんの投稿

特定理由離職者と特定受給資格者の場合の失業保険受給期間の計算は少し複雑です。すべてを紹介しきれないので、一部を並べてみます。雇用保険の加入期間が1年未満なら年齢の差はなく給付期間は90日です。加入期間が1年以上5年未満の場合、30歳未満なら給付期間は90日ですが、年齢や加入期間の変化に応じて給付期間が延びます。

手続きは難しい?失業保険の基本手当の支給

離職証明書の署名と捺印から

失業保険の給付を受ける手続きの第一弾は、離職時に離職証明書に署名、捺印することから始まります。これを会社側がハローワークに提出します。次に、雇用保険(失業保険)被保険者証を会社側から受け取ります。雇用保険(失業保険)に加入していたことを示す大事な証拠書類です。続いて、また会社側から雇用保険被保険者離職票を2枚受け取ります。

ハローワークでの手続き

29417928 935607116616153 8540113332143652864 n
mii.inadaさんの投稿

離職の手続きが済んだら、次は住居を管轄するハローワークへ行きます。ハローワークでは、「求職の申し込み」を行い、雇用保険被保険者離職票を提出します。その場でいくつか質問がされますが、それに答えると受給資格が決定します。なお、「求職の申し込み」には少し時間がかかるので、早めにハローワークに行きましょう。

ハローワークの手続きに必要なもの

29402040 2026284357414291 7892346699568381952 n
kazy_maruyamaさんの投稿

ハローワークへ行く場合は、次のものを持参しましょう。まず雇用保険被保険者離職票、個人番号確認書類です。マイナンバーカード、通知カード、個人番号が書かれている住民票などのうちいずれか1点です。そのほか、身元確認書類、写真2枚、印鑑、本人名義の預金通帳かキャッシュカードなども必要です。

Thumb失業保険の手続き方法や流れを解説!認定日から受給までの流れは?

ハローワークでの受給資格の決定にあたって

失業保険の受給資格を得るためには、受給条件を満たす必要があります。まず、ハローワークで「求職の申し込み」を行い、いつでも次の職業に就く意思と能力を備えているもののすぐには次の仕事が決まらないこと、離職前の2年間に雇用保険の被保険者期間が12カ月以上あることなどが条件です。

特定受給資格者と特定理由離職者は条件が違う

雇用保険の被保険者期間の違い

会社都合退職者が該当する特定受給資格者と自己都合退職者のうち特定理由離職者にあたる人は、一般受給者と条件が一部異なります。両者とも離職する前の1年間に6カ月以上雇用保険の被保険者期間があれば、失業保険の支給条件を満たします。なお、被保険者期間とは、離職前の期間を1カ月ごとに区切り、その1カ月間に11日以上働いた期間です。

11日以上働くの意味

29738858 1006903439457829 6410524102741721088 n
asa_asa_yamaさんの投稿

1か月間に11日以上働くといった場合、正式には賃金支払基礎日数という意味です。賃金支払基礎日数とは、基本給が支払われた日という意味で、実際に働いた日とともに有給休暇の日も計算に加えます。






 

さまざまな事情を考慮して離職理由を判断

離職理由については、事業主が提出した離職証明書に記載されている離職理由をもとにそれを裏付ける客観的な資料を使って確認をします。それに離職者の異議がなければ、判断が下されます。異議がある場合は、離職者が離職票に記入した離職理由と客観的な資料で確認し、必要に応じて事業主と離職者から聞き取りをし、資料などをもとに判断をします。

失業保険の受給資格が得られるだけではダメ

受給説明会に参加を

失業保険の受給資格が決定すると、雇用保険受給者初回説明会の日時が知らされ、雇用保険受給資格者のしおりを手渡されます。そのしおりと印鑑、筆記用具などをもって、雇用保険受給者初回資格説明会に参加します。説明をよく聞いてください。続いて、雇用保険受給資格者証と失業認定申告書を渡されます。そして、第一回目の失業認定日を伝えられます。

4週間に1度は失業の認定を

失業保険の給付を受けるためには、失業状態が続いている必要があります。それを確認する作業が失業の認定です。4週間に1度行うように決められています。雇用保険受給者初回説明会で知らされた日にハローワークへ行き、求職活動の状況を記した失業認定申請書と雇用保険受給資格者証を提出します。

どのくらい求職活動をすべきか?

失業の認定を受ける期間中に少なくとも2回以上求職活動をしていないと、失業保険の給付は受けられません。また、自己都合退職者のうち一般受給資格者は、待期期間、給付制限期間、失業の認定対象期間に最低でも3回以上の求職活動が必要です。求職活動をしていないことがばれないようにうまくやろうと思っても、普通は簡単に見破られます。

求職活動が意味するもの

求職活動といった場合、求人情報の閲覧、仕事の紹介依頼だけでは条件に合いません。実際の求職活動が意味するものは、求人への応募、ハローワーク、届け出のある民間機関、公的機関などで職業相談をしたり、職業紹介を受けたり、講習やセミナーを受けたりした場合などです。また、再就職に役立つ国家試験や検定資格試験の受験も該当します。

すべての条件がそろえば失業保険の支給

19436412 257168194764813 4442469667084173312 n
kakei.booさんの投稿

ここまで書いてきた条件をすべて満たせば、失業保険が支給されます。支給時期は失業の認定を行ってから5営業日後です。再就職先が見つかるまでは、失業の認定を何度も行い、受給しながら、転職先を探していきます。失業保険の基本手当は離職の翌日から1年間給付されますが、それ以降は給付が止まるので、早く就職先を見つける必要があります。

就職できた人には再就職手当の支給

失業保険の給付日数の残りにより支給

26868917 1214246132039592 5849170240771981312 n
dgu.dctさんの投稿

失業保険の所定給付日数が3分の1以上残っている場合に再就職すると、再就職手当が支給されることがあります。条件はいくつもありますが、再就職手当が支給されると、残りの失業保険の支給額がまとめてもらえます。3分の1以上の給付期間が残っているという条件ですから、90日の給付期間の人の場合は30日以上残っていればOKです。

再就職手当が支給される条件その1

再就職手当を受給する条件は、所定給付日数の残りの期間だけではありません。次の勤務先に1年以上勤務することが間違いないこと、就職してすぐに退職しないことです。すぐに退職しても再就職手当の支給は認められますが、退職後に再び失業保険の給付を受けるときに、再就職手当でもらった金額分の日数が給付日数からマイナスされます。

再就職手当が支給される条件その2

16464884 1885351375043331 4330395025230790656 n
tomato1319さんの投稿

過去3年間に再就職手当または常用就職支度手当の支給を受けた人は、再就職手当をもらえません。常用就職支度手当とは、再就職までに時間がかかりそうな人のための手当です。再就職によって所定給付期間の残りが3分の1以上なくても支給されます。いずれにせよ3年間の猶予がないと、新たに再就職手当を受給できません。

再就職手当が支給される条件その3

29415230 905006553013480 1379835411517407232 n
takasinapharmacyさんの投稿

いままでに挙げた条件のほかにも再就職手当が支給される条件はあります。前の雇用主に雇われないこととか待機期間終了後に再就職すること、退職前に決まった職場に就職しないこと、雇用保険の被保険者要件を満たすことなどです。雇用保険の被保険者要件とは、1週間の所定労働時間が20時間以上で31日以上雇雇用見込みがある場合を言います。

順を追って再就職手当の受給手続きを

申請までの期限について

29739018 1925880651035889 5363243890079956992 n
okakih_artさんの投稿

再就職手当の申請は、就職の翌日から1か月以内に行います。たとえば、就職日が4月8日なら、4月9日から5月8日までの期限に再就職手当の申請をしなければいけません。

ハローワークと就職先での手続きが必要

再就職手当の申請方法は以下の通りです。まず、就職先から採用証明書を受け取り、ハローワークに出します。次に、ハローワークから再就職手当支給申請書を受け取ります。その書類を就職先に提出し、証明をもらいます。最後に、証明がされた再就職手当支給申請書を雇用保険受給資格者証とともにハローワークに提出します。郵送でもOKです。

失業保険の基本手当の不正受給はばれると大変

不正受給がばれると減額はあり?

21372071 1909876622670518 4888889933630013440 n
sayaya070さんの投稿

失業保険の不正受給がばれると、支給が減額になるのではありません。支給そのものが打ち切られます。ばれると減額で済むのかと思っている人は当てが違います。もしばれないだろうと思って不正受給している人は、ばれないようにばれないようにとやきもきしながら生活をしていくので、安穏な日々を送ることができません。

ばれるとどんな処分がある?

失業保険の基本手当を不正受給してその事実がばれると、厳しい処分が下されます。不正受給判明以降の基本手当が打ち切られるのはもちろん、これまでに支給された基本手当の全額返還が求められます。それだけではなく、これまでに支給された金額の2倍の額が徴収されることもあるので、ばれることを考えて不正受給はしないことです。

ばれないならいいの?不正受給

26065726 171985496741453 2981159859833012224 n
satoru_koumotoさんの投稿

失業保険の不正受給がばれないならそれでいいのかという問題ですが、不正受給分の金額の返還請求権は2年で消滅します。つまりばれない状態のまま2年間経過すると、いわゆる3倍返しの必要はなくなるのです。なんだばれないならそれでいいのかという人もいるでしょう。しかし、現実にはばれない可能性は低いので、ばかな真似はよしましょう。

不正受給の具体的な例

このくらいならばれないだろうと思って不正受給するのでしょうが、必ずばれると考えるべきです。たとえば、求職活動をしていないのにしていると申告する、パート・アルバイトを含めて、仕事をしたことを申告をしないか虚偽申告する、再就職の日付を偽って申告する、自営業の開始事実を申告しない、内職や手伝いをしたこと申告しないなどはいけません。

不正受給がばれないと思う理由

18644817 106765579913004 7204338362323304448 n
neco595959さんの投稿

不正受給がばれると大変ですが、処罰規定があるのにわざわざ不正受給をするからにはばれないと思うそれなりの理由があるからでしょう。しかし、それほどではなくても軽い理由でばれないと考える人がいます。「このくらいのアルバイトなら」「ちょっと手伝ったくらいなら」「研修期間中だから」などの理由ですが、やはり申告すべきです。

収めるべき金額を納めないとさらに厳しい罰則が

11243850 1636648543219362 1061984091 n
remio39さんの投稿

失業保険の不正受給がばれるケースでは今までに支給された金額とその2倍の金額が徴収される場合がありますが、その金額を支払わないと、さらなる罰則が科せられます。延滞金を科せられ、それでも支払いを行わないと、財産の差し押さえにまで発展することがあります。くれぐれもばれないなどと高をくくらず、申告すべきは申告しましょう。

失業保険の不正受給はなぜばれる?

失業保険の不正受給がばれないと思っても、そうはいきません。意外なことでばれることが多いです。アルバイト先で雇用保険に加入したらばれる、事業所調査、抜き打ち調査などでばれる、聞き取り時にうっかり漏らしてばれる、密告でばれるなどです。この中で一番多いケースは密告です。密告でもほかの理由でもばれると不正受給となり、処分されます。

アルバイトなどの申告は正確に

29092474 180363602689961 7630784419602628608 n
0224.sakuraさんの投稿

失業保険の不正受給には重い罰則がありますから、ばれないようになどと考えず申告は正確に行いましょう。研修期間などのように収入がない期間でも申告の必要があります。申告をしても、支給の日にちが減るわけではありません。アルバイトによっては支給額が減額される場合もありますが、不正受給のデメリットに比べれば大したことはありません。

失業保険の受給中にアルバイトをするとどうなる?

29737805 977525992424957 4589823921926176768 n
kt_mos.s2.pq3uさんの投稿

失業保険の受給中にアルバイトをしてはいけないという規則はありません。実際にハローワークの規定にも厚生労働省のルールにもそのようなことは書かれていません。しかし、失業保険の受給中に一定の収入が得られるということは、微妙に支給条件に影響があるので、詳しくは所轄のハローワークに問い合わせてみましょう。

Thumb失業保険の給付条件について!給付額や失業中のアルバイトについて

失業保険の時期により違うアルバイト規定

待機期間中はアルバイト不許可

28752570 208792683037368 856301811785531392 n
secret.020665さんの投稿

待機期間は失業保険の手続き開始後7日間に当たりますが、この期間はアルバイトであれパートであれ仕事は禁じられています。どうしてもアルバイトをしたい場合は申告をしなければいけませんが、申告をすると待期期間が後に引き延ばされます。待機期間が引き延ばされるのが嫌だから、ばれないように申告しないということは許されません。

給付制限期間中はアルバイト可能

失業保険の給付制限期間中はアルバイトが可能です。ただし、さまざまな条件があります。ハローワークによってその条件は違いますが、2週間くらいアルバイトを続けると、失業状態でないと判断される場合があります。また、週に20時間以上アルバイトをすると、失業保険の給付条件から外れます。アルバイトはOKとはいっても、ほどほどにしましょう。

失業保険の受給中のアルバイトその1

失業保険受給中のアルバイトにはいくつかに分類されます。まず1日4時間未満のアルバイトは、内職の一種とされ、失業保険の支給に影響はありません。ただし、アルバイトで得られた収入によっては、全額支給されたり、減額で支給されたり、不支給になったります。

失業保険の受給中のアルバイトその2

1日4時間以上週に20時間、7日以上アルバイトをした場合は、就業扱いされます。就業扱いになると、同じ失業保険でも就業手当が支給されます。就業手当が支給されるのならいいのかというと、支給額は失業保険の基本手当の30パーセントです。しかも上限がある上に、受け取った場合は所定給付日数も少なくなります。

就業手当を受け取らないことも可能だが

26221919 2005599676395124 4042627229941760000 n
dgu.dctさんの投稿

就業手当の金額が低いと思えば、受け取らないことも可能です。その場合は、失業保険の基本手当の支給が延期されます。しかし、失業保険の給付期間は退職日の翌日から1年間と決められているので、先延ばしにしても給付を受けられない期間が生じる恐れもあります。就業手当を受け取るか受けとらないか迷うところです。

失業保険受給中のアルバイトは隠してもばれる可能性大

アルバイトでも雇用保険に加入

27890584 2077605722518223 162748607336808448 n
cherir_0512さんの投稿

一定の要件を満たした場合は、事業主は労働者を雇用保険に加入させなければいけません。一定の要件とは、31日以上引き続き雇用が見込まれること、1週間の所定労働時間が20時間以上であることなどです。労働者が雇用保険の被保険者となったことはハローワークに伝えることになるので、失業保険受給中のアルバイトがばれないわけがありません。

マイナンバーからアルバイトがばれる場合も

29094200 220070572072618 606061769986670592 n
alpsさんの投稿

事業主は労働者が雇用保険に加入した場合は雇用保険被保険者資格取得届をハローワークに提出しますが、この書類には労働者のマイナンバーを記載します。一方、失業保険の受給手続きでもマイナンバーを利用します。したがって、マイナンバーから失業保険の受給者がアルバイトをしているかはすぐにばれるので、偽りの申告はしても意味がありません。

アルバイトをしたら失業認定申告書に記入を

失業認定申告書とは?

失業保険の給付は、失業状態が続いているという条件を満たして初めて行われます。それを確認する書類が失業認定申告書です。失業認定申告書には、求職活動、アルバイトなどの労働状況などを記入します。失業認定申告書による失業の認定は4週間に1度行われます。もしアルバイトをしているのにばれないように記入しないと、後で罰則が待っています。

失業認定日に失業認定申告書を提出

29093980 1868567443433185 2710607788114968576 n
tc6501さんの投稿

失業認定申告書は失業認定日に提出するのですが、第一回の失業認定日は雇用保険受給者初回資格説明会で知らされます。そのほかの確認方法としては、雇用保険受給資格者証の認定日の欄を見れば失業認定日がわかりますが、少し複雑な記載がされているので、読み解くのにコツが要ります。

雇用保険受給資格者証の認定日の欄

17126865 383677222002393 7628184139027447808 n
matsuinakaさんの投稿

雇用保険受給資格者証の認定日の欄には、「1型-月」「2型-火」などと出ています。これだけでは意味がわかりません。これを読み解くカギは失業等給付受給資格者のしおりです。そこに載っているカレンダーに週型と曜日型が記載されていて、その両方が交差したところが失業認定日です。

失業認定日に出席しないとどうなる?

4週間に1度ある失業認定日にハローワークに行かないと、4週間分の失業保険の支給がされません。損をするだけなので、失業認定日には是が非でもハローワークに行って、失業認定申告書を提出しましょう。支給されない分は後で請求できないのかと思う人もいるでしょうが、それはできません。

特別な事情があれば失業認定日の変更は可能

29715858 1000930546741726 4836327621350391808 n
07_03_askさんの投稿

急病にかかった、再就職先で面接があるなどのようにやむを得ない事情がある場合、失業認定日の変更はできます。しかし、あくまでもやむを得ない事情がある場合だけであり、そうでない場合は失業認定日の変更を受け付けてくれません。

失業認定申告書の書き方(アルバイトをした場合)

何らかの労働をした場合

29715067 316063435585914 7521364952301436928 n
miiiikakhanhookさんの投稿

失業認定申告書の第一項目は、失業認定日の前日までに仕事を行ったかどうかを記入する欄です。就職・就労はカレンダーに○印を、内職・手伝いは×印を付けます。就職・就労と内職・手伝いの違いには細かい分類方法がありますが、基本的には4時間以上仕事をすれば就職・就労、4時間未満の仕事なら内職・手伝いと見ておけばいいでしょう。

内職・手伝い(アルバイト)をした場合の収入

29716467 163110854308362 6592064738186756096 n
shin_stagram1129さんの投稿

次に、内職・手伝いをした人の収入を記載する欄があります。ここに、収入を得た日と収入の額、何日分の収入かを記入します。就職・就労の場合は収入を記載しませんが、就職・就労による収入がばれるとしても、失業保険の基本手当の支給が先送りになるだけなので、ここでは収入の多寡は問題ではありません。

求職活動状況を申告

失業認定申告書の次の欄は、求職活動について記載する部分です。求職活動の方法、活動日、利用した機関の名称、求職活動の内容などです。これらの求職活動以外で応募した事業所があれば、それも記載します。利用した機関については電話番号も記載するので、嘘をついてもばれる可能性が高いです。

仕事を紹介されたら応じる?応じない?

次の項目では、仕事をする意志があるかどうかの確認が行われます。ハローワークまたは地方運輸局から仕事を紹介された場合、すぐに応じるかどうかを返答します。応じられる場合は問題ないですが、応じられない場合はその理由も書き添えます。紹介された仕事が気に入らない場合もあるでしょうが、それだけなら「応じられる」に印をつけましょう。

就職または自営業を始める人

29716880 560918527605896 105581042143854592 n
garden_kyotoさんの投稿

失業認定申告書の5番目の項目は、就職または自営業についた人、あるいはその予定がある人が活動開始日を報告する部分です。また、就職先事業所の事業所名、所在地、電話番号も記入します。就職先が決まって仕事を開始したか自営業を始めた時を境に失業保険の基本手当の支給は停止されます。

アルバイトで失業保険が減額される条件

内職・手伝い(アルバイト)の場合には減額支給も

29737602 185830692210035 2868038667593580544 n
anondesignさんの投稿

1日4時間未満の労働は就職や就労ではなく、内職や手伝いに当たりますが、この内職や手伝いで得られる収入によっては失業保険の基本手当が減額される場合があります。せっかく失業保険の基本手当とアルバイト収入で稼ぎが増えたのに減額されるのではがっかりだという声も聞こえてきそうですが、決まりだから仕方ありません。

もう一度賃金日額をおさらい

13744188 1756810954556883 651820654 n
tsuchiiiiicoさんの投稿

賃金日額は直近6カ月の収入の合計を180で割って計算します。たとえば、1か月の収入が30万円の人は、30万×6÷180が賃金日額の数字です。この場合の賃金日額は1万円です。この賃金日額に給付率を掛けた数字が基本手当日額ですが、普通は給付率は45から80パーセントです。

賃金日額の80パーセント以上は減額

失業保険の基本手当が減額されるかどうかは、賃金日額で計算します。失業保険の基本手当日額とアルバイトの1日の収入が賃金日額の80パーセントを超えると、その分は基本手当日額から差し引かれます。上記の収入の人の場合は、賃金日額が1万円なので基本手当日額とアルバイトの収入の合計額が8000円を超えると、その分が減額されます。

アルバイト収入に適用される控除額

29092861 166975670625751 8275752082120638464 n
chunyiqiaobenさんの投稿

基本手当日額と1日のアルバイト収入の合計額が賃金日額の80パーセントを超えた場合に減額される失業保険の基本手当ですが、アルバイト収入には控除額が適用されます。2017年8月の控除額は1287円です。したがって、この章で紹介した人の場合は、賃金日額と1日のアルバイト収入の合計額が9287円を超えると、基本手当日額が減額されます。

アルバイトで失業保険が減額される具体例を紹介

基本手当日額が4400円、賃金日額が6000円の人を例にします。この場合は賃金日額の80パーセントは4800円で、これを基本手当日額と1日のアルバイト収入の合計が超えると、その分が基本手当日額から減額されます。もしアルバイトで4000円稼ぐと、そこから控除額を引いた数字と基本手当日額の合計が7113円なので、2313円減額されます。

アルバイトをしたほうがいい?しないほうがいい?

アルバイトをしないほうがいいかも

29738724 408820836196018 7075046536610054144 n
mocce_designさんの投稿

失業認定日の前日までの28日間は失業保険が支給されます。28日間一度もアルバイトをしなければ、上記の人の場合、基本手当日額の4400円×28=12万3200円が支給されます。1日アルバイトをすると、4400×27+(4400-2313)×1=12万887円の収入です。アルバイトをすると損をするからばれないように申告しないというわけにはいきません。

アルバイトで失業保険が減額された場合

29087075 313600485833375 6409596106337943552 n
tc6501さんの投稿

たとえ失業保険の基本手当が減額されても、支給されている事実に違いはありませんから所定給付日数は減っていきます。やはり所定給付日数が減るのが嫌だからばれないようにアルバイトの申告をしないというのでは、重い処罰が下される恐れがあります。減額されて所定給付日数も減るのが嫌なら、アルバイトはしないことです。

アルバイトで失業保険の基本手当の支給なし!本当?

36136654 972432756262710 6580226708807352320 n
keshikaranさんの投稿

基本手当日額と1日のアルバイト収入(控除額を引く)とを合計した金額が賃金日額の80パーセントを超える場合、失業保険の基本手当が減額になると書きましたが、アルバイト収入だけで賃金日額の80パーセントを超えると、減額ではなく無支給になってしまいます。無支給となってもアルバイトをするかどうかはよく考えて答えを出してください。

4時間以上の労働なら支給繰り越し

20482229 382000228869396 5534727004902916096 n
pikotococo7439さんの投稿

1日の4時間以上労働をした場合は、就職・就労と見なされ、失業保険の給付が繰り越されます。支給そのものがなくなってしまうわけではなく、後へ延期されるだけです。その分給付が終わるまでの期間も延長になりますが、給付される金額自体は変わりません。ただし、雇用保険の加入要件に合致しているアルバイトの場合は、失業保険の支給は行われません。

失業保険の減額や無支給を避けるために

10610971 445258715614795 325744278 n
buddyoptical_designerさんの投稿

1日4時間以上のアルバイトをすれば失業保険の給付が先延ばしになるだけなので、減額や無支給とならないためにはこの方法を選択する手があります。ただし、雇用保険の加入要件を満たすと支給が停止されるので、1週間に20時間以上はアルバイトをしないほうがいいです。また、1日4時間未満のアルバイトでも減額されない程度に抑えることも可能です。

失業保険の受給中にできるアルバイトを探す方法

29714680 394041404403003 6872540495050964992 n
sekidagayaさんの投稿

短期アルバイトを求人誌で探すのは大変です。失業保険の支給に影響が出ないような職種を選ぶのに一苦労します。したがって、求人誌ではなく、求人サイトで検索をするほうがおすすめです。条件を絞って検索できるので、ぴったりの仕事が見つかる場合もあります。失業保険受給中の人が利用しやすい求人サイトは、ショットワークスやアルバイトEXです。

アルバイトは必ず申告を!ばれないわけがない

17438834 1885626505055739 9124203196200255488 n
kiiiiiiiiiiiiyostoryさんの投稿

アルバイトをしたら失業認定申告書で必ず申告をしましょう。不正受給のコーナーで説明した通り、ばれないだろうと思ってアルバイトの事実を申告せずにばれる場合は、不正受給となり、厳しい罰則が科されます。その罰則も守らないと、最終的には詐欺罪で告発されることになり、前科がついてしまう場合もあります。そうなれば、その汚名は一生消えません。

失業保険受給中のアルバイト!注意すべきことがたくさんあり

29417068 561946347512304 8320048991832113152 n
bld_fujimaruさんの投稿

今回は失業保険の基本的な説明とともに失業保険受給中のアルバイトの是非について解説しました。失業保険受給中でもアルバイトをして構いませんが、必ず申告をする必要があります。ばれないだろうと思っても以外にばれるものです。ただ、ルールさえ守ってアルバイトをすれば、失業保険も減額されず、アルバイト収入も得られるので生活が潤います。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ