終身保険おすすめランキング!安い保険料で人気の通販型も充実!

終身保険の加入を検討したことはありますか?一生涯保障はおすすめの長所ですが、生命保険よりも保険料が高いのが難点です。加入に際してはランキングと併せてメリット、デメリットも把握する必要があります。検討ポイントを交えながら、終身保険おすすめランキングを紹介します。

終身保険おすすめランキング!安い保険料で人気の通販型も充実!のイメージ

目次

  1. 終身保険のおすすめランキングを紹介
  2. 終身保険と定期保険の違い
  3. 終身保険のメリット
  4. 終身保険のデメリット
  5. 終身保険を決めるときのポイント
  6. 終身保険おすすめランキング15位:新せいめい共済終身プラン
  7. 終身保険おすすめランキング14位:ずっとあい終身生命
  8. 終身保険おすすめランキング13位:一生保障の終身保険
  9. 終身保険おすすめランキング12位:アフラックの終身保険どなたでも
  10. 終身保険おすすめランキング11位:未来の自分が決める保険WAYS
  11. 終身保険おすすめランキング10位:バリアブルライフ変額保険終身型
  12. 終身保険おすすめランキング9位:長生き支援終身
  13. 終身保険おすすめランキング8位:持病があっても!終身保険
  14. 終身保険おすすめランキング7位:アフラックの終身保険
  15. 終身保険おすすめランキング6位:終身保険つづけトク終身
  16. 終身保険おすすめランキング5位:ネオdeトリオ
  17. 終身保険おすすめランキング4位:こだわり終身保険v2
  18. 終身保険おすすめランキング3位:新RISEサポート
  19. 終身保険おすすめランキング2位:アクサダイレクトの終身保険
  20. 終身保険おすすめランキング1位:終身保険RISE
  21. おすすめ終身保険で将来の安心を

終身保険のおすすめランキングを紹介

26269550 266427560557032 4751611259747565568 n
yuma242693さんの投稿

生命保険の一つである終身保険、加入している方も多いと思います。生命保険より保険料が高くなりますが、一生涯の保障と確実に保障金を受け取れるシステムが魅力です。ネット通販型の終身保険も登場し、終身保険の幅はますます広がりつつあります。おすすめの終身保険をランキングにしてご紹介します。

終身保険と定期保険の違い

28156656 205274543548095 7239768612699897856 n
mini.miiiuさんの投稿

終身保険のおすすめランキングに行く前に、終身保険と定期保険の違いについて把握する必要があります。両者の最大の相違点は「一生涯保障か否か」です。どちらが良い悪いではありません。自分の年齢や収入、世帯の状況などを判断材料として、より適している保険を選択することが大切です。

一生涯という安心感・保障期間の違い

終身保険は一生涯の保障です。保険料の満期は指定もできますし終身にすることもできます。保険料を早くに払い終えていても、保障は一生涯続きます。対して定期保険は、保障される期間が決まっています。定期保険自体も、短いと一年物などもあるので、その都度更新の手続きが必要になります。生涯を通して守ってくれる生命保険は魅力です。

少しでも安いほうが嬉しい・保険料の違い

35516771 252034652221981 8064162614227238912 n
anzunboさんの投稿

終身保険は、生涯保障してくれる代わりに保険料は高いです。対して定期保険は掛け捨て型が主流ですので保険料は安いです。保険期間が短いので、病気リスクが低い若年層の保険料はずば抜けて安いです。終身保険は、通販型の安いプランも豊富に登場していますが貯蓄型ということもあり高いです。さらに加入時の年齢が高いほど保険料も高いです。

掛け捨てって損じゃない?・返戻金の違い

16585018 307675339635123 5080157342855593984 n
machiko2028さんの投稿

終身保険の重要なメリットでありおすすめポイントと言えるのが、満期解約時の返戻金です。貯蓄型生命保険の魅力的な点です。要は死亡時等の経費を積み立てていく形になります。医療保険などの組み合わせにもよりますが、ごくシンプルなプランであれば返戻率は100%以上で、納めた以上の返戻金を受け取ることができます。

Thumb保険は掛け捨てと積立どっちが得?メリット・デメリットを調査!

終身保険のメリット

一生涯の保障で老後も安心

29740563 2046600695557698 5789539730878103552 n
table_top_mountainさんの投稿

終身保険の大前提である「一生涯の保障」は、最大のメリットと言えます。定期の生命保険は加入年齢の上限を60歳から65歳までとしていることが多く、保障期間は長くても80歳までです。医療の発達している日本において、80歳以降に初めて病気になったり死亡することは大いにあり得ます。自己資金で賄うか、途中で保険を見直す必要があるのです。

しかし終身保険の特徴として、加入年齢が高いほど保険料も高くなります。20代から30代で加入していれば5千円前後のプランも豊富ですが、50代を過ぎると安くても1万円近くなり、60歳を超えると1万超がほとんどです。死亡時受取金は100万円から200万円の場合の金額なので、手厚い500万円以上はさら高くなります。見直しの時期が重要になります。

保険料が生涯変わらない

16585244 264705990627151 3165958966706438144 n
kaimuramatsuさんの投稿

終身保険の2つ目の特徴として、保険料が生涯変わらないという点が挙げられます。一定期間だけなく、生涯を通して支出の見通しが立てやすくなります。若いうちに加入しておけば、安い保険料のままという点もメリットです。かといって、20歳加入を例にとれば、定期保険と終身保険の保険料の差はかなり大きいです。「いつ切り替えるか」が争点です。

高い貯蓄性とより多く戻ってくる返戻金

20987449 1110822979069353 4327626772779630592 n
kakei.3035さんの投稿

終身保険のメリットは貯蓄型であることです。そのため、終身保険を学資保険などに活用する方もいます。そもそも生命保険とはいざという時の備えであり、十分な貯蓄を有している人は不要です。掛け捨てであればなおのことです。

しかし終身保険は、高い返戻率というメリットがあり、解約時に納付額+αの返戻金を受けることができます。また、終身保険は生命保険として、年末調整時の控除の対象にもなります。引き出したりはできませんが、同じ金額を貯蓄として持つよりおすすめです。自分自身だと貯蓄ができないという方にはとても有効な手段です。

終身保険のデメリット

中途解約できない?元本割れが発生する

21689832 139651926643526 6131581593367609344 n
ringo_igさんの投稿

終身保険のデメリットは、途中解約時に絶対的に元本割れすることです。終身保険の保険料が安いプランや通販型では、「低解約払戻金型」に該当するものが多くあります。低解約払戻期間というものを設けており、その期間内に解約した場合には、返戻金はほぼありません。高い掛け捨ての生命保険を解約した形になってしまいます。

保険の見直しがしにくい

26868723 416952845394368 4882076436166344704 n
tobehtさんの投稿

途中解約すると元本割れが発生するので、途中解約がしにくいです。そのため、保険の見直し自体がしにくいというデメリットがあります。結婚や出産、転職など、人生には様々な転機があり保険はそのタイミングで見直すことがベストです。若い時に「これなら払っていける」と加入した金額が、世帯を持って家計を圧迫することもあるのです。

Thumb終身保険のメリット・デメリットを解説!貯蓄性が高く資産形成に役立つ!

終身保険を決めるときのポイント

終身保険加入の目的を明確にしよう

18809134 306634483097996 334021651014352896 n
yukimojaさんの投稿

終身保険に限らずですが、生命保険や医療保険を検討する際には「なぜその保険が必要なのか」をじっくりと考えましょう。「終身保険に入っておけば一生涯保障されるから」という曖昧な理由ではいけません。終身保険は死亡時や重度障害時の保障ですから、医療は保障されません。「じゃあ医療特約も」と気軽に申し込んで予算オーバーということも。

18950094 137777306786349 1176235888464625664 n
suzu_bodさんの投稿

例えば、老後暮らす分には十分な貯蓄があるけれど、がんなどの大病を患い医療費が高額になったときが心配という場合には、終身保険より医療保険とがん保険を検討したほうが良いでしょう。子供も自立したから、葬儀費用分を貯えたいという場合には、低解約払戻金型の終身保険でも十分です。保険加入の目的を定め、揺るがないようにしましょう。

終身保険は見直しがしにくいことを考慮しよう

28432901 834034430116484 2124993734654296064 n
heartful_hokenさんの投稿

若い時の掛け捨ての生命保険保険料はとても安いです。死亡時の保障金が安いプランであれば千円を切るものもあります。それに比べて終身保険は、一生涯変わらないとはいえ若い時から高い保険料です。例えば20代男性が保険金額1千万、保険料月2万円の良質なプランに入ったとします。若い時は支障のない支出です。

29416655 2004363679819662 3736791963232370688 n
yuna23mamaさんの投稿

その後結婚、出産となり、男性は一家の大黒柱として医療保険にがん特約や先進医療特約をつけたとします。奥様は小さい子供の子育てで仕事はまだできず、男性の収入で生活費をやりくりします。保険は奥様も子供も必要。加えて学資保険も検討するかもしれません。保険料は何倍にもなります。結果、月2万の終身保険に苦しむこともあるのです。

終身保険おすすめランキング15位:新せいめい共済終身プラン

29088296 1790670104561697 6454567622267633664 n
kojikoji0712さんの投稿

生命保険ではなく共済ですがおすすめなのが、全労済の「新せいめい共済終身プラン」です。30歳男性が保険金額500万円で加入した場合、保険料は1万以下です。保険金額を300万円にすると、月々の保険料は5千円台まで下がります。医療特約を付帯することもでき、合わせても1万円いきません。安い保険料で安心の内容です。

新せいめい共済のおすすめな点は、不慮の事故で死亡した場合の保険金額が倍になることです。また、オリジナルのサービスが「いきいきボーナス」です。払込満了後に元気でいれば、5年ごとにボーナスを受け取ることができます。先述の設定で払込期間を60歳までにした場合、保険料は6千円台に上がりますが、65歳以降5年ごとにボーナスがもらえます。

終身保険おすすめランキング14位:ずっとあい終身生命

21577127 303087290166762 3022176226279161856 n
tokiko03さんの投稿

「ずっとあい終身生命」はコープ共済で提供している終身生命共済です。生命保険ではありませんがこちらもおすすめです。低解約払戻金型ではないので、万一途中解約した場合も一部返戻金を受け取れます。元本割れは必至です。30歳男性が加入した場合、全労済と同じ程度か多少安いです。保険金額500万円でも8千円台と安いです。

ただし、保険金額が最低でも300万円なので、これ以上下げることができません。45歳以上から200万円プラン、60歳以上から100万円プランが登場します。男性の場合はいいですが、女性で100万円から200万円の保険金額で十分という方にはおすすめできません。コープ共済は、プランが必要最低限で分かりやすいのが利点です。

終身保険おすすめランキング13位:一生保障の終身保険

16229157 208560069613821 1937806222237368320 n
nao.my_homeさんの投稿

アクサ生命が展開している「一生保障の終身保険」は、様々な特約を付帯してプランを形成できる点がメリットです。例えば重病による就労不能などに給付金が出ます。その分保険料が高めです。例えば30歳加入男性で保険金額500万円の場合は、月々約1万2千円です。ただし、低解約払戻金の特則を付ければ保険料を少し抑えることは可能です。

終身保険おすすめランキング12位:アフラックの終身保険どなたでも

28751059 1847946895235528 7861641243929870336 n
amim0141さんの投稿

「アフラックの終身保険どなたでも」は満40歳から80歳の人が加入できる保険です。「どなたでも」とある通り、健康状態に関わらず加入できる点が最大のメリットです。もちろん掛け捨てではありませんし、解約返戻金も受け取れます。40歳男性で100万円受取の場合は保険料が約4千円です。保険料は2千円から千円単位で決められます。

終身保険おすすめランキング11位:未来の自分が決める保険WAYS

27579792 945558248952965 2094876629405794304 n
yu_lifekakitagawaさんの投稿

アフラックが提供するオリジナリティのある生命保険が「未来の自分が決める保険WAYS」です。最大の特徴は、未来に用途を変えられることです。最初は死亡保障で契約し、60歳時点で死亡保障で継続するか、老後年金、介護年金、医療保障のいずれかに切り替えることができるんです。

保険料もそれほど高くないところが魅力です。30歳男性で保険金額500万円、払込期間60歳までで月々約1万2千円です。保険金額を300万円に変更したり、払込期間を引き上げれば1万円以下にできます。アフラックはネット完結の通販型でなく、資料請求や電話での相談、窓口での商品説明が行き渡っている点が魅力です。

終身保険おすすめランキング10位:バリアブルライフ変額保険終身型

36614759 209866129671060 5075642434579333120 n
yuu.2828さんの投稿

保険料が一生涯変わらないのが終身保険のメリットである中、それを打ち破ってきたのがソニー生命の「バリアブルライフ変額保険終身型」です。投資型の生命保険と言えます。インフレになれば返戻金が大幅に増える可能性を秘めています。以前は保険料が非常に安いプランで人気でしたが、値上がりしたので、投資に興味がある方におすすめです。

終身保険おすすめランキング9位:長生き支援終身

13628018 1110239942370016 1019486102 n
misaki.nksnさんの投稿

東京海上日動あんしん生命が提供する「長生き支援終身」は、低解約払戻金型の終身保険です。保険金額の幅が広く、200万円から5千万となっています。通販での申し込みが可能なのは、払込期間が60歳までで、健康祝金のないタイプです。30歳男性で保険金額200万円60歳まで払込みで、月々約5千円です。東京海上から出た優しいプランです。

終身保険おすすめランキング8位:持病があっても!終身保険

FWD富士生命が展開する「持病があっても!終身保険」は、「どなたでも」と同じく、健康状態を一切問われることなく誰でも加入できる終身保険です。ガンや脳卒中といった重い病気と闘っている方も加入可能です。加入は40歳以上になりますが、40歳男性保険金額300万円(上限)で、月々1万円弱です。50歳100万円なら5千円以下という安さです。

終身保険おすすめランキング7位:アフラックの終身保険

21879355 1565851100124371 6044129118553899008 n
misakko.koさんの投稿

「アフラックの終身保険」はとてもスタンダードな保険です。保険料は一生変わらず、死亡保障が一生涯続きます。返戻金も、途中解約は元本割れながら受領でき、満期時は100%以上の返戻率で返戻金を受け取ることができます。終身保険の模範的プランです。また、保険料が安いのも魅力です。30歳男性で保険金額500万円でも8千円台が可能です。

終身保険おすすめランキング6位:終身保険つづけトク終身

1517162 860059424074451 2001083140 n
holy0131さんの投稿

通販型の中でも勢いのあるメットライフ生命が提供するのが「終身保険つづけトク終身」です。保険金学は200万円、300万円、500万円、1千万円の4つから選択できます。また解約返戻金の受け取り方法も一括か年金か選択できます。そして通販型のメリット、保険料も安いんです。

払込期間が60歳まで、70歳まで、90歳までの3つから選択できるのですが、仮に30歳男性で保険金額500万円、70歳まで払込みにした場合、保険料は約1万2千円。保険金額を300万円にすると約7千円です。これをさらに、ほぼ終身に近い90歳まで払込みにすると月々約6千円!もちろん払込満了前に万が一のことがあってもしっかり保障されます。

終身保険おすすめランキング5位:ネオdeトリオ

第一生命グループであるネオファースト生命が展開してる通販型商品「ネオdeトリオ」は低解約払戻金型の終身保険です。通販型と低解約払戻金型という2点により、安い保険料を実現しています。30歳男性で、保険金額は100万円ですが、死亡保障に加え三大疾病の保障もついて月々約2千円です。保険金額200万円でも約4千円です。

三大疾病の保障がついてこの保険料というのが最大の魅力です。しかし保険金額は低いので、ほかの終身保険や生命保険、医療保険と抱き合わせて使うのが効果的です。そして、低解約払戻金型であることを理解し、掛け金も低いことから、中途解約を全く前提としない積み立て口として利用するのがおすすめです。

終身保険おすすめランキング4位:こだわり終身保険v2

マニュライフ生命が提供する「こだわり終身保険v2」も、ネオdeトリオと同じく、通販型かつ低解約払戻金型を活かして安い保険料を実現している終身保険です。ほかにはない割引としては、非喫煙者の場合保険料が安くなります。30歳男性で保険金額500万円終身払いで、月々約6千円、三大疾病特約をつけても月々約8千円です。

ただし、保険金額が500万円、1千万円、2千万円の3択しかなく、これ以上安くすることはできません。通販型でありながら、最大金額2千万円ときっちりとした備えを目指している保険と言えます。ちなみに保険金額1千万円で月々約1万2千円です。これだけの金額の保障を1万強でできるのは、通販型、低解約払戻金型のなせる技です。

終身保険おすすめランキング3位:新RISEサポート

オリックス生命「終身保険RISE」の、誰でも入れるプランとして誕生したのが「新RISEサポート」です。過去に入院や手術歴があったり持病があっても、4つの告知事項に該当しなければ医師の審査なしで申し込むことができます。保険料も安く、30歳男性で保険金額200万円の場合約4千円です。持病アリでも最高1千500万円まで保障してくれます。

終身保険おすすめランキング2位:アクサダイレクトの終身保険

20838698 1883404131988221 2574017309727260672 n
t_fam4214さんの投稿

通販型の代表格であるアクサダイレクト生命が提供するのが「アクサダイレクトの終身保険」です。死亡時の保障は200万円から4千万円まで!この厚い保障で、実はこちらも低解約払戻金型です。30歳男性で保険金額200万円の場合、月々の保険料は約2千円です。もはや生命保険や定期保険とほぼ変わらない金額です。

アクサダイレクトの魅力はサービスにあります。健康に不安があるとき、医師や看護師にいつでも電話で相談することができます。育児相談も受け付けているので子育て中の夫婦には嬉しいサービスです。さらには名医が無料でセカンドオピニオンを引き受け、必要に応じて専門医につないでくれます。さすが通販型№1です。

終身保険おすすめランキング1位:終身保険RISE

17332429 1173756986084296 5994467657250766848 n
t0m0_homeさんの投稿

長い間多くの人に支持されている終身保険が、オリックス生命の「終身保険RISE」です。保険金額と保険料払込期間の選択肢が多いことが魅力です。月々に支払える金額から逆算して設定することができます。保険金額はアクサダイレクトを超える200万円から最大5千万円の中で選択可能です。

返戻率も高く、30歳からの加入でも長く持てば120%を超えます。払込満了を60歳に設定した場合、満了直後で既に109%の返戻率です。貯蓄性が飛びぬけて高いと言えます。もちろん保険料の安さも魅力です。30歳男性で最安の保険金額200万円終身払いの場合、保険料は3千円未満です。保険金額500万円で約6千円。安定した人気を維持しています。

Thumbオリックス生命の評判は?口コミや他社との比較から保険の人気度を探る!

おすすめ終身保険で将来の安心を

20393756 371421149940295 2015129355985879040 n
house_strawberryさんの投稿

おすすめの終身保険についてランキング形式でご紹介してきました。インターネットでの申し込みが可能になり、終身保険のみならず保険、共済のプランが増加、多様化しています。どのプランが自分や自分の家族に適しているのか見極め、時には専門家の意見を仰ぎながら選択していきましょう。今も将来も安心の保険選びを目指しましょう。

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ