頂きたく存じますの正しい意味と使い方とは?二重敬語になるの?

社会人ともなるとビジネスマナーを求められる時は多くあり、「頂きたく存じます」は多くの場で使う言葉です。意味や使い方を理解しておかなければ、間違った使い方をして失礼に当たる場合もあります。ここでは「頂きたく存じます」の使い方や意味、類義語についてまとめています。

頂きたく存じますの正しい意味と使い方とは?二重敬語になるの?のイメージ

目次

  1. いつ使う!頂きたく存じますは使ったことある?
  2. どう考える?頂きたく存じますは二重敬語なのか
  3. まず確認!頂きたく存じますの意味は?
  4. 教えて!頂きたく存じますの正しい使い方は?
  5. 大人として知る!頂きたく存じますの使い方を紹介!
  6. 頂きたく存じますの使い方1:アポイント編
  7. 頂きたく存じますの使い方2:書類関係編
  8. 頂きたく存じますの使い方3:質問編
  9. 頂きたく存じますの使い方4:資料の送付編
  10. 頂きたく存じますの使い方5:訪問編
  11. 頂きたく存じますの使い方6:お断り編
  12. 代用は出来る?頂きたく存じますの類義語!
  13. ビジネスマナーとして!二重敬語となるものは?
  14. 注意して!漢字で失礼になる場合もある
  15. よく使うメール!ビジネスマナーが求められる
  16. 話すときも必要!普段でも使うべき言葉は?
  17. 印象が悪くならないように!敬語は正しい使い方で

いつ使う!頂きたく存じますは使ったことある?

頂きたく存じますは多くのタイミングで使うビジネスマナーとして知っておくべき言葉です。学生であれば必要はあまりないかもしれませんが、社会に出るとビジネスマナーは求められることが多くなります。頂きたく存じますの類義語や二重敬語とは何なのかなど、意味や正しい使い方について解説をしていきます。

どう考える?頂きたく存じますは二重敬語なのか

頂きたく存じますは、ビジネスマナーとしてよく使う事が多い言葉です。会社に勤めている人など社会人にもなると敬語は非常に使う事も多くなり求められる要素です。ですが、間違った敬語の使い方として二重敬語というものがあります。

二重敬語は失礼にあたる場合もありますし、知識として二重敬語の事を知っておくことは必要です。では、頂きたく存じますは二重敬語なのかという質問は多くありますが、頂きたく存じますは二重敬語には当たりませんので安心してください。

まず確認!頂きたく存じますの意味は?

28764039 1660598040724459 8378609479343669248 n
cana_possibiliteさんの投稿

頂きたく存じますは、ビジネスマナーとしてよく使う言葉です。今まで使う機会がなかった人も社会人となれば使う機会は確実に増えます。ビジネスマナーとして意味や使い方、二重敬語にはなってないか、そして類義語は何なのかは知っておく必要があります。

では、頂きたく存じますはどういう意味なのでしょうか?頂きたく存じますの意味は、何かをしてほしいという意味で、お願いをしている言葉となります。意味をしっかりと理解して使わなくては失礼になる場合もあるので注意してください。言葉の意味は理解をして使いましょう。

教えて!頂きたく存じますの正しい使い方は?

29092885 1738673339582707 6916155209337012224 n
tsuzukifarmさんの投稿

敬語は二重敬語など、意味や使い方を理解しておかなければ失礼に当たる場合があります。類義語もあるので知識として知っておいて確実に損はありません。頂きたく存じますの正しい使い方を知っておきましょう。

29093395 159653548084129 620077429389524992 n
minno.kirokuさんの投稿

頂きたく存じますの正しい使い方は、上司など上の人に対してお願いをするときに使う言葉です。普通に話すときにはあまり使用はされないものですが、社会人になると文面で何かを伝える事も増えます。その際に頂きたく存じますは使う事が増えるので知っておいて下さい。

大人として知る!頂きたく存じますの使い方を紹介!

29401438 163498717687124 3574992423408893952 n
jung_jinsu_さんの投稿

頂きたく存じますという言葉は多くのシーンで使用される言葉です。意味や使い方を間違えてしまうと逆に失礼になる事もありますので、目上の人に使う言葉ですし、正しい使い方を知ったうえで頂きたく存じますは使うべきです。

ここからは、頂きたく存じますをよく使う事が想定されるシーンを想定して、実際の使い方やビジネスマナーとしての使い方などを解説していきます。これから社会人となる人も、すでに会社勤めの方も目を通していただき知識として覚えておいてください。

頂きたく存じますの使い方1:アポイント編

ビジネスマナーとしての使い方

29089432 1785683688149752 3933774852942462976 n
shukochokoさんの投稿

まず解説する頂きたく存じますの正しい使い方は、アポイントの場合での使い方についてです。アポイントは営業マンであれば非常に使う機会も多くなりますし、営業職というものは多くの人が就く職業ですので必見です。

頂きたく存じますの使用事例

アポイントは実際に会って話がしたいという事です。お会いする時間を頂きたく存じますといったように、こちらからお願いをすることなので丁寧に使いましょう。類義語として頂ければ幸いという敬語も二重敬語にもならず使える敬語です。

頂きたく存じますの使い方2:書類関係編

ビジネスマナーとしての使い方

26868137 186905281907243 530500590736769024 n
caleraweddingさんの投稿

次に解説する頂きたく存じますの使い方は、書類関係です。これは非常に使う機会が増えますので必ず覚えておいてください。書類は通常の話すものとは違い形として残るものですのでしっかりとした使い方をしましょう。

頂きたく存じますの使用事例

26865243 190027778257876 7140031053950877696 n
kashin.kashinさんの投稿

見積書を受け取りたいときにも使用しますし、その時の使い方としては送ってほしい場合はお送りくださいではなく、お送り頂きたく存じますが正解です。ビジネスマナーが非常に求められるシーンですので気を付けましょう。

頂きたく存じますの使い方3:質問編

ビジネスマナーとしての使い方

26265511 210500049525217 3041007454553899008 n
reo_asahinaさんの投稿

次に紹介する頂きたく存じますの正しい使い方は、何か質問をするときの使い方です。質問は話す場合だとそこまでかしこまる必要もないですが、目上の人に教えを求める事がほとんどですので、知っておいた方が良いでしょう。

頂きたく存じますの使用事例

24327471 1989657834610630 142419668131381248 n
keihiramatsuさんの投稿

正しい頂きたく存じますの使い方は、教えてくださいではなくお教え頂きたく存じますが正解です。これもビジネスマナーですし、二重敬語にもなりません。教えてもらうという事は相手の時間もとることになりますので、本質まで意味を理解して正しい頂きたく存じますの使い方をしましょう。

頂きたく存じますの使い方4:資料の送付編

ビジネスマナーとしての使い方

23668229 150798099004406 8276928422123405312 n
_sulheee.6v6_さんの投稿

次の頂きたく存じますの正しい使い方は、資料を送るときです。資料を送る機会は特に社会人になると非常に増えていきます。社内だけに限らず、社外にも送ることは非常に多くなりますのでビジネスマナーはしっかりと身につけておくべきです。

頂きたく存じますの使用事例

23098897 624984427891357 1909049655254056960 n
yuu_libraryさんの投稿

送った資料は見てもらわなければ意味がありません。その場合はご高覧頂きたく存じますが正解です。二重敬語なのかと感じてしまうほど固く感じますが、二重敬語ではないので安心してください。類義語など敬語は難しい選択にもなるときはありますが、送る前には確認をしてから資料は送付しましょう。

頂きたく存じますの使い方5:訪問編

ビジネスマナーとしての使い方

25013950 132253094123063 6784832697316409344 n
biancashibuyaさんの投稿

次に頂きたく存じますの正しい使い方は、訪問をするときの使い方です。先程アポイントの時の使い方を紹介しましたが、似たような意味にはなりますが少し違いますので覚えておきましょう。この場合は二重敬語にも注意が必要です。

頂きたく存じますの使用事例

24327976 201187290453015 107162835649298432 n
keihiramatsuさんの投稿

この場合は、頂きたく存じますというよりは、伺いたく存じますが正解です。そして、伺うをお伺いにしてしまうと二重敬語になりビジネスマナーとしては良くない使い方になります。類義語はややこしいですが、少しの違いで大きく受け取られ方も変わるので気を付けましょう。

頂きたく存じますの使い方6:お断り編

ビジネスマナーとしての使い方

27576836 1899049960406224 2843996166520045568 n
pen.takapi.penさんの投稿

次に紹介する頂きたく存じますの正しい使い方は、断りを入れる時の使い方です。目上の人に食事やゴルフなどの誘いを受ける事は多くの人が経験しているでしょう。毎回参加できるとは限りませんので、ビジネスマナーとしての使い方を知っておくべきです。

頂きたく存じますの使用事例

断るときは、特に丁寧に言葉を使わなければいけません。この場合は頂きたく存じますというよりは、ご容赦などの敬語を使う方がいいでしょう。意味は通じるのですが、ビジネスマナーとしてはこちらの方が無難です。意味や類義語には気を付けて使用しましょう。

代用は出来る?頂きたく存じますの類義語!

28434809 369861773493165 970033911583211520 n
toshikaz0308さんの投稿

頂きたく存じますは、多くのシーンで使用する言葉であることはわかります。意味を理解し、二重敬語にならないように気を付けて使用するべきです。では頂きたく存じますの類義語はどのような言葉になるのでしょうか。

頂きたく存じますの類義語は、「していただければ幸いです」などお願いをする言葉は類義語にあたります。実はよろしくお願い致しますという言葉も頂きたく存じますの類義語なのです。どれもビジネスマナーとして正解ですので、使いやすい言葉を選んでください。

ビジネスマナーとして!二重敬語となるものは?

28432959 879011615604153 4264401293654622208 n
forest_publishing_galleryさんの投稿

ビジネスマナーとして、避けるべきもので二重敬語があります。二重敬語は丁寧に伝えているように感じますが、逆に失礼になる事もありますので、知っておいた方が自分の為にもなります。よく間違いの多い二重敬語は役職に対して様を付けてしまうものです。

これは役職だけで足りており、様を付けると二重敬語になるので覚えておきましょう。何かを言っているという時におっしゃられると使う人も多いですが、これも二重敬語となりおっしゃるが正しい使い方です。二重敬語にならないためには、簡単に考える事も必要なのです。

注意して!漢字で失礼になる場合もある

ビジネスマナーとして、敬語を使うと失礼になる場合は二重敬語以外にもあります。類義語であればそうはならない場合もありますので、敬語というものは難しいものです。実は漢字なのか、または平仮名なのかで変わってくることもあるのです。

知らない方も多く、普段何気なく使っているため確認しておくべきです。よく使う言葉でいうと、「よろしくお願いいたします」がありますが、この時によろしく「お願い致します」と漢字で書く人がいますが正解は平仮名です。貴社と電話などで伝える場合は類義語ではありませんが、同じ読み方をする言葉が多いことから御社と言うのが無難でしょう。

よく使うメール!ビジネスマナーが求められる

26870576 778349885696009 7214807701589590016 n
dr.y.yumiさんの投稿

会社員になるとメールは頻繁に送信することになります。メールは文面として残りますし、会話を交わすわけではないので気を付けなければ相手に対して印象を悪く与えてしまう恐れもあることから注意が必要です。

ビジネスマナーが求められるメールですが、お世話になりますやお世話になっておりますという言葉は最初の部分で多く使われます。ですが、相手との関係で使い方を変える事が重要です。初めての人に対してお世話になっておりますというのは、おかしい使い方になりビジネスマナーとしてよくありません。

話すときも必要!普段でも使うべき言葉は?

メールなどの文面であれば、普段会話をするよりも注意をしてビジネスマナーとして敬語は使うべきです。文面であれば文字として残ってしまうので二重敬語や意味がわからない文面にならないように、より注意もしなければいけません。

話すときも言葉には、実際会っているので文面ほどではありませんがビジネスマナーとしての言葉の使い方は身に着けておくべきです。特に貴社の事は御社と言った方が良いですし、何かを頼まれたときは了解しましたという使い方は失礼です。「かしこまりました」が正解ですし、類義語ではありますが印象は変わるので気を付けましょう。

印象が悪くならないように!敬語は正しい使い方で

28151746 561575287538259 394257278850564096 n
japan_service001さんの投稿

敬語は正しい使い方をしなければ逆に印象を悪くしてしまう難しいものです。自分が正しいと思い使っていた敬語も、二重敬語になっていたり意味が違っていたりなど、間違っている可能性は充分あります。類義語での使い分け方など、ビジネスマナーを身に着けて正しく頂きたく存じますなどの敬語は使いましょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ