確定申告のネットでのやり方ガイド!必要なものやメリット・デメリットは?

確定申告のネットでのやり方について、具体的にご紹介していきます。確定申告のやり方を把握しているという人でも、ネットでのやり方に苦慮する人は少なくありません。ネットでの確定申告に際して必要なものや、メリット、デメリットなどをご紹介していきます。

確定申告のネットでのやり方ガイド!必要なものやメリット・デメリットは?のイメージ

目次

  1. ネットで確定申告をするやり方について把握しよう
  2. 確定申告を行う3つのやり方
  3. ネットで確定申告!e-Taxのやり方とは?
  4. ネットで確定申告を行うメリット
  5. ネットで確定申告を行うデメリット
  6. 推奨環境は?ネットでの確定申告
  7. 電子証明書の取得が必要!ネットでの確定申告
  8. ネットと郵送を組み合わせた確定申告
  9. ネットでの確定申告で作成と提出が可能な申告書
  10. ネットを利用した確定申告の方法
  11. ICカードリーダライタが必要!ネットでの確定申告
  12. マイナンバーとネットでの確定申告の関係
  13. ネットでの確定申告を簡単に終える方法
  14. 添付書類の提出を省略!ネットでの確定申告
  15. ネットでの確定申告は無料ではない
  16. 住宅ローン控除証明が大変?ネットでの確定申告申請
  17. 国として推奨しているネットでの確定申告
  18. ネットを利用して申告書を自宅でプリントアウト
  19. 24時間いつでもどこでも確定申告可能
  20. パソコン環境の整備にも注意!ネットでの確定申告
  21. 確定申告で還付金の取得
  22. ネットを利用した確定申告のやり方について把握する

ネットで確定申告をするやり方について把握しよう

28156595 217441355480014 6071366903496966144 n
akiee.yさんの投稿

毎年2月から3月の時期にかけて開催される確定申告ですが、その確定申告をネットで簡単に終えるやり方についてご紹介していきます。税務署に直接行って確定申告を行うやり方が一般的はありますが、「e-Tax」と呼ばれる電子申告を用いれば自宅からネットで確定申告をすることも可能です。そのやり方について頭に入れていくようにしていきましょう。

確定申告を行う3つのやり方

28753416 202252233701477 8311121137803198464 n
roomginza_seitaiさんの投稿

さまざまなやり方で申請を行う確定申告ですが、そのやり方についてもさまざまなものがあります。マイナンバー制度の創設や、ネット環境の整備、国税庁や政府としての労働時間削減への対策など、さまざまな要因が複雑に絡まりあって、確定申告のやり方自体も多様化してきました。ここでは、確定申告の3つのやり方について順を追ってご紹介していきます。

税務署へ直接確定申告書を提出

まず、確定申告の申請において、最もポピュラーなやり方として、「税務署へ直接確定申告書を提出」するという方法を挙げることができます。管轄の税務署に直接出向くことで、わからないことを聞くことも可能なので、初めて確定申告を行う人にとっては、おすすめのやり方です。窓口が混雑している場合には、時間がかかることもあるので、注意が必要です。

郵送で確定申告書を送る

28753671 1989851711282567 203803211876794368 n
naotchさんの投稿

続いての確定申告申請のやり方としては、「郵送で確定申告書を送る」というやり方を挙げることができます。確定申告書の記入に慣れている方や、自宅で確定申告書をプリントアウトして申請を行えるという方であれば、このやり方をおすすめすることができます。わざわざ税務署に行く必要がなく、無駄に時間がかかることがないところが大きなメリットです。

28750997 1661082410639249 2152846056402976768 n
naganokyosukeさんの投稿

また、郵送で申請を行う場合には、その期限にも気をつけるようにします。一般的に確定申告の期間は2月16日から3月15日となっているので、最終申請期限は3月15日ということになります。郵送の場合には、3月15日当日の消印が押されていれば有効になりますので、期限に間に合います。そういった申請期限についても、留意しておく必要があります。

e-Taxを利用して電子申告を行う

28752040 153549521978951 7885111947417354240 n
kokuahairdesignさんの投稿

最後にご紹介する申請のやり方として、「e-Taxを利用した電子申告」を挙げることができます。マイナンバー制度の導入や、オンラインサービスの充実によって可能になったのが、このe-Taxによる申請であり、実際にe-Taxを利用して確定申告を行う方も少なくありません。パソコン環境の整備やICカードリーダーの取得など、やることも多いのが特徴です。

ネットで確定申告!e-Taxのやり方とは?

それでは、ネットで簡単に確定申告を行うことができるe-Taxのやり方や使い方についてご紹介していきます。e-Taxを利用した申請を行うことで、自宅から簡単に確定申告を行えることが最大の特徴となります。まず、e-Taxにて申請を行う上で、電子証明書の取得とICカードリーダーライタなどを揃える必要があります。これについては、後ほどご紹介します。

23594755 344324072646024 9132127462400983040 n
okomenurse7mmさんの投稿

その後、自宅のパソコンからe-Taxにアクセしして、ブラウザ上で確定申告書を作成した後、申告書をプリントアウトして税務署に郵送すれば、簡単に申請が完了となります。申告書自体は、e-Taxの「確定申告書等作成コーナー」から、画面に沿って入力していけば問題ありません。慣れればスムーズな確定申告につながるので、e-Taxの活用がおすすめです。

ネットで確定申告を行うメリット

書類添付が不要

28430911 155335488612761 1838437085782999040 n
yun_pi_777さんの投稿

それでは、e-Taxを用いた確定申告の申請におけるメリットについて取り上げていきます。まず、e-Taxを利用することで「書類の添付が不要」といったメリットを挙げることができます。e-Tax上で必要項目を入力して申請を行うことで、源泉徴収表や領収書などといった書類の提出を省略することができます。この点で、e-Taxには大きなメリットがあります。

自動計算

続いてのe-Taxを利用した確定申告におけるメリットとしては、「自動計算」で簡単に申請を行えることが挙げられます。基本的には、e-Tax上に収入金額や経費、医療費といった申請に必要な情報を入力していくだけで、やり方としては完了です。税額などの計算もe-Tax上で自動的に行ってくれるので、計算ミスなどを起こす心配もないところがメリットです。

税金の還付が早い

e-Taxで確定申告を行うことによって、通常よりも「税金の還付を早く受けられる」ところもメリットの一つとなります。一般的に1ヶ月から2ヶ月ほどかかる税金の還付ですが、2月中にe-Taxを利用して申請を行うと、2週間から3週間で還付を受けることができます。また、3月中の申請でも3週間から4週間ほどでの還付対応となり、その早さがメリットです。

Thumb個人事業主の確定申告のやり方を解説!必要書類や期限はいつ?

ネットで確定申告を行うデメリット

電子証明書の取得や登録が必要

28754223 1667166139997581 3945880888281137152 n
penta65さんの投稿

メリットも多いe-Taxを利用した確定申告ですが、デメリットもあるので確認しておきます。e-Taxを利用した確定申告においては、電子証明書の取得や登録が必要になります。電子証明書の取得には一定の手続きが必要であり、取得にも時間がかかります。さらにICカードリーダーライタを利用して、登録を行わなければe-Taxを利用することができません。

書類の保管が義務付け

e-Taxを利用した確定申告においては、「書類の保管が義務付けられている」こともデメリットの一つとして挙げることができます。e-Tax上で必要項目を入力するだけで、確定申告の申請を行うことが可能となり、書類の提出が免除されることはメリットではあります。一方、その書類は5年間の保管が義務付けられており、自宅で管理しておく必要があります。

申請期限の意識がしにくい

28436159 1971966923053147 1159153613822492672 n
miyakitakeshiさんの投稿

e-Taxを利用した確定申告においては、「申請期限の意識がしにくい」といったデメリットも挙げることができます。ネットを介することで、24時間いつでもどこでも申請を行えるという手軽さはありますが、思わず申請期限を過ぎてしまうこともあります。「後でやろう」と考えていると、いつの間にか期限が来てしまうこともあるので、注意が必要です。

推奨環境は?ネットでの確定申告

OS

28430929 150053685673734 5455551962860748800 n
oku230さんの投稿

ネットでの確定申告手続きを行うには、パソコンにおける推奨環境も意識しておく必要があります。まずは、OSについてご紹介していきます。Windows環境の場合は、「Windows 7」、「Windows 8.1」、「Windows 10」が推奨です。Macintosh環境の場合、「Mac OS 10.8」や「Mac OS 10.9」、「Mac OS 10.10」といったOSが推奨されています。

ブラウザ

続いては、ブラウザにおける推奨環境についてもご紹介していきます。ネットで申請を行う場合には、ブラウザのバージョンにも注意が必要です。まず、Windows環境の場合は、「InternetExplorer 11.0」が推奨されています。また、Macintosh環境の場合は、「Safari 6.2」、「Safari 7.1」、「Safari 8.0」といったブラウザが推奨されています。

PDF閲覧ソフト

28157253 348105649040647 6254844633617006592 n
tamomarunさんの投稿

最後に、PDF閲覧ソフトの推奨環境についてご紹介していきます。ネットでの確定申告においては、PDFファイルを参照することになるので、こちらも覚えておく必要があります。Windows環境の場合でも、Macintosh 環境の場合でも「Adobe Reader XI」、「Adobe Reader DC」などのPDF閲覧ソフトの利用が推奨されているので、抑えておきましょう。

電子証明書の取得が必要!ネットでの確定申告

マイナンバーカードの取得

ネットで確定申告を行う場合には、電子証明書の取得が必須となります。上記でご紹介したネット上の利用環境が整っていることを確認したら、電子証明書の取得に移っていきます。電子証明書とは、公的に「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」と呼ばれており、平成28年1月から交付が開始されたマイナンバーカードに電子証明書が格納されています。

つまり、マイナンバーカードの受け取りが必須となりますので、まだマイナンバーカードの交付を受けていない場合には、市区町村の役所に出向いてマイナンバーカードを受け取るようにすることです。また、マイナンバーカード交付前の住民基本台帳カードでも、有効期限内であれば継続して電子証明書を利用することができるので、そちらでも問題ありません。

電子証明書の登録

27891209 175167636441512 8245803618763014144 n
naoki903さんの投稿

電子証明書が格納されているマイナンバーカードの取得が済んだら、e-Taxに電子証明書情報を登録していきます。一度、電子証明書の登録が済んでいるという場合でも、電子証明書の有効期限が過ぎている場合や、引越しにに伴って情報を更新した場合には、再登録を行う必要があります。電子証明書が有効期限内かどうかを都度確認することが求められます。

ICカードリーダーライタの準備

28430292 162211527909738 2626707607737335808 n
tadahirock29さんの投稿

電子証明書をe-Taxに登録していくために、「ICカードリーダーライタ」を準備する必要があります。実際に、ICカードリーダーライタを利用して、電子証明書の情報をe-Taxに取り込んでいくことになるので、確実に準備しておく必要があります。ICカードリーダーライタは家電量販店で購入することができますので、機会を見つけて取得することが大切です。

ネットと郵送を組み合わせた確定申告

28428237 1681991808559894 6276048869977489408 n
harrykasaharaさんの投稿

e-Taxを利用して、全ての手続きをネット上で完結させたい場合には、ICカードリーダーをはじめとして、全て自前で環境を整える必要がありますが、そこまで準備するのは大変という方には、ネットと郵送を組み合わせた確定申告申請をおすすめすることができます。この方法を取ることで、全てネット上で完結するよりも、簡単に申請を行うことが可能です。

e-Taxで確定申告書データを作成して、それを印刷して郵送する方法がおすすめです。そうすることで、電子証明書の登録をする必要もなくなるためです。マイナンバーカードの取得やICカードリーダーライタの購入なども不要となるので、それほど手間もかかりません。わざわざ税務署に出向く必要もないので、自分の好きな時間に申請を行うことができます。

ネットでの確定申告で作成と提出が可能な申告書

26863353 148963142485690 4888668257482964992 n
makoto.0610さんの投稿

ネット上で確定申告の手続きを行う場合に、作成と提出が可能な申告書についてご紹介していきます。ネット上で確定申告を完結するにあたって、どういった申告書を提出できるのか把握しておくことも大切です。まず、e-Taxを利用した確定申告では、「青色申告決算書・収支内訳書」、「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」を提出することができます。

その他、ネットからは「消費税及び地方消費税の確定申告書」、「贈与税の申告書」、「更正の請求書・修正申告書」といった書類の作成および提出をすることも可能となっています。他にも「所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書」の提出も可能となっており、随時機能更新が行われているので、適宜e-Taxのサイトを確認することが求められます。

ネットを利用した確定申告の方法

ネット上での手続き完了

改めて、ネットを利用した確定申告の方法についておさらいしておくと、まず自身のパソコンで申告書データを作成していきます。この際に、マイナンバーカードをはじめとした電子証明書の所得とICカードリーダーライタなどを準備する必要があります。この2つのツールを準備することで、全ての手続きをネットだけで完結することができます。

ネットと郵送の組み合わせ

あるいは、マイナンバーカードの取得が大変だという場合は、電子証明書の取得とICカードリーダーライタの購入をカットして、確定申告申請を行うことも可能です。その場合は、ネット上で確定申告書を作成した後、申告書をプリントアウトすることです。その後、データを直接送信するのではなく税務署に郵送することで、確定申告を行うことができます。

ICカードリーダライタが必要!ネットでの確定申告

27890933 319947521743748 618983939305897984 n
muchikonakamuraさんの投稿

本文上記でも何回かご紹介しているように、ネットで確定申告を行う場合には、電子証明書が格納されているマイナンバーカードの取得と、電子証明書情報を読み込むためのICカードリーダライタの購入が必須となります。毎年確定申告を行う場合であれば、両者の取得をおすすめすることができますが、単年で確定申告をする場合には不要なケースもあります。

Thumb副業の確定申告はいくらから必要?注意点や申告方法も徹底解説!

マイナンバーとネットでの確定申告の関係

28152920 2021746701380305 6794523483565981696 n
ayaka.ngyさんの投稿

マイナンバー制度の創設によって、ネットで手続きを行えるようになった確定申告ですが、改めてその関係について確認しておきます。マイナンバー制度とは、国民一人ひとりが固有に持っている個人番号のことであり、税金や年金、雇用保険といった行政上の手続きに利用されることになっており、確定申告書にも記入する必要がある仕組みのことなのです。

給与の支払いを受けるためにも、事業所へのマイナンバーの提出が義務付けられており、収入との紐付きという観点からもチェックしやすい制度になっています。マイナンバーカードの創設に伴って、それまで活用されてきた住民基本台帳カードは廃止されることになり、e-Taxの利用においても、有効期限内のマイナンバーカードでの対応が必須となります。

ネットでの確定申告を簡単に終える方法

14723052 182324322223910 6659767252566409216 n
izumisano.english.gitecさんの投稿

ネットで確定申告を簡単に終えたい場合には、会計ソフトの活用もおすすめすることができます。「弥生会計」や「freee」といった会計ソフトを利用することで、簡単に確定申告の手続きを完了させることができます。また、会計の知識や簿記に関する知識がないという方でも、質問に答えるだけなので、心配する必要はなく、手軽に利用することができます。

添付書類の提出を省略!ネットでの確定申告

源泉徴収表の添付も不要

ネットで確定申告の手続きを完了させることで、添付書類の提出を省略することが可能です。例えば、「給与所得の源泉徴収票」については、その記載内容を入力して送信をすることで、原本を提出する必要がありません。ただし、税務署から書類の提出や提示を求められることがあるので、最低でも5年間は保存しておく必要があります。

マイナンバーの提出も不要

13715257 1713942192191050 895517527 n
nemoto_pwさんの投稿

ネットで確定申告を行うことによって、マイナンバー(個人番号)に関する本人確認書類についても、提出や提示をする必要がなくなります。マイナンバーカードを取得していない場合には、通常、通知カードと運転免許証といった本人確認書類の提示や写しの提出が求められることになりますが、ネット上で申請をすることでそういった手間も省くことができます。

Thumb確定申告はいくらから必要?パートや副業の収入がある方は必見!

ネットでの確定申告は無料ではない

27581153 149564375687495 830413204919156736 n
chocolat_cafeさんの投稿

ネット上で確定申告を行うことは、正確に考えると無料で行うことができません。電子申告自体は無料ですが、事前の準備の段階で電子証明書の取得と「ICカードリーダーライタ」の取得が必要になります。このICカードリーダーライタに関して、ネットや家電量販店などで、1,000円から3,000円程度を支払って取得することになるので留意が必要です。

また、ICカードリーダーライタを購入せずに、郵送によって、確定申告の手続きを進める場合にも、郵送のための切手代がかかることを忘れないようにしましょう。直接税務署に行く場合も、交通費がかかることがありますが、ネット上で手続きを進めるケースであっても、何らかの形でお金がかかることになるので、その点は留意しておく必要があります。

住宅ローン控除証明が大変?ネットでの確定申告申請

27580091 143553496336595 8742498032286695424 n
mayu_uzさんの投稿

期限内のマイナンバーカードの登録や、確定申告の期限などを意識して行う必要があるネットからの申請ですが、住宅ローン控除を証明する場合の手続きもやや煩雑なものになります。ネット上で、住宅ローンの控除手続きを完了させるには、「登記事項証明書」や「請負売買契約書の写し」といった書類を、PDFファイルなどで送信する必要があります。

他にも、「住宅借入金等の残高証明書」(初年度のみ)、「補助金等の額を証する書類」、「長期優良住宅建築等計画の認定通知書の写し」、「住宅用家屋証明書若しくはその写しまたは認定長期優良住宅建築証明書」、「検査済証の写し」といった書類を、PDFファイルなどで送信する必要があります。こういった煩雑な手続きがネックなポイントでもあります。

Noimage住宅ローンは確定申告で控除が可能!必要書類や申告書作成方法を解説!

国として推奨しているネットでの確定申告

マイナンバー制度の創設やe-Taxの充実に伴って、ネット上からの申請も可能になった確定申告ですが、国としてもネットでの申告を推奨しています。それは、紙の申告によってかかる職員の作業時間と、データによる申告にかかる作業時間が大きく異なってくるためです。職員の事務作業の手間を減らすためにも、国はネットからの電子申告を推奨しています。

ネットを利用して申告書を自宅でプリントアウト

税務署に行かなくて済む

26867550 558100494560725 1319263023885451264 n
massa.ma_chanさんの投稿

国としても推奨しているネットからの確定申告ですが、ネットを活用することで、自宅からプリントアウトして郵送することも可能です。自宅にプリンターが備え付けられている場合には、そういった仕組みを活用するのもおすすめです。税務署に行かなくても申請手続きを完了できるところが最大のメリットでもあり、時間を問わず手続きをすることができます。

不安な方は税務署に直接持参する

一方、確定申告自体が初めてという方や、わからないことがあって税務署の職員に聞きたいことがある場合には、自宅で作成した確定申告書を税務署に持参するという方法もおすすめすることができます。実際に、税務署で申告書を作成することもできますが、あらかじめ作成しておけばわからない箇所だけを聞くことができるので、効率的に作業を進められます。

Thumbアルバイトで確定申告は必要?年収いくらから?源泉徴収の仕組みも徹底解説!

24時間いつでもどこでも確定申告可能

27577181 768484993355642 590773722227408896 n
maiko.nellさんの投稿

ネットを利用した確定申告のやり方をマスターすることができれば、24時間いつでもどこでも確定申告の手続きを行うことが可能です。ただし、いつでもできるからと言って、申請期限を間違えないように注意が必要です。確定申告は、通常3月15日が申請の期限となっていますので、その期限内に手続きを完了できるように、計画を立てることが求められます。

パソコン環境の整備にも注意!ネットでの確定申告

ネットで確定申告の手続きを行うためには、再度パソコンの環境整備にも重点を置いていく必要があります。Windows、Macともに推奨環境や推奨ブラウザが設定されているので、環境に沿った形で申請書の作成を行うことがポイントです。OSをアップデートされた方に関して、再度電子証明書の登録が必要になることがあるので、留意することが重要です。

確定申告で還付金の取得

還付金の取得をモチベーションに

26867114 211822409393237 7583898250202054656 n
komugi826さんの投稿

ネットからでも直接税務署に行っても、郵送でも行うことができる確定申告の手続きですが、確定申告を行うことによって、払いすぎた税金を還付という形で取り戻すことができます。確定申告に際しては、なかなかモチベーションが上がらないという方も少なくありませんが、少しの手続きで還付金を受け取れると考えて、積極的に実行することが重要です。

申告期限を再確認

26429374 243278936211825 3257708002249015296 n
kudoshunichiさんの投稿

また、確定申告にあたっては、申告期限を再確認しておくことが求められます。土日祝日等が重ならなければ、基本的に毎年2月16日から3月15日にかけて開催されるのが確定申告です。その期間を過ぎてから申告を行うと、場合によっては追徴課税金を支払わなければならないケースも出てくるので、期限を確認して、確実に確定申告を行うことがポイントです。

ThumbFXの確定申告の方法について解説!必要書類や損失繰越控除方法は?

ネットを利用した確定申告のやり方について把握する

24175361 518410885201780 5552918605173096448 n
otika44さんの投稿

ネットを利用した確定申告のやり方、考え方などについて詳しくご紹介してきました。まだ確定申告に慣れていない方や、初めて確定申告を行うという場合には、税務署へ直接行く方法がおすすめです。一方、何年も確定申告を行っていて、手続きに慣れている場合には、ネットからの申告方法を覚えることで、より申請を簡略化できるのでおすすめです。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ