ご健勝の意味は?ご多幸やご活躍との違いを知ってビジネスに活用!

ビジネスの世界や挨拶の際によく使われるご健勝の意味ご存知でしょうか。ご健勝と合わせてよく使われるご多幸、意味を間違えていたりしてませんか。似ているようで意味の違う言葉です。ここではご健勝の意味、同時によく使われる言葉も合わせて検証していきます。

ご健勝の意味は?ご多幸やご活躍との違いを知ってビジネスに活用!のイメージ

目次

  1. 挨拶でよく耳にする「ご健勝」使いこなせてますか
  2. ご健勝の意味を知ろう
  3. 意味を知ったら「ご健勝」うまく使おう!
  4. 同時によく聞く「ご多幸」はご健勝とどうゆう関係
  5. 意味がわかれば納得!ご多幸の使い方
  6. 微妙に意味が違う「ご健勝とご多幸」どう使い分ける
  7. 挨拶状でよく使われるご健勝の「類義語」関係と意味を探る
  8. 「健勝」での類義語は違った言葉になる?
  9. そもそも意味から違う「ご活躍とご健勝」
  10. 「ビジネスシーンでのご健勝」うまく使えれば相手に好印象!
  11. 例文から探る挨拶時のご健勝はこう使う
  12. 「挨拶状でのご健勝」は入れる場所で込める意味が変わる?
  13. ご健勝とご多幸の使用例を探るさまざまな挨拶状例文
  14. 例文から見る「ご健勝とご活躍」の併用例
  15. 意味からくる「ご健勝とご多幸」の併用例
  16. ご健勝は丁寧語として広く使われている
  17. 「ご健勝とご多幸」使いこなしてよりスマートに!

挨拶でよく耳にする「ご健勝」使いこなせてますか

14714415 1085638108156329 2945154397371367424 n
hps1956さんの投稿

ご健勝は”ごけんしょう”と読みますが、ビジネスシーンでの挨拶時、パーティー時のスピーチでよく使われる言葉です。挨拶状の中でもよく使われますが、正しい意味はご存知でしょうか。ご健勝を挨拶時に使えるようになると非常にスマートです。いつどのようなときに使うと適切か、ご健勝の使い方についてこれから見ていきます。

ご健勝の意味を知ろう

意味は意外とそのままです

29403147 903506703164346 905813696557613056 n
asahi_guitar_swingaroomさんの投稿

ご健勝の意味は、健康で体が丈夫、健やかなことを意味します。単語的には健勝となりますが、使用時はごを付けてご健勝、丁寧語として使用します。ご健勝をお祈りして・・、挨拶時の締めによく使われる言葉です。みんなの健康を祈って、送別する方、お祝いの主役の方に今後も健康でありますように願いを込めて、ご健勝をお祈りしてとなります。

使う時は丁寧語として

健勝の健は健康やすこやかという意味です、勝は名の通りまさる、かつと言う意味になりますので、読んで名の如しと意味は健康に勝って丈夫な体を得るという意味でしょうか。その言葉にごをつけて丁寧語とし目上の方から同僚、フォーマルな席でも使える万能な言葉です。是非適切に使えるように理解しましょう。

意味を知ったら「ご健勝」うまく使おう!

挨拶の際に

25023140 135232223836061 5626036094060462080 n
kikkoya_gokenshimoさんの投稿

よく使われるのはさまざまは挨拶の締めくくり、別れ際の挨拶などスピーチやビジネスの際に使われます。日常的な会話で使うことは、少し仰々しく感じますが、久しぶりに会った友人との別れ際に軽くご健勝というのも気持ちが入って使えます。相手に対して心のこもった健康への気持ちを伝える言葉で非常に良い意味を持っています。

別れ際にそれとなく伝える

また商談終了時の別れ際や、営業活動時の別れ際にそれとなくご健勝お祈りしております、と伝えるのも一つのビジネスマナーではないでしょうか。頻繁に会っている人へは仰々しい下りですので久しぶりに会う人であったり、今後1年は会わないような人であれば差し支えないでしょう。

挨拶状によく出てくる下りです

14262736 631509380344130 1238170034 n
taisyurenさんの投稿

年賀状やさまざまなお礼状の際に挨拶文の一部として広く使用されています。挨拶状での違いは、冒頭でご健勝を入れた文章を書き入れたり、締めくくりでご健勝を入れてみたりと使い方は多岐にわたっています。先ほどの挨拶時以外で言えば、挨拶状の方が広く使われている言葉ではないでしょうか。

Thumb幸いですの意味や使い方とは?ビジネスメールなどでも使える例文も紹介!

同時によく聞く「ご多幸」はご健勝とどうゆう関係

併用が意外と多いこの二つの言葉

15803760 1231036390310432 7124491071999967232 n
kohmei_chilllifeさんの投稿

ご健勝と一緒によく使われるのがご多幸です。ご多幸はご健勝と併せて使ったり、別々で使ったりそのシーンによって選ばれています。ご多幸の意味は幸(さち)多かれです。健康を保って、幸多かれですから贈る言葉としては最適・最強ではないでしょうか。意味に違いはあるものの、ともに喜ばしい内容ですので併用で多く使われています。

それぞれ単独使用でも十分な意味

健康を祈ってご健勝と、幸せを祈ってご多幸どちらも贈る言葉としては相手の方はうれしく思うはずです。結婚式では、新郎新婦にご多幸を列席の皆さんにご健勝をという意味で併用されています。また年代の違いで、若者の集まりではご多幸を、年配の方々の集まりではご健勝をそれぞれ単独使用でも十分です。

趣旨の違いで使い分けることも

22071574 147355695871345 6955559081851486208 n
masaki.okamuraさんの投稿

何の集まりかで、使う言葉も変わってきます。若者の集いの場合は健康は十分だから幸せを願ってご多幸を、年配の集まりではやはり健康第一でご健勝を願うとなるでしょう。忘年会や新年会、忘年会はご健勝を願い飲みすぎ注意、新年会は一年のご利益を兼ねてご健勝とご多幸を併用するとかです。集まる趣旨や違いで考えてみましょう。

意味がわかれば納得!ご多幸の使い方

幸せを送る

28435029 211892706031123 4379160947198001152 n
matsuo_akicoさんの投稿

ご多幸の意味はさち多かれですから、送る方、別れ際の相手に対してご多幸をお祈りいたします、とすることは今後も幸多かれとするわけですから送る言葉としては最適です。商談相手や上司に対しても語尾をより丁寧語にすればご多幸も使えます。

語尾を丁寧にする

言葉だけで見ると上司や商談相手の先方様には仰々しく感じるかとは思いますが、語尾を丁寧にすることで相手にありがとうと言ってもらえます。ご多幸をお祈りいたします、ご多幸をお祈り申し上げます。と使うことで気持が伝わりスマートだねと思われることでしょう。

微妙に意味が違う「ご健勝とご多幸」どう使い分ける

ご健勝は冒頭・文末で込める意味に違いがある

25023899 140488080072430 3731893291038277632 n
hanatabuさんの投稿

ご健勝は健康面です。ご多幸は幸せを願うです。使い方を見ると、ご健勝は挨拶状では冒頭に使用したり、文末で使用したりします。冒頭でご健勝を使い、文末でご多幸を使う形も普通にあります。冒頭使用でのご健勝は、健康であることを前提に入れます。文末でのご健勝はこれからの健康を願うわけです。挿入場所で込められる意味が違います。

ご多幸の違いは文末で使われる

ご多幸の使い方では、冒頭での使用はほとんどありません。幸せ前提でご多幸のことと存じますとは言いません。文末でのこれから幸多かれと、ご多幸をお祈り申し上げます、が普通の使い方になります。挨拶時はスピーチの締めとしてこれらの言葉が使われますので、どちらも使われるわけです。話の初めに幸せでしょうとは言えないです。

Thumbお悔やみ申し上げますを英語で伝えるには?実用的な例文まとめ

挨拶状でよく使われるご健勝の「類義語」関係と意味を探る

出す相手で選ぶ必要がある

10986260 219609638377488 1559469317 n
kazumasasuzuさんの投稿

ご健勝の類義語は、挨拶状などで用いられる相手への繁栄の意味としてご清栄、ご隆昌、ご清祥、とあります。ご清栄は挨拶状でよく使用され、相手の健康と繁栄を喜ぶ言葉として使われます。健康だけではなく繁栄が含まれていますので、個人に限らず企業宛にも使われる言葉です。

意味を読み解き出せる相手を選ぶ

ご清祥はどうでしょうか、こちらはその相手が心身共に健康で幸せであることを喜ぶ言葉です。こちらは健康と幸せに対してですの個人が対象になります。ではご隆昌はどうでしょうか、こちらは勢いの盛んなこと、栄えることとあります。この意味から、相手は企業や団体への挨拶状で使われています。

ご健勝と違い出す相手によって言葉を選ぶ

1170201 1700140506866733 1183425648 n
saoristeさんの投稿

ご清栄は健康面と商売繁盛面があるため企業と個人へ出せます。ご清祥は健康面と幸せ面があるため個人宛が望ましいです。ご健勝もどちらかというと個人宛です。これら意味の違いを理解してビジネス、プライベートで使い分けることで言葉の知識も上がってきます。

「健勝」での類義語は違った言葉になる?

体調がすぐれている意味として

10963996 738090079639978 829127747 n
mica_salyさんの投稿

健勝と”ご”を取るだけで、勇健、健康、達者、剛健、壮健、健全、健やか、健常などがあります。ともに健康に対しては優れている、体調がすぐれているという意味です。

心身共に健康を示す意味として

こちらは、健康、達者、壮健、健全、元気となっています。”ご”を取るだけで類義語としてはさまざまです。いずれも健康に関するところは同じです。これらに”ご”を付けて類義語化はないようです。”ご”を取るだけでこうも変わってくるというところ日本語は難しいです。

そもそも意味から違う「ご活躍とご健勝」

意味からも違いが分かる

10914355 433197313512781 1163258754 n
rineriさんの投稿

ではご活躍という言葉もよく耳にすると思いますが、こちらはどんな意味があるのでしょうか。ご活躍、こちらはめざましく活動すること、社会の第一線で活躍するとあります。このため、相手方の現在までの頑張りを称賛したり、今後の活動の期待を込めて使用する場合が多いです。

ご健勝との併用はしている

ただしご健勝との併用はされています。送別会などでの挨拶時の締めとして健康と今後の活躍を祈る意味で、ご健勝とご活躍をお祈りしてと締めるわけです。また、現在までの活躍ぐあいを称賛して、○○さんのご活躍は常々耳にしております、という使い方もあります。

挨拶状でのご活躍は意外と万能です

ご活躍は、意味からもして挨拶状では冒頭、文中、文末と使えるところは多いです。ご健勝と合わせて冒頭でご健勝、ご活躍のことと存じ上げます。文中では常日頃から○○さんのご活躍お伺いしております。文末ではこれかも貴殿のご健勝、ご活躍お祈りしております。などと使用頻度は多いのではないでしょうか。

ただ同じ挨拶文中に3回も入れるのは非常に仰々しく感じますので、程度と相手を考えて使いましょう。異動した部下の働きを聞いて、激励の意味を込めてメールを打つ時などは3回挿入もいいのではないでしょうか。

ご活躍は語尾に注意

26073919 1679198255456435 4319132499994214400 n
_choromiさんの投稿

ご活躍もほめる意味や鼓舞する意味があります。当然ながら目上の方へも使うことは出来ますが、語尾には注意してください。ご活躍を期待しています、ご活躍を楽しみしていますとしてしまうと少しムッとされるケースですので使わないでください。あくまでご活躍を祈念しています、またはご活躍お祈り申し上げます、としてください。

Thumb所存ですの正しい使い方!ビジネスで使用する際の注意点とは?

「ビジネスシーンでのご健勝」うまく使えれば相手に好印象!

目上の方、上司へそれとなく伝える

17587212 1294603260628854 2833373020179922944 n
taeashidaさんの投稿

ご健勝、人によっては目上の方や上司へ使うと失礼ではないかと考えている方もいるかとは思いますが、語尾を丁寧にすることで気持ちが伝わり結果として、こいつ気が利くねとなります。商談相手の目上の方との別れ際に、ご健勝お祈りしております、ご健勝お祈り申し上げます。と締めくくれば相手は必ずありがとうと返してくるでしょう。

気持ちをうまくスマートに伝える

健康でいてくださいというのは、皆が思う気持ちです。その言葉を、今後も健康でいてくださいと伝えるより、ご健勝お祈りしておりますと伝えることで気持ちとこの言葉を知っているという知名度も付くわけです。商談先の相手の方が異動とかで遠方へ行かれることを耳にした際は、ご健勝とご多幸、又はご活躍を併用して挨拶すれば大変喜ばれることでしょう。

例文から探る挨拶時のご健勝はこう使う

言葉で伝えるシーンは別れ際が多い

17265700 1737769166513706 7430528846417362944 n
chaleur1212さんの投稿

ご健勝は、ビジネスの世界やパーティーでの席で、別れ際やスピーチの締めでよく使われます。最も多いのは、皆様のますますのご健勝をお祈りして乾杯、送別の席では〇〇さんのますますのご健勝、ご活躍を祈念し挨拶の言葉といたします、などです。言葉で伝える時は、挨拶の締めとして使うことを覚えておきましょう。

挨拶状では冒頭と文末で使われる

挨拶状では、冒頭で現在までの健康を前提にご健勝のことと存じ上げます、と使います。文末では今後の健康を願い、今後のご健勝をお祈りいたしております、と締めくくるわけです。文末の場合に、相手によってはご多幸を並べたり、ご活躍を添えたりするわけです。

「挨拶状でのご健勝」は入れる場所で込める意味が変わる?

挨拶状の冒頭でご健勝

10919608 1404749003153945 1332775869 n
pamyu_16さんの投稿

先にもお話した通り、冒頭でご健勝と入れる場合は今現在までは健康であるというところを意味して使われます。ご健勝のことお慶びいたします。ご健勝のことと存じ上げます。と冒頭で一旦締めます。挨拶状の中での冒頭のあいさつとして使用されます。挨拶状はいきなり本題には入れませんので、一般的な挨拶として使われることになるのです。

挨拶状の文末でご健勝

文末でご健勝を使う場合は、今後の健康を願う意味があります。今後ますますのご健勝お祈り申し上げます。今後の皆様のご健勝ご多幸をお祈り申し上げております。などになります。文末の最後のあいさつ文も相手によっては、ご健勝とご多幸の併用、ご健勝とご活躍の併用などを考慮するのも必要です。

ご健勝とご多幸の使用例を探るさまざまな挨拶状例文

ご健勝冒頭使用例

29400666 1818789971505068 3519802819504766976 n
hiro.co_さんの投稿

上司宛へ、〇〇様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。改まった相手などへ、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。親しい人へは、〇〇様にはお健やかにおすごしのこととお喜び申し上げます。知人友人へ、ご家族の皆様にはますますご健勝ことと拝察いたしております。などがあります

送る相手によって、ご健勝を健やかと置き換えたりしています。使い方はやはり同僚、友人へはご健勝よりも健やかのほうがスマートです。一方で目上の人や上司へは、ご健勝を使うほうが自然です。必ずしもそうではありませんが、前後の言葉によっても使い方を考慮するとよりスマートに使いこなせるでしょう。

文末によるご健勝、ご多幸使用例

28763624 890208671158494 358030208961347584 n
abowbow555さんの投稿

知人友人へ、末筆ながら皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。一般的には、ご家族の皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。皆様のますますのご健勝とご多幸を心より申し上げます。などご健勝を健康に置き換えて併用している場合もあります。

この場合も、使い方としては知人友人へはご健勝とご多幸の併用よりもご健康とご多幸を併用し、目上の方や上司へはご健勝とご多幸の併用をするとスマートに使えるのではないでしょうか。

例文から見る「ご健勝とご活躍」の併用例

意味は違うがご多幸同様に併用が多いご活躍

29415993 405268446586746 5754109171263864832 n
azuma035さんの投稿

ご健勝とご活躍も併用が多い言葉です。ご活躍は単独での使い方は挨拶状での冒頭、文中、文末と多様できますが、併用する場合は文末使用になります。ただ、冒頭でご健勝を使い、文中でご活躍を使い、文末でご健勝とご活躍の併用はあり得ますが、少しくどい感じが出てしまいます。

全体の文面を見て使い方を考える

〇〇様におかれましては、ますますのご健勝のことと存じ上げます。(中略)常々〇〇様のご活躍の程うれしく拝聴させていただいております。(中略)今後の〇〇様のさらなるご健勝ご活躍を祈念いたしております。というくだりになりますが、中略の中身次第では問題ないのではないでしょうか。

意味からくる「ご健勝とご多幸」の併用例

健康と幸せを願う意味で

ご健勝の健やかの意味と、ご多幸の幸多かれを併用して贈る言葉とすることは祝いの席では多いことです。また、新年会や年度初めの飲み会などこれから1年過ごすという意味で、お互いの健康と幸せを願う意味で併用されています。

挨拶状での併用は必ず文末で

ご健勝は挨拶状の冒頭でも使用しますが、ご多幸を冒頭で使用する事はありません。冒頭であいさつする場合の意味は、今現在までの状態を確認するということです。健康であるというご健勝は使えても、幸多いことを知っているとは書けないです。

29088331 387340228405169 876455211382603776 n
youmichigoeさんの投稿

この為、文末でこれからの幸多かれを願い、ご多幸お祈り申し上げます、となります。そこにご健勝を合わせると文章としては自然体になります。今後の健康と幸せをお祈りいたしますということです。

Thumb 「留意点」の意味や正しい使い方は?注意点との違いや類語も!

ご健勝は丁寧語として広く使われている

丁寧語を語尾でさらに丁寧にする

健勝という単語に”ご”をつけて丁寧語としてご健勝を使います。目上の方や上司に伝える時の使い方は、ご健勝祈っています、では少し上から目線になります。この場合は必ず、ご健勝お祈りしております、ご健勝お祈り申し上げます、となり目上の方や上司にも問題なく使えます。文全体を丁寧にするという意味です。

使い方の違いを見出す

ご健勝やご多幸、ご活躍は語尾を丁寧にすることで目上の方へも使うことができます。逆に語尾を丁寧にしない時は、同僚や親しい人へ使うということです。同僚や親しいい人へもへりくだると、それこそ仰々しくなりますから、親しい度合いを考えて使い方と違いを見つけましょう。

語尾の使い分けでよりスマートに

29089410 1582548575194385 7119977675552194560 n
mns377_さんの投稿

これらのご健勝、ご多幸、ご活躍などは言葉自体が丁寧語ですが、語尾を間違えると分全体では丁寧語となりませんので、語尾の言葉も丁寧にして目上の方へ伝える、語尾をそれなりにして友人や親しい人へ伝えるという使い方と違いを理解しましょう。

「ご健勝とご多幸」使いこなしてよりスマートに!

29092887 392569601214447 4946059337068969984 n
bimibimikoさんの投稿

ご健勝とご多幸はスピーチ、挨拶状と大活躍な言葉です。ご活躍と絡めてさまざまはシーンで使える言葉です。ビジネスの世界ではこれらの言葉を如何に使いこなせるかで評価も変わってくるでしょう。意味を理解して、相手を確認して言葉を選んでスマートに使いこなしてください。ご活躍お祈り申し上げます。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ