退職後の確定申告の手続き方法を解説!必要書類や注意点は?

昨年会社を退職して今年は企業に勤めていないという方は、確定申告をしましょう。今年はもう終わってしまったから遅いと思っている方も、実はまだ間に合います。退職後に意外と見落としがちな確定申告の方法と必要書類、またその方法を詳しく解説します。

退職後の確定申告の手続き方法を解説!必要書類や注意点は?のイメージ

目次

  1. 退職後は必ず確認しよう!確定申告の手続き方法
  2. 今まで気にしていなかった!退職後の確定申告
  3. 退職後の確定申告は義務ではないが行うべき
  4. 年末調整をしたかが重要!源泉徴収票を確認
  5. 確定申告で重要な前職の「源泉徴収票」とは?
  6. 退職後の確定申告は少し違う!還付申告とは
  7. 退職後に就職した人は確定申告しなくても良い
  8. 退職者の自分は確定申告対象者?
  9. 退職金を受けとった人は退職所得が返ってくる?
  10. 「退職所得の受給に関する申告書」の計算方法
  11. 退職所得と給与所得は別々の源泉徴収票になる
  12. 退職金の確定申告でいくら返ってくる?
  13. 退職後の確定申告、必要書類は?
  14. 確定申告も還付申告も必要書類は同じ
  15. 確定申告書Aと確定申告書Bの違いって?
  16. 確定申告で提出する必要書類は全て原本?
  17. 退職後の確定申告では社会保険料控除を忘れずに
  18. 失業保険手当は確定申告対象外
  19. 印鑑と還付金返金口座を忘れずに
  20. 退職後の確定申告の提出場所は?
  21. パソコンやスマホからも確定申告書は作れる
  22. 退職者の確定申告書の書き方
  23. 定年退職をした時の確定申告
  24. 退職後にアルバイトをした場合の確定申告
  25. 転職や副業も要チェック!退職した会社が複数ある時
  26. これから退職予定の方への注意点
  27. 退職後は必ず確定申告を見直そう

退職後は必ず確認しよう!確定申告の手続き方法

27877782 153945238747409 7076171916825853952 n
biznizeacademyさんの投稿

毎年年度末に行われる確定申告ですが、会社勤めだった方にはピンとこないかもしれません。これまで会社が自動的に処理を行なっていたのですから当然です。しかし退職後は確定申告は自分で行なくてはいけません。自分には関係ないと思っている方も確定申告をして返金がある場合があります。退職後は必ず確定申告の方法に目を通しておいてください。

今まで気にしていなかった!退職後の確定申告

確定申告なんてしたことないし、どうやってやるの?と思う方はまず確定申告の仕組みについて理解して下さい。確定申告とは毎年2月16日から3月15日に行われるのですが、前年1月1日から12月31日までの1年間の算出した所得税を国に収めるという手続きです。会社勤めしていた人は一旦支払った所得税と実際の金額に差異が生じる場合に差額を受け取れます。

退職後の確定申告は義務ではないが行うべき

27880157 1720472574679048 547456494556151808 n
namie_naさんの投稿

退職後の確定申告は義務なのか?申告しなければ罰せられるのか?という点ですが、退職者の確定申告は通常の確定申告とは違い、納めすぎた税金を返納してもらうという手続きになるので義務ではなく、自己申告制です。しかし多くの場合は年末調整されていない所得税が返ってくるので、必ずやっておくべきです。

年末調整をしたかが重要!源泉徴収票を確認

確定申告とセットでよく聞くフレーズが年末調整です。年末調整は簡単にいえばその年の会社の給料から毎月概算で天引きされていた税金を、しっかりと細かい数字まで計算して払いすぎたものがないかチェックして算出することです。ここで計算した金額が実際に払ってきた税金よりも多くなっている場合は、翌年の確定申告で返金されるということです。

28433973 774810912715611 5029294531955130368 n
y.k72soraさんの投稿

ですので年の途中で退職をし、年末調整を会社を通じてしてもらえていな人は余分な所得税を払ってしまったままの可能性があります。年末調整をしていない場合は正しい所得の計算を自分でしなければいけません。年末調整は12月に行うので、その12月に退職して年末調整をしてもらっているかわからない人は手元にある源泉徴収票をを確認して下さい。

確定申告で重要な前職の「源泉徴収票」とは?

28433677 1562525647193809 5364056725525626880 n
kumikky413さんの投稿

源泉徴収とは会社が給料から毎月概算で天引きをする所得税のことです。この源泉徴収は「おおよそ」の数字になります。つまり源泉徴収は税金の前払いになります。源泉徴収はアルバイトやパートにも適用されます。よく言われる「103万の壁」という言葉がありますが、これは年間収入が103万以下なら徴収された所得金額が返ってくるということです。

源泉徴収票は退職者に自分で確定申告してもらうため、もしくは次の就職先に提出するための必要書類になります。年末調整をしてもらえていない人は源泉徴収票に「調整未済」と書かれています。ここをチェックすれば年末調整をしてもらっているかどうかがわかります。基本的に12月末日退職でないと調整してもらえない会社が多いです。

退職前に会社で年末調整を行なってもらっている場合は、正確な所得金額が計算されているので確定申告の必要がありません。ただ会社に申告していなかった個人で払った社会保険料などがある場合は、給与所得には反映されていので申告が必要です。自分が入っている保険などを見直して該当がないかチェックしてみてください。

Thumbアルバイトで確定申告は必要?年収いくらから?源泉徴収の仕組みも徹底解説!

退職後の確定申告は少し違う!還付申告とは

28430688 1617315111684435 7677116173149798400 n
akama_14さんの投稿

退職後の確定申告は通常の形とは異なり「還付申告」という制度を利用します。普通各例申告は2月から3月にかけて限定的に行われますが、還付申告はこの期間を待たずとも確定申告可能です。原則として確定申告したい期間の翌年の1月1日から5年間申告できます。ですので今年、退職後の確定申告など気にしていなかったという人も安心してください。

退職後に就職した人は確定申告しなくても良い

28429800 173524016625693 3322418852863672320 n
kakapo_bakeryさんの投稿

退職して年内にすでに就職が決まり、前職の源泉徴収票を会社に提出している人は、新しい会社が行ってくれるので自分で確定申告する必要はありません。ただし12月末に就職し、年内の年末調整に間に合わなかったという人は翌年に自分で確定申告をしなければいけません。

退職者の自分は確定申告対象者?

前述のように、年の途中で退職し年末調整を済ませておらず、就職しないまま翌年を迎えた人、転職したが年末調整に間に合わなかった人が主な対象者です。また退職後に退職金をもらった人も要確認です。退職金は支給された時に源泉徴収されるので、退職金の正確な所得額を自分で確定申告する必要があります。

退職金を受けとった人は退職所得が返ってくる?

28428170 1767560629962006 4227183237371265024 n
tomo2.sasakiさんの投稿

注意したいのは退職金も税金が引かれているということです。しかし退職金を受け取る前日までに「退職所得の受給に関する申告書」を提出することにより、退職所得をきちんと計算してもらえるので個人で確定申告をする必要は無くなります。意外と知られていないものなので提出し忘れた、存在を知らなかったという人は自分で申告しましょう。

「退職所得の受給に関する申告書」の計算方法

まだ退職していない人や退職金を受け取っていない人は「退職所得の受給に関する申告書」の計算をすべきなのですが、一人で計算するのは容易ではありません。「退職所得の受給に関する申告書」はまず退職所得を計算します。退職所得を計算するには退職所得控除額を算出する必要があります。なかなか面倒に思えますが決まった計算式に従えば大丈夫です。

27878128 875351269304054 8725340290774204416 n
iroha2525さんの投稿

退職所得控除額の算出方法は、勤続年数が20年を超えるか超えないかで変わります。20年以下の勤続年数では40万円×勤続年数が退職所得控除額になります。20年以上の勤続年数の場合には、800万円+70万円×(勤続年数-20年)が退職所得控除額です。難しく思えますがこの数字は固定されているので、勤続年数だけわかればすぐに算出できます。

退職所得控除額を算出したあとは、退職金の金額から退職所得控除額を差し引きます。(退職金-退職所得控除額)×1/2で算出された金額が退職所得になります。これを計算して退職金を受け取る前に「退職所得の受給に関する申告書」を会社へ提出すれば完了です。

退職所得と給与所得は別々の源泉徴収票になる

退職金の所得税は給与所得の所得税とは計算方法が異なります。これを分離課税と呼んでいますが、給与所得の源泉徴収票とは別に「退職所得の源泉徴収票・特別徴収票」が作成されます。退職金を受け取っていない人に対しては作成されません。退職者に支払った退職金の証明書になるので、退職金の確定申告をする方は必要書類になります。

退職金の確定申告でいくら返ってくる?

退職金の確定申告で一体どのくらいの退職金が返ってくるのかは、退職金額と勤続年数で大きく変わります。退職金の所得税計算方法は(退職金-退職所得控除)×1/2×所得税率になっています。このため先ほど計算式で提示したように、勤続年数が長ければ退職所得控除額が大きくなり、返ってくる退職金も増えることになります。

退職後の確定申告、必要書類は?

必要書類は人により少しずつ変わりますが、基本的には確定申告書Aまたは確定申告書B、給与所得の源泉徴収票、自分が加入している社会保険料の控除証明書、退職金をもらった場合はさらに退職所得の源泉徴収票、分離課税の申告の際に必要な申告書第三表などがあります。給与所得だけの場合は確定申告書A、退職所得だけの場合は確定申告書Bを使います。

確定申告も還付申告も必要書類は同じ

27892426 1608311735922052 5558057859960274944 n
cyaineeeさんの投稿

退職者の確定申告は通常とは異なり還付申告扱いになると前述していますが、還付申告は具体的には受付期間が異なるだけで必要書類は通常の確定定申告とは変わりありません。厳密にいえば通常の確定申告では正しい所得税を納め、還付申告は払いすぎた所得税を返金してもらうという目的の違いがあります。実質的には気にする必要はありません。

確定申告書Aと確定申告書Bの違いって?

初めて確定申告をするという方はAとBって何?と感じるはずです。確定申告書Aは給与所得、配当所得、一時所得などの申告を行いたい人が対象です。会社勤めで給料をもらっていた人はこちらに該当します。また年金受給者や株式保有者もこの書式です。一方確定申告書Bは所得の種類に関わらずどういった人でも利用できる書式です。

28428491 898534430351563 1736268957796532224 n
lakuwa.nagoyaさんの投稿

つまり自営業の方や不動産経営の方は確定申告書Bを使用することになります。確定申告書Aは項目を簡略化しわかりやすくしたものになっています。確定申告書BはAよりも少々複雑です。退職所得を深刻しない人はAを選べば問題ないです。給与所得も退職所得も含めて深刻するならBを使います。

確定申告で提出する必要書類は全て原本?

28751851 412583055831331 7649589942498099200 n
ilsole_kanaさんの投稿

必要書類は原本でいけないのかという問題ですが、原本でないといけないものも存在します。特に社会保険料の控除証明書はほとんど原本での提出が必要です。国民健康保険や任意の継続健康保険はコピーでも構いません。原本での提出が必要なものはそれぞれ一部ずつコピーをとっておくようにしてください。

退職後の確定申告では社会保険料控除を忘れずに

28152229 497052097356779 473006264431935488 n
nora_onnaさんの投稿

重要なのが社会保険料の控除です。生命保険や年金保険、火災保険など個人でそれぞれ支払っている保険がある人は必ず控除を受けられるよう必要書類を準備してください。国民年金の控除証明書、退職して国民健康保険に加入した人は国民健康保険の控除証明書も含みます。年内に支払った保険は全て対象で必要書類と考えて良いです。

その他の必要書類は各保険料を納めた時の領収書や金額が記載された控えです。こちらも提出が必要なものになりますし、確定申告書を記入する際には金額入力が必須なので領収書は準備しなくてはいけません。またマイナンバーの通知書、もしくは個人番号カードのコピーも必要書類となっているので必ず準備しましょう。

失業保険手当は確定申告対象外

28150874 2097847340446012 1683087371362369536 n
asante_masanteさんの投稿

退職後にハローワークから失業保険手当を受け取っている方も多いと思いますが、失業保険は所得税が課税されていないので、これは確定申告の際は対象外となります。失業保険受給中は確定申告の必要がないという訳ではありません。失業保険は対象外でも会社に勤めていた際の控除は受けることができるのでしっかり深刻しましょう。

印鑑と還付金返金口座を忘れずに

必要書類の他に、印鑑と還付金を受け取るための口座も必要です。印鑑はシャチハタは不可能です。また訂正印も準備しておきましょう。還付金を受け取る口座は銀行機関名、口座名義、口座番号や店番、預金口座などがわかっていれば大丈夫です。

退職後の確定申告の提出場所は?

27894057 1515544311874058 7085509618108989440 n
riderz5150さんの投稿

退職者の確定申告の場合も必要書類の提出場所は同じです。自分の現住所の管轄する税務署か、または通常の確定申告の期間中にだけ受付してもらえる還付申告センターがあります。直接渡しに行くこともできますが、郵送する人が多いです。郵送の場合は確定申告書類を送るのに適切なものとそうでないものがあるので注意してください。

パソコンやスマホからも確定申告書は作れる

26872740 594034374267998 509931438305443840 n
loveandpeacekazuさんの投稿

国税庁のホームページにアクセスすると、確定申告書をインターネット上で作成できるページがあります。e-Taxと呼ばれるものですが、手書きよりも大変便利です。まず誤字脱字を防ぐことができるだけでなく、税務署で記入する必要がない上オンラインでも提出が可能で、ストレスフリーです。また還付金も自動で計算してくれます。

27893941 446185105800439 1831731915984470016 n
masaki2325さんの投稿

確定申告書を初めて書く人はネット環境があるならe-Taxを利用することをおすすめします。画面の案内に従って作成できるので簡単です。さらにe-Taxの場合は前述した必要書類や領収書の提出は、画面に金額を入力して行くことで原本の提出を省略することができます。マイナンバーについても同様です。

1597842 1556188397973285 2032006589 n
tomoaki_davidsonさんの投稿

しかもe-Taxを利用すると税務署での確認もスムーズになるため、書類で提出するよりも早く還付金を受け取ることができます。e-Taxにアクセスし還付金の処理状況を確認することも可能という優れものです。e-Taxでの申請はガイドに従うだけなので、今回は書面での確定申告書の書き方を見ていきます。

退職者の確定申告書の書き方

書面での書き方:確定申告書A

書面での書き方はまず上記の確定申告書Aの場合なら名前、生年月日、電話番号、続柄、現住所、そして確定申告する期間、つまり昨年の1月1日時点の住所を記入します。また個人番号にはマイナンバーを記入します。次に「収入金額等」の欄の書き方です。源泉徴収票を手元に用意したら、「支払金額」と同じ金額を「給与」の欄に記入します。

28158008 961732530660958 8589231132191490048 n
qfypt656さんの投稿

給与以外に該当するものがなければあとは空欄になります。その次に所得金額の書き方は、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を「給与」欄と「合計」欄に記入します。株式の配当などがあればその下にも記入が必要です。その下の「所得から差し引かれる金額」の書き方は源泉徴収票の「所得控除の額の合計額」を記入していきます。

27580115 348340985683377 188664397051199488 n
kai_makana_alohaさんの投稿

社会保険、生命保険、地震保険など自分の加入している保険を確認し、源泉徴収票と変更がなければ「6から16までの計」の欄に合計金額を記入し、変更がある場合は各保険の金額記入欄に記入していきます。またその下の医療費控除や寄附金控除の書き方も見逃さないようにしましょう。

医療費控除は退職後に発生するケース大

源泉徴収票後新たに記入が必要な医療費控除の書き方ですが、医療費控除の明細書の合計金額を記入します。医療費控除の計算は支払った医療費 − 保険金 − 10万円になります。寄附金控除の書き方は、これはいわゆるふるさと納税に当たるのでふるさと納税をした方はここに控除額を記入します。控除額は特定寄附金額 − 2000円 になります。

27580561 1831625803537870 7476489278566957056 n
mint_1015さんの投稿

続いて「税金の計算」欄の書き方です。ここでは項目が細かく分かれていますが、これまで記入した所得控除とは別に、該当する特別控除などがある場合に記入します。例えば住宅ローン控除が該当する人は「住宅借入金等特別控除」に記入が必要です。こちらの「税金の計算」の各項目に該当しない人は空欄で構いません。

27878505 152112605451976 6029075679088214016 n
select_shop_paisleyさんの投稿

「その他延納の提出」の書き方です。よく該当するのは「配偶者の合計所得金額」の欄ですが、配偶者特別控除を受ける場合に記入します。「青色申告特別控除額」などもよく聞きますが、ここは青色申告をした個人事業主が主に該当するので、会社を退職した人には関係ないでしょう。またその下の「延納の届出」は納税が困難な状況の場合に申請します。

さらにその下に「還付される税金の受取場所」という項目があります。こちらの書き方は、自分が希望する口座の情報を記入していくだけなので簡単です。確定申告Aのポイントは「所得から差し引かれる金額」をスムーズに記入できるようにあらかじめ念入りに準備しておくことです。

書面での書き方:確定申告書B

11008044 870707826320562 110849613 n
mucho_cabronさんの投稿

確定申告書Bの書き方は退職所得控除を行う人が対象です。また大まかな流れは確定申告書Aと変わりません。またBの申告書の他に離課税用の申告書第三表分が必要書類になります。これらが揃ったらまずは確定申告書BにAと同様の書き方で記入していきます。退職所得の還付申告で重要なのは申告書第三表分です。申告書第三表分の書き方を見ていきます。

退職所得で重要な申告書第三表分

28753812 1827440130640986 3883112127388450816 n
tomonoshinさんの投稿

まずは「収入金額」の「退職」欄に支払金額を記入します。その次に「所得金額」の「退職」欄に退職所得を記入します。退職所得の計算方法は前述した通りです。続いて「税金の計算」の「総合課税の合計額」欄に支払金額から給与所得控除額を差し引いた金額を記入します。「所得から差し引かれる金額」には各保険などの該当控除の合計額を記入します。

27580643 991114544373004 3096907897020350464 n
eriri0324さんの投稿

「課税される所得金額」の欄には、その上に記入してきた番号に該当する「対応分」の欄に課税所得を記入していきます。効率の良い書き方は確定申告書Bの第一表や第二表と見比べながら記入していく事です。各書類と同じ金額を記入する箇所が多いのでそれぞれの表に振られている番号を追いながら見ていきます。

Thumbふるさと納税のワンストップ特例と確定申告の注意点!どちらがお得?

定年退職をした時の確定申告

定年退職をした場合も確定申告はしておきましょう。通常の退職も定年退職も大きな違いはありませんが、退職金については「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出していなければ確定申告が必要です。定年退職が年の途中であった場合は年末調整がされないので同様に確定申告で還付申告をしましょう。

年の途中で定年退職してから年末までの間に自分で医療費や保険料を支払った場合も同様です。保険料の控除を受けましょう。還付申告の期限も同様に翌年1月1日から5年間になるので間に合う方も多いはずです。一方退職後に株式の所得や不動産収入による所得がある方は、義務として確定申告を行わなければいけません。

年金受給者は該当項目を満たす人は確定申告が必要です。該当項目とは年金の収入金額の合計額が400万円以上、公的年金などの雑所得以外の所得が20万円を超える場合です。雑所得以外の所得というのは、生命保険満期の返戻金や個人年金がそれに当たります。各所得額が少額でも合計金額が超えると申告が必要になるので、気をつけてください。

退職後にアルバイトをした場合の確定申告

26865942 180048619434230 2154725138954715136 n
akiko0214akikoさんの投稿

退職後年内にアルバイトをし、年末調整を勤務していた会社から受けなかった場合は前の会社の源泉徴収票とアルバイト先の源泉徴収票の2種類を確定申告しなければいけません。もしアルバイト先から源泉徴収票を受けとっていない場合は発行してもらうように伝えましょう。アルバイトで103万以下の稼ぎでもその年会社に勤めていた場合は必要です。

転職や副業も要チェック!退職した会社が複数ある時

17126604 1266543280067705 3518901894279856128 n
koichiriさんの投稿

1年間の間に複数の会社を退職し、どの会社からも年末調整を受けていなかった場合は全ての会社から源泉徴収票をもらって確定申告をします。また退職は複数回したが現在会社に所属しているという人は、前職の会社の源泉徴収票さえあれば、現在の会社で年末調整を行ってもらえるので確定申告は不要です。

同時に複数の会社に所属、つまり副業をしていた人についても場合によっては確定申告が必要です。会社に勤めていた間の副業の所得が20万円を超える場合は確定申告が必要になります。副業の種類にもよりますが、年末調整を行わないような副業なら前職と同時に確定申告をします。

Thumb副業の確定申告はいくらから必要?注意点や申告方法も徹底解説!

これから退職予定の方への注意点

12328440 757732874327810 112500225 n
_ryuboy_rika_さんの投稿

まだ在職中でこれから退職をするつもりだという方もいると思います。そのような方への注意点としては、退職金をもらうのであれば「退職所得の受給に関する申告書」を準備して会社へ提出しておくことをおすすめします。後から自分で確定申告するよりもずっと楽です。また年末に退職するなら年末調整をしてもらえるのかも確認しておきましょう。

16583140 763267257158011 5319788931397451776 n
michio.haradaさんの投稿

自分が個人で加入している保険についても把握しておいてください。いざ自分で確定申告をするとなっても、必要書類が揃っていなかったり記入漏れ、記入ミスが発生したりする音もありえます。余裕を持って行動していくことが大切です。申告した還付金はだいたい1ヶ月から1ヶ月半で振り込まれます。そのことも把握して動くことをおすすめします。

退職後は必ず確定申告を見直そう

28155151 171525436834245 3911565104608444416 n
kikiko.skさんの投稿

退職後の確定申告が重要であることがおわかりいただけたでしょうか。今年の確定申告は終わってしまいましたが、5年以内であれば遡って深刻することができます。自分にも返ってくるお金があるかもしれません。一人ではどうしてもわからない人は税務署の相談窓口に行って気軽に相談してみることもできます。払いすぎた税金はしっかり受け取って下さい。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ