リフォームローンの金利を比較!相場や借りる時のポイントも詳しく解説!

リフォームローンの金利について、比較した上で具体的にご紹介していきます。住宅ローンの中でも、リフォームローンの金利事情について気になるという方が少なくありません。相場や借りる時のポイントなども詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

リフォームローンの金利を比較!相場や借りる時のポイントも詳しく解説!のイメージ

目次

  1. リフォームローンの金利について把握しよう
  2. 住宅ローンとリフォームローンの違いとは?
  3. 金利が高いのがリフォームローンの特徴
  4. 金利を考慮したリフォームローン返済計画が重要
  5. 金利も勘案したリフォームローンの種類
  6. リフォームローンの金利目安
  7. 保証料が金利に含まれているリフォームローン
  8. リフォームローンの金利や保証料以外に必要な費用
  9. リフォームローンの団体信用生命保険の有無
  10. 低金利のリフォームローンがおすすめ
  11. おすすめ金利のリフォームローン1:au住宅ローン
  12. おすすめ金利のリフォームローン2:イオン銀行
  13. おすすめ金利のリフォームローン3:住信SBIネット銀行
  14. おすすめ金利のリフォームローン4:三菱東京UFJ銀行
  15. おすすめ金利のリフォームローン5:新生銀行
  16. 金利も含めたリフォームローンの返済プラン
  17. リフォームローンにおける審査基準
  18. リフォームローンでの融資を受ける流れ
  19. 保証会社の利用が必要なリフォームローンも存在
  20. 担保不要なリフォームローンも存在
  21. 金利優遇のリフォームローンも活用
  22. リフォームローンの金利について理解を深める

リフォームローンの金利について把握しよう

リフォームローンの融資を受ける際にかかってくる金利について、さまざまな銀行やローンを比較しながらご紹介していきます。住宅ローンと並んで、リフォームローンを組む人が増えている中において、金利差を把握しておくことが重要です。金利の相場や考え方のポイントなども取り上げていきますので、ぜひ金利についての理解を深めていってください。

住宅ローンとリフォームローンの違いとは?

一般的に家を建てたり購入したりする際にかかってくるのが、住宅ローンと呼ばれる費用ですが、住宅ローンとリフォームローンの違いについて改めてご説明しておきます。住宅のリフォームに際しては、住宅ローンとリフォームローンのどちらを利用することも可能となっているので、両者のメリットやデメリットを把握しておくことがポイントとなります。

住宅ローンのメリット

まず、住宅ローンのメリットについてご紹介していきます。住宅ローンに関しては、金利が安いことが最大のメリットとして挙げることができます。固定金利の場合でも年間1%から2%程度の金利となっており、その安さが売りとなっています。返済期間に関しても、30年から35年といったスパンで長期にわたって返済をできることが、大きなメリットです。

住宅ローンのデメリット

14711936 1626050454354075 2764760681403121664 n
dangram2016さんの投稿

一方で、住宅ローンにおけるデメリットとしては、比較的審査が厳しく、正社員で勤めていないと、ローン自体を組めないことが挙げられます。担保として抵当権の設定が必要で、手続き自体も煩雑で複数回の面談を重ねる必要も出てきます。借りられる金額が大きくなる分、審査や手続きにかかる時間も長くなることを覚悟しておくことになります。

リフォームローンのメリット

26427912 666550960402224 4708064461779369984 n
tanikawahome.kkさんの投稿

続いては、リフォームローンを組むことのメリットについてご紹介していきます。リフォームローンに関しては、住宅ローンと違って、比較的審査基準が緩いので多くの方が利用しやすいというメリットがあります。また、リフォームローンの融資を受ける際には、担保も不要なので、手続きも簡単に行えます。審査にかかる時間も比較的短いことがメリットです。

リフォームローンのデメリット

一方で、リフォームローンにおけるデメリットとしては、比較的金利が高いことが挙げられます。住宅ローンに比べてもやや高めの設定となっており、年間3%から5%程度の金利が相場になっています。さらに、借入期間も短くなるというデメリットがあります。一般的には、10年から15年程度が相場となっており、返済期間の短さが大きなデメリットです。

金利が高いのがリフォームローンの特徴

年率金利が3%から5%程度

26187265 322054248308120 1738346652520939520 n
katayakensetsuさんの投稿

上記のリフォームローンのデメリットの箇所でもご紹介したように、リフォームローンにおいては金利が高いことが特徴となっています。年間3%から5%という金利が相場であり、この金利をどう捉えるかによって、リフォームローンの価値が変わっていきます。リフォームに関して、住宅ローンを組めないこともないので、その辺の兼ね合いもポイントです。

借入額も少額

リフォームローンに関しては、金利が高いという特徴に加えて、融資してくれる金額が少額というところにも難点があります。融資金額の相場としては、50万円から500万円程度が相場となっており、数千万円単位での借入を行うことは難しい状況になっています。そういったことも踏まえて審査基準が緩いという点もあるので、そこを活かすのもポイントです。

金利を考慮したリフォームローン返済計画が重要

26155151 1891446667851736 4574334109488250880 n
negishi.tatsuhiroさんの投稿

リフォームローンを比較検討していく上では、相場となる金利を考慮した上で、適切な返済計画を立てていくことも重要です。住宅ローンの場合は、最長で35年のローンを組むことができますが、リフォームローンに関しては、最長でも15年と短めの設定になっています。そういった短いスパンにおいて、いかに返済していくかという計画が重要になります。

比較的、高金利のリフォームローンにおいては、月々の返済金額も割高になりがちなので、無計画に返済プランを設定してしまうと、家計のやり繰りが上手くいかない可能性も出てきます。子供の進路計画や、プライベートにかかる費用、自動車ローンなど、ある程度のライフプランを立てていき、その中で可能な融資額を決定していくことがポイントです。

24127111 123621525084656 1974805888023658496 n
miyu.10969.rrtさんの投稿

すべてが上手く計画通りにいくとは限りませんが、少なくともリフォームローンを組むのであれば、一定の金額に対する目安を作っておくことが重要です。無尽蔵にお金があるというのであれば別ですが、無計画に資金を使っていると、破綻する可能性も高くなっていきます。上手くいかない時に軌道修正を図るという点においても、当初計画が重要になります。

金利も勘案したリフォームローンの種類

都市銀行のリフォームローン

18513263 309250786171759 2229504492422823936 n
managi2017さんの投稿

リフォームローンについては、金利の相場も気になるところですが、その種類について確認しておくことも重要です。まず、リフォームローンには、都市銀行のローンが用意されています。三井住友銀行やみずほ銀行、りそな銀行や三菱東京UFJ銀行といった都市銀行のリフォームローンが人気を博しており、実際に借り入れを行う人も少なくありません。

14360019 1996914493868121 587202817698037760 n
re.homeさんの投稿

例えば、三井住友銀行であれば、15年の無担保で最大1,000万円のリフォームローンを組むことができます。その他、三菱東京UFJ銀行でも、15年無担保で最大1,000万円のリフォームローンを組むことが可能です。りそな銀行とみずほ銀行に関しては、最大500万円までの融資となっており、銀行ごとにも相場の違いがあるのが、リフォームローンの特徴です。

財形住宅融資

都市銀行以外のリフォームローンとしては、財形住宅融資という形でローンを組むことができます。財形貯蓄を行っている方で、一年以上の貯蓄を続けている人、そして残高が50万円以上ある場合には、最高4,000万円までの融資を受けることが可能になっています。こういった仕組みを活用して、住宅のリフォームに励む人たちも少なくありません。

リフォームローンの金利目安

16585078 671797719667036 5165248015153233920 n
negishi.tatsuhiroさんの投稿

相場や比較ポイントなど、さまざまあるリフォームローンですが、改めて金利の目安について解説していきます。一般的なリフォームローンにかかる金利の相場は3%から5%となっていますが、実際には銀行ごとに異なる側面もあるのが実態です。新築で購入した住宅なのか、または経年した上で購入した自宅なのかによっても判断ポイントが変わっていきます。

住宅ローンと比較しても、リフォームローンの金利は高くなるのが相場であって、借入期間の短さや借入金額の少なさを考慮した上でも仕方のない部分と言うことができます。借入額が少なければ金利を高くしないと、銀行側としては、リフォームローンをサービス提供する上での旨みがなくなってしまうという面もあるので、高金利になっていることが多いです。

保証料が金利に含まれているリフォームローン

12353984 850332915084652 1287803410 n
matsuoka_corpolationさんの投稿

リフォームローンを組む際には、見るべきポイントもいくつかあります。その一つが、保証料が金利に含まれているかどうかであり、低金利であっても、保証料が別途上乗せという形になると、利用者側にとって、返済総額はそれほどメリットのあるものになりません。したがって、金利と保証料の関係については、真っ先に確認しておくことがポイントです。

17881279 923418607800540 6343179561001287680 n
kurosawakensouさんの投稿

金融機関におけるパンフレットやホームページには、金利に保証料が含まれているかどうかの記載がありますので、まずはそこを確認するようにしてください。たとえ、金利が2.0%であっても、保証料として0.7%の金利が上乗せされてしまえば、実質的な金利は2.7%に跳ね上がってしまいます。そういった部分についても考慮しておく必要があります。

Thumb住宅ローン頭金の目安額を調査!損をしないため10年後を見据える事も重要!

リフォームローンの金利や保証料以外に必要な費用

29087514 2058398104406218 8933696412797894656 n
katoul_instaさんの投稿

リフォームローンを組む際には、金利や保証料といった部分に目が行きがちになりますが、その他にかかってくる費用についても考慮しておくことがポイントです。利用者からすれば、そういった費用も含めて、トータルの返済になるわけであり、決して軽視することはできません。そのため、金利や保証料以外にかかってくる費用に目を向けることが重要です。

金利や保証料以外には、印紙代や登記費用、団体信用生命保険料や事務手数料といった費用がかかってきます。こういった費用は、一つ一つは少額であっても、合計してみると、けっこう高くなっていることもあるので、決してないがしろにすることはできないのです。特に、事務手数料は、数万円単位でかかってくることもあるので、注意が必要です。

リフォームローンの団体信用生命保険の有無

万一の際の保証

28154037 1574468432659953 6746471127465328640 n
mii__ouchiさんの投稿

リフォームローンに関しては、団体信用生命保険の有無についても確認しておく必要があります。団体信用生命保険とは、ローン返済中に返済者が、死亡してしまったり、高度障害を患ったりしてしまった場合に、生命保険会社がローン残高を肩代わりしてくれる制度です。つまり、万一の際の保証と考えることができ、保険の役割も大きなものがあります。

できれば加入したい団体信用生命保険

住宅ローンを組む場合もそうですが、リフォームローンにおいても、できれば団体信用生命保険に加入しておきたいところです。万一のリスクというのは、いつ何時発生するか知りえないものであり、実際にリスクが発生した場合の対処策として、加入しておくのが賢明な判断です。団体信用生命保険の有無も含めて、あらかじめ確認しておくことが大切です。

低金利のリフォームローンがおすすめ

28753978 1605852592868217 5684641489750065152 n
sanwacompanyさんの投稿

リフォームローンに関して、さまざまな見方や金利の相場、検討ポイントなどをご紹介していますが、やはり何と言っても、低金利のリフォームローンがおすすめであることは間違いありません。低金利と言っても、保証料が別であればあまり期待することができませんが、保証料も含んだ上で低金利であるならば、まずはそれを検討するのがおすすめです。

常陽銀行のリフォームローン

21148012 1311650785623681 5640958159066497024 n
komurollさんの投稿

低金利のリフォームローンという意味では、常陽銀行のリフォームローンをおすすめすることができます。金利自体が、1.575%という低金利からの準備となっており、保証料も金利に含まれているので、別途上乗せがかかることもありません。さらに1,000万円以下の借入であれば無担保での融資が可能となっており、比較的利用しやすいリフォームローンです。

自宅のあらゆるリフォームに対応

常陽銀行のリフォームローンについては、その用途が幅広い点もおすすめのポイントになっています。金利の相場から見ても安いところが魅力的な上に、キッチンやトイレといった室内整備の修理から、外壁や内壁の修理、住宅の建て替えに伴う引越しの費用についても対応しており、柔軟なリフォーム計画が立てやすいところも魅力的な金融機関です。

Thumb住宅ローンおすすめランキング!低金利や手数料で人気の商品を紹介!

おすすめ金利のリフォームローン1:au住宅ローン

低金利がお得感を高める

28751605 1893086090724967 9141075889323245568 n
_aolani_5883さんの投稿

それでは、さらにリフォームローンの比較という点で各金融機関のリフォームローンについてご紹介していきます。まず、au住宅ローンについてですが、こちらは、住宅ローンと合わせて借入を行うことが可能となっており、金利が変動で0.497%、10年固定でも0.59%という低金利がお得感を高めてくれます。リフォームローンにはうってつけのローンです。

融資金額も最大1億円まで

au住宅ローンに関しては、融資金額も最大1億円まで対応となっており、相場金額と比べても、莫大に高い金額となっています。さらに、通常の住宅ローンと同じように、11疾病保障団信特約がついているところも大きなポイントであり、安心してローンを組むことができます。その金利の低さや、融資額の大きさに魅了される人も増えているのが特徴です。

おすすめ金利のリフォームローン2:イオン銀行

無担保型と有担保型が存在

28751267 232451683981988 439676837178638336 n
beach_house16さんの投稿

au住宅ローンも魅力的でおすすめポイント満載のローンですが、イオン銀行のリフォームローンについてもおすすめな点が数多く存在します。イオン銀行においては、無担保型のリフォームローンと有担保型のリフォームローンが用意されており、利用者のニーズに合わせて柔軟な資金計画を立てていくことができるようになっています。

無担保型の場合には、全期間固定金利が2.45%となっており、相場の金利と比べても若干安いと言うことができます。返済期間に関しては、1年から10年に設定されており、融資金額の最大額は500万円までとなっています。有担保型のリフォームローンにすることで、より高額な融資も可能となっているので、その辺は要相談という形になります。

イオンでの買い物が5%OFF

28157646 593142674358997 7846145306868580352 n
shiobuu4さんの投稿

イオン銀行のリフォームローンにおいては、住宅ローンの利用者と同様に、イオンでのお買い物が毎日5%OFFになるという嬉しい特典がついてきます。こういった特典があることから、イオン銀行の住宅ローン人気が高まっているという背景もあり、リフォームローンについても同様です。とりわけ、主婦の方からの評判が良いのが、こういったサービスです。

Thumbイオン銀行の住宅ローン金利に注目!借り換えや優遇金利なども調査!

おすすめ金利のリフォームローン3:住信SBIネット銀行

続いて、リフォームローンについて比較、検討していくのは「住信SBIネット銀行」です。住信SBIネット銀行は、ネット銀行として、店舗を持たない経営を行っているので、運営費を安く抑えられているというメリットがあります。そのため、金利も低く設定されており、2%台の金利でリフォームローン融資をできる可能性も高くなっています。

25039148 138574850153840 2319371310087536640 n
m___kakeiさんの投稿

住信SBIネット銀行においては、優遇金利制度が採用されており、最大で2.475%の優遇金利を受けることができます。住宅ローン残高がある人は1%の優遇金利を受けられたり、カードローン契約を結んでいる人は0.5%の優遇金利を受けられたりするというメリットもあります。融資額としても、最大1,000万円までの借入が可能となっています。

おすすめ金利のリフォームローン4:三菱東京UFJ銀行

最大1,000万円の融資が可能

28753758 167213210603648 6800705676671713280 n
boku_no_mesenさんの投稿

続いて比較するのは、「三菱東京UFJ銀行」のリフォームローンについてです。三菱東京UFJ銀行では、50万円からの融資が可能となっており、最大で1,000万円まで、ローンを組むことができます。また、融資期間についても、最長15年までの対応となっており、比較的ゆとりを持った返済計画を立てられるところが、おすすめのポイントです。

優遇金利の適用

28434504 150843425587769 2193255307747000320 n
koichi5298さんの投稿

三菱東京UFJ銀行のリフォームローンにおいても、優遇金利を適用することができます。もともとの設定金利も2.875%ということで、相場と比べても安めですが、さらに三菱東京UFJ銀行の住宅ローン利用者の場合には、0.5%の優遇金利があります。また、エコ・バリアフリーリフォームに関しても、0.385%の優遇金利が適用されることになっています。

おすすめ金利のリフォームローン5:新生銀行

25014693 1299604563518981 5208108034965897216 n
haru_kakeiboさんの投稿

おすすめのリフォームローンと題して、最後に比較、検討の対象とするのは、「新生銀行」です。新生銀行のリフォーム資金については、住宅ローンでの利用という形になります。借り換えに伴うリフォームや中古住宅の購入に合わせてリフォームを行うなどといった場合に資金の利用可能となっており、リフォーム単独では利用できないので、注意が必要です。

25039582 925359430973120 5736774515753484288 n
jasmine1717_さんの投稿

新生銀行の住宅ローンという観点では、借入金額が最大1億円までで、融資期間は最長35年までとなっています。あくまでも、住宅ローンの借入という形で、リフォームを行うことになるのが、新生銀行の特徴でもあります。したがって、金利自体も安めに設定されているのがメリットであり、利用者の数も年々増加傾向にあります。

Thumb新生銀行住宅ローンの口コミや評判!審査は甘い?金利には主婦も注目!

金利も含めたリフォームローンの返済プラン

28765981 199715897287108 516686923645845504 n
__________.t_noieさんの投稿

さまざまな銀行、金融機関のリフォームローンについて比較してきましたが、そういったポイントも踏まえた上で、改めてリフォームローンの返済プランを練っていくことが重要です。リフォームローン単体では借入を行うことができず、住宅ローンの借り換えという形になるケースも出てきますので、その辺も含めて、金融機関を絞り込んでいってください。

また、基本的には保証料も含まれた上での金利提示を行う金融機関が多くなっていますが、中には、別途保証料を必要とするリフォームローンもありますので、その辺は入念にチェックしておくようにすることが大切です。銀行の担当者とも、返済プランを練る機会がありますので、そういった時間も活用して、資金計画を立てることがポイントです。

リフォームローンにおける審査基準

金融機関ごとにさまざま

29088029 1645152438897003 145483865304072192 n
iro82hohetoさんの投稿

リフォームローンにおける審査基準や審査内容については、金融機関や銀行ごとにさまざまとなっており、一概にこれだと言える指標は存在しません。一般的には、住宅ローンに比べると、比較的審査基準も甘くなっていますが、基本的には、年収、勤続年数、年齢、担保にできる資産の有無などが審査の対象となりますので、頭に入れておいてください。

審査基準は緩め

住宅ローンと同様に、リフォームローンに関しても、安定した収入があって、勤続年数が長い人が審査に有利になるという図式は変わることがありません。そういった中でも、リフォームローンの場合は、住宅ローンに比べても少額に収まることが多いので、相対的に審査基準は緩めになっていきます。その辺も踏まえて、審査にチャレンジしてください。

Thumb住宅ローンの審査を解説!事前・仮審査から本審査までの基準や対策は?

リフォームローンでの融資を受ける流れ

それでは、実際にリフォームローンを組んで融資を受けるまでの流れについてご紹介していきます。まずは、各金融機関のホームページで仮審査に申込みます。その後、申込み内容に基づいて仮の審査が行われた後で、金融機関側から、審査結果の連絡が届きます。この時点で、仮審査に落ちた場合は、リフォームローンの融資を受けることができません。

仮審査に合格した場合は、正式な申し込みを行うことになります。そして、最終的な審査基準や審査内容に基づいて、厳正な審査を行った上で、融資の承認と決済が行われることになります。ここまで来てようやく、リフォームローンの融資を受けることができます。こういった一連の流れについても、スムーズに行えるように確認しておいてください。

Thumbみずほ銀行住宅ローンは金利が評判!推移や借り換え時の水準も網羅!

保証会社の利用が必要なリフォームローンも存在

22500384 744493669094858 5369211038468145152 n
kkr__88さんの投稿

リフォームローンの融資に当たっては、保証会社の利用が必須となっている金融機関も存在します。例えば、北越銀行のリフォームローンを活用する場合には、「北越信用保証」か、「ジャックス」と呼ばれる保証会社の利用が義務付けられています。金融機関によって、この辺の判断は異なっていますので、その都度確認するようにしてください。

中には、リフォームローンを組むにあたって保証人が必要となる金融機関も存在しますので、事前に確認しておくようにしてください。審査内容や審査基準と同様に、この辺の事項に関しては、金融機関によって異なるというところを把握しておくことがポイントです。

担保不要なリフォームローンも存在

28766781 1086810791512076 6921325366413885440 n
hiromi.u163さんの投稿

リフォームローンに関しては、無担保で借入を行うことができるローンも存在しています。住宅ローンの借入に際しては、購入した物件に抵当権を設定する必要がありますが、リフォームローンに関しては、必ずしもそういったケースばかりではありません。有担保型もありますが、手続きをスピーディーに進めたい場合には、無担保のローンがおすすめです。

金利優遇のリフォームローンも活用

本文中の金融機関比較の段落でもご紹介したように、銀行や金融機関によっては、独自の金利優遇措置を敢行しているケースもあります。当初金利が3%であっても、優遇金利を適用することで、2%台や1%台にするということも可能となりますので、そういった優遇金利についても確認しておくことが大切です。少しでもメリットのある方を選んでください。

リフォームローンの金利について理解を深める

29416293 174161036542213 5578378673087578112 n
amac_houseさんの投稿

リフォームローンの金利について、各金融機関の比較、金利の相場や借りる時のポイントなどを改めて確認しておくことが大切です。住宅ローンに比べて、少額で収まるケースが多いとは言え、ローンを組むことに変わりはありません。そういった意味で、適正な返済計画を立てることも重要なので、その辺の判断も冷静に行っていくようにしてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ