借金が時効は5年もしくは10年で成立?条件や手続きなどを詳しく解説!

借金の時効について、詳しくご紹介していきます。5年とも10年とも言われている借金の時効についてですが、その条件や手続き方法を具体的に理解していきましょう。借金を抱えている人も、そうでない人も、ぜひ本記事を参考にしてください。

借金が時効は5年もしくは10年で成立?条件や手続きなどを詳しく解説!のイメージ

目次

  1. 借金の時効条件について把握しよう
  2. 5年から10年で借金の時効が成立する
  3. 信用金庫が貸主である場合の借金の時効
  4. 借金の時効に関する起算日とは?
  5. 「時効の援用」という手続きを経て借金の時効が成立する
  6. 借金の時効が成立しない場合もあるので注意
  7. 判決が確定した場合には借金の時効期間が伸長される
  8. 借金の時効が成立していない場合には多額の利息がつくことも
  9. 故意に借金の時効を成立させるにはデメリットが多い
  10. 差し押さえによる借金の時効中断もあり得る
  11. 1円でも返済をすると時効の進行はストップする
  12. 借金の時効成立にいたるまでは精神的に不安定な状態が続く
  13. 時効成立まで借金が減ることはない
  14. 基本的に借金の時効が成立することはほとんどない
  15. 相手も借金回収のプロということを念頭に置く
  16. 借金の時効成立後は個人信用情報機関に記録が残る
  17. 借金の時効ではなく任意整理による返済も視野に入れる
  18. 借金返済にあたって任意整理のメリットとは?
  19. 借金返済にあたって任意整理のデメリットとは?
  20. そもそも借金をしないような家計管理が重要
  21. 借金の返済で困った時には専門家へ相談する
  22. 借金の時効条件や手続きについて理解する

借金の時効条件について把握しよう

28157009 563235860708736 4917496932672208896 n
popuco_7さんの投稿

何らかの理由や事情によって、銀行や信用金庫、消費者金融といった金融機関から借金をしてしまうこともあるでしょう。基本的に、借金は返済するのが当然の考え方ですが、借金にも時効というものが存在します。一定期間経ての手続きによって時効が成立することになります。そのための条件や手続きについてご紹介していきますので、参考にしてください。

5年から10年で借金の時効が成立する

借金の時効が成立する条件としては、5年や10年といった数字がポイントになります。この5年や10年といった条件の差は、借入先によって法律で定められている期間が異なっているということです。大まかに分けると、銀行や消費者金融からお金を借りた場合の時効成立は5年で、知人や友人、家族からお金を借りた場合の時効成立は10年となっています。

この条件について、さらに詳しく見ていけば、お金の貸主か借主のいずれかが商法上の商人であった場合は5年の時効成立期間となり、商人でない場合には一般的な債権として10年の時効成立期間となります。したがって、借金の時効期間を判断する上では、貸主や借主が商人であるか否かが大きなポイントになってくるわけです。

そのため、消費者金融であっても、貸金業者の形態の違いによって、時効成立の条件は異なってくることになります。貸金業者が会社として運営している場合は、商法上の商人として扱われることになるので、時効成立期間は5年となります。一方、個人で貸金業者を運営している場合は、商法上の商人としては扱われないので、10年の時効成立期間となります。

信用金庫が貸主である場合の借金の時効

ここで難しい問題になってくるのが、信用金庫が貸主である場合の、借金の時効条件の考え方です。基本的に、個人か法人かの違いによって、5年と10年といった借金の時効成立期間が定められることになっていますが、信用金庫の場合は、裁判によって、その条件が成立することになりました。それが、昭和63年10月18日に開かれた最高裁の判決です。

その最高裁判の判決によれば、「信用金庫の行う業務は営利を目的とするものではないというべきであるから、信用金庫は商法上の商人には当たらないと解するのが相当である」という判事が示されており、信用金庫は、法律上の商人には当たらないという見解になっています。したがって、信用金庫が貸主の場合の借金成立期間は10年となっています。

ただし、信用金庫が貸主であっった場合でも、借主が法人や何らかの組織として運営している商人である場合は、商事債権という扱いになり、時効成立期間は5年に短縮されることになります。個人事業主の方が信用金庫から借入を行った場合も同様の5年となります。こうした条件の違いを適切に認識した上で、借金の時効に対する知識をつけることが重要です。

Thumb借金取り立ての対応を解説!自宅に来たら?正規貸金業者から闇金まで網羅!

借金の時効に関する起算日とは?

借金の時効が成立する条件として、貸主や借主の状況に応じて5年や10年といった期間が定められることになるのですが、その5年や10年といった期間はいつから計算するのでしょうか。その計算開始期日のことを起算日と呼びますが、「返済期日がある」場合と、「返済期日がない」場合で、考え方が変わってくることになります。

まず返済期日がある場合は、返済期日の翌日を起算日として、5年や10年といった期間を算出することになります。例えば2018年3月1日に借入を行い、初回の返済期日が2018年4月1日だった場合は、その翌日の4月2日が時効成立に向けての起算日ということになります。つまり、5年後の2023年4月2日や、10年後の2028年4月2日が時効成立日となります。

28429188 175662473076078 4560405796835295232 n
milk33102017さんの投稿

続いて、返済期日がない場合の考え方としては、借入を行った契約日の翌日から時効に向けてのカウントダウンがスタートします。例えば、2018年3月1日に借入を行った場合には、2018年3月2日が時効に向けての起算日となり、5年後の場合は2023年3月2日、10年後の場合は2028年3月2日といった時点で、借金の時効が成立することになります。

Thumb借金まみれになる理由やなる人の特徴を解説!返済地獄から抜け出すには?

「時効の援用」という手続きを経て借金の時効が成立する

借金の時効成立条件となる起算日についての考え方についてご紹介しましたが、単純に5年や10年経過したからと言って、借金の時効が成立するわけではありません。所定の手続きをとることで、借金の時効が成立となり、借金の返済義務がなくなります。これを「時効の援用」と呼びますが、相手に時効が成立していることを意思表示する必要があります。

お金を借りた相手や、消費者金融、銀行などに対して、「借金の消滅時効が成立したので、すでに支払い義務はありません」といった手続きを通して、意思表示を行うことによって、初めて借金の時効が成立することになります。この手続きに関して、特に法的書面が定められているわけではないので、郵便局などの内容証明で郵送するという方法が最適です。

28435854 228958247649555 3172521208583290880 n
milk33102017さんの投稿

時効の援用に関する手続きについては、相手に口頭で直接伝えても問題ありませんが、口頭だと、言った言わないといったトラブルに発展する可能性も否定できません。そういった意味では、第三者にきちんと意思表示を行ったということを証明してもらうことが大切です。その点で、郵便局の内容証明は郵便局が責任を持って、証明してくれるのでおすすめです。

借金の時効が成立しない場合もあるので注意

5年や10年といった期間を経て、必要な手続きを踏むことで借金の時効を成立させることも可能ですが、すべての条件下において、借金の時効が成立するというわけでもないので、注意しておく必要があります。当然ですが借主が逃げ回っていて、あらゆる場所で借金の時効が成立してしまっては、貸主側もやっていけませんので、制御する仕組みも整っています。

例えば、債権者となる貸主側が債務者へ請求を行うことで、時効の進行は一時ストップされ、起算日もゼロに戻ることになります。具体的には、債権者が裁判所へ申し立てを行って、支払い請求を行った段階で、時効のカウントダウンはゼロに戻ります。その他、裁判所が債権者に強制執行の許可を出すことで、債務者の財産を差し押さえることも可能です。

28753240 270891993448460 1477626628526833664 n
milk33102017さんの投稿

債権者が債務者の財産を差し押さえた時点でも、時効は中断されることになるので、注意が必要です。債務者となる借主側は、時効の成立を向かえるために逃げ回っていたとしても、債権者がこういった手続きを経ることで、自動的に時効の成立が先延ばしになっていきますので、なかなか時効を迎えるのは難しいという状況に追い込まれていくことになります。

判決が確定した場合には借金の時効期間が伸長される

債権者側が、上記のような手続きをとることで、時効の成立もストップされることになるわけですが、判決が確定した場合には、さらに時効期間が伸長されることもあります。債務者が訴えを起こし、裁判になった場合、たとえ5年の時効期間であった場合でも、訴えが認められるとその時効成立期間が10年に変更されることもあるのです。

民事再生の認可や不認可の決定についても、確定した再生債権について、再生債権者の記載と確定債権には同一の効力が発効されるという規定になっており、時効期間が5年から10年に伸長される可能性もあります。いずれにしても、債務者が逃げ回っていても、債権者が必要な手続きを経ることで、借金の時効成立がどんどん先延ばしになるということです。

借金の時効が成立していない場合には多額の利息がつくことも

33119872 2194735990543320 3825838442143547392 n
kawanai_kaenaiさんの投稿

借主側は、時効の成立を待って逃げ回っていたとしても、貸主側となる債権者が、裁判所などで所定の手続きを行うことで、どんどん時効の成立は遅れていくことになります。そういった中で、溜まっていくのは、借金につく利息ばかりです。故意的に借金から逃れようとすると、多額で膨大な利息に追われ、より返済が苦しくなっていくというケースもあります。

したがって、何らかの事情があって借金の返済が厳しくなってきた場合には、逃げ回るのではなく、専門家に相談することが重要です。弁護士や司法書士といった専門家の指示を仰ぐことで、債務整理や任意整理といった道も残されています。借金に対する利息が膨らんで、自身の身を不安定化させるよりは、他の道を探ることが得策だと言えます。

故意に借金の時効を成立させるにはデメリットが多い

34159754 1658009670920960 2572197051047608320 n
kawanai_kaenaiさんの投稿

故意に借金の時効を成立させようとしても、債権者が所定の手続きを行うことで、どんどんその時効成立日が先延ばしになっていくだけでなく、さまざまな制約やデメリットに負われることになります。上記でもご紹介したように、借金の返済が先延ばしになればなるほど、その分借金自体にかかってくる利息が膨らんでいき、高額な借金を抱えることになります。

さらには、日々の督促の電話や手紙といった人的なアプローチや財産差し押さえの恐怖など、精神的ストレスも計り知れないものになることが予想されます。あるいは、家族や友人、知人との関係悪化や、会社にばれることで、社会人としての信用を失うことにもなりかねません。こういったリスクやデメリットと、5年や10年も戦い続ける必要があるのです。

20687225 355248431562223 8440151004871131136 n
yutorinoikikataさんの投稿

借金の返済を免れるために、夜逃げのようなことを繰り返す人もいますが、夜逃げをしても住民票を移すことができず、さらに苦しい状況に追い込まれることになります。住民票を写してしまえば、その情報が債権者のころに行き渡り、再び督促が始まるという自体になりかねません。いろいろな制約に苦しみながら逃げ続けることになるので、注意が必要です。

差し押さえによる借金の時効中断もあり得る

20635578 1733385076961994 5586815066893713408 n
yutorinoikikataさんの投稿

あらゆる条件を駆使して時効の成立を向かえたいと考えるのが、借主側の気持ちでもありますが、そういった心理をはばむ条件として、本文中でもご紹介したように、債権者に用意されている手続きもあるのが実情です。実際には、訴訟や支払い催促などによって、裁判所が債権者に強制執行の許可を出すことで、債務者の財産差し押さえを行うこともできます。

財産差し押さえと言っても、全ての財産を差し押さえられるわけではなく、借金の額に対して差し押さえ割合というのが定められています。例えば、100万円の借金をしている場合については、約30万円分の財産を差し押さえをする権利が認められます。差し押さえになった時点でも、時効のカウントはストップすることになるので、注意する必要があります。

1円でも返済をすると時効の進行はストップする

20634915 110223553012635 3914272398588772352 n
yutorinoikikataさんの投稿

借主側が貸主側に、お金を借り入れたことを認めた場合にも、時効の進行はストップとなり、再び最初からカウントされることになります。これを法律的には、「債務の承認」と呼んでいますが、具体的には、借主が貸主に1円でも返済を行うと、債務の承認という形で、借金をしている事実を認めることになります。

債務の承認に関しては、たとえ借金の時効成立となる5年や10年経過していた場合でも、時効の援用を行う前に行ってしまうと、再び時効の開始が振り出しに戻ることになります。金融機関側としては、この仕組みを利用するために、少額でも債務者に返済を迫ることを繰り返してきます。そうすることで、時効の成立を遅らせる狙いがあるのです。

借金の時効成立にいたるまでは精神的に不安定な状態が続く

23416503 1931892437064338 7944936018602360832 n
phc0706さんの投稿

借金の時効成立となる条件に関してご紹介していますが、同時に時効成立を防ぐための条件や手続きがあるということもご理解いただけているのではないでしょうか。そういった意味で、借金の時効を成立させるというのは、簡単なことではありません。その間に感じるであろう精神的なストレスや、プレッシャーは計り知れないものになることが想定されます。

例えば、債権者に職場を知られているのであれば、仕事を変えなければならない必要性も出てきます。当然、同じ場所に住み続けたり、職場に居続けたりすることが難しくなり、引越しや転職を繰り返さなければならないような状況にも陥っていきます。また、子供がいる場合には、転校も繰り返すことになり、子供にもストレスや不安を与えることになります。

23498185 191669294734450 5482922032796532736 n
kaipowa_nさんの投稿

その他、保証人に迷惑をかけることにもなり、これまで構築してきた人間関係にもひびが入ることは想像に難くありません。そういった中で、借金の返済から逃れ続けるのは相当なストレスやプレッシャーになるはずであり、健康的で人間らしい生活を送っていくことも難しくなってしまいます。そういった意味でも、その他の方法を検討することが重要です。

時効成立まで借金が減ることはない

23421806 126995441328556 3149517883436957696 n
home_502_homeさんの投稿

借金の時効の成立を待つ場合には、さまざまなストレスやプレッシャーに苛まれながら逃げ続けることになるわけですが、当然ながら、借金の時効が成立するまで借金の残高が減るわけではありません。むしろ、逃げ続けることによって、借金に対する利息が重なり、返済額が増えていくことになります。そういったリスクも、頭に入れておくことが大切です。

万一、逃げている間に、消費者金融や金融機関から見つかってしまった場合には、その借金の返済を迫られることになり、確実に返済していく必要性が出てきます。利息や遅延金、罰則金なども積み重なって、より巨額な借金の返済を求められることにもなりかねません。その点で、支払いが苦しくなった場合には、逃げるのではなく専門家への相談が不可欠です。

基本的に借金の時効が成立することはほとんどない

24174797 156490485101758 6988534651044233216 n
yua1054さんの投稿

結論から申し上げておくと、やはり借金の時効を成立させるのはほとんどできないということです。友人や知人など、個人間の金銭のやり取りで、忘れていたという場合には時効が成立することもありますが、消費者金融や銀行、信用金庫といった金融機関からの借入に対して、それを時効の成立によって踏み倒そうとするのは、とても無理があることです。

借金の返済から逃れるために、夜逃げを繰り返す人もいますが、そういった生活はいつか無理がくるものであり、途中で借主側がギブアップをすることになります。そもそも、債権者側が必要な手続きを行って、時効が中断しているようなこともあり得ます。いろいろな手段を使って時効の成立を阻止しようとしてくるのが、債権者側の強みでもあるのです。

相手も借金回収のプロということを念頭に置く

25006396 138136480237552 5857196439431544832 n
yua1054さんの投稿

借金の時効成立が難しい理由として、債権者側も借金回収のプロだということを念頭に置いておくことが重要です。消費者金融などの貸金業者であれば、なおさら借主がどういった行動をとりやすいのか、お見通しです。当然、借金が返済されずに時効が成立してしまうことのリスクも理解していますので、あらゆる手段を駆使して、時効の成立を阻止してきます。

何らかの手段を用いて、職場や住所、銀行口座などを割り出されて、口座や給料といったものを差し押さえられてしまうこともあります。金融業者側にも、債権回収のプロとなる弁護士や司法書士がついていることもあり、法的な手段を用いて、借金の回収を行うこともあるのです。そういったプロの手腕から逃れるのは、限りなく不可能に近いものがあります。

Thumb借金の一本化で返済は楽に?メリット・デメリットからできないケースも解説!

借金の時効成立後は個人信用情報機関に記録が残る

26863192 174411746504208 8403555486917459968 n
y_muuiさんの投稿

もし、借金返済を逃れることができて、時効の成立を迎えられた場合でも、その後の生活が穏やかなものになるというわけではありません。時効成立後には、契約内容や支払い状況などの信用情報を管理する機関である個人信用情報機関に「延滞」といった記録が5年間残ることになります。そのため、5年間はローンを組めなくなってしまいます。

個人信用情報機関からは、5年後に延滞の記録が抹消されることになりますが、借金を踏み倒した業者とその関連企業の社内データには、記録が残り続けることになります。そういた意味で、借金の時効成立後からは、一生その業者と関連企業からお金の借入やローンを組むことができなくなり、必要な資金提供を受けられなくなるというリスクもあります。

借金の時効ではなく任意整理による返済も視野に入れる

ここまでご紹介してきたように、借金の時効を成立させるのも難しければ、万一、時効を成立させることができた場合でも、その後の生活が思うようにいかないこともあるのが実情です。したがって、何らかの方法で借金を解消することが一番になってくるわけです。そこでおすすめとなるのが任意整理です。任意整理をすることで、借金解消への糸口となります。

28152368 178846822731568 902670618015563776 n
annnna2354さんの投稿

任意整理とは、司法書士が債権者と返済の方法や返済の金額について話し合いを行うことによって、支払いが可能になるような条件での合意を成立させる手続きとなります。あらゆる債務整理の中で、最もよく使われるのが任意整理であり、高金利の消費者記入との交渉においても、この任意整理を行うことで、借金の完済を目指す人が少なくありません。

Thumb借金を返せない時の解決策は?高額ならば専門家による債務整理も選択肢!

借金返済にあたって任意整理のメリットとは?

27581412 177870032825287 3478608147491323904 n
y_muuiさんの投稿

借金の返済にあたって利用する人も多いのが任意整理と呼ばれる債務整理手法ですが、そのメリットについてご紹介していきます。任意整理の大きなメリットとして、原則的に手続き完了後の将来的な利息が一切免除されることになるので、完済を早めることができるようになります。これは利息の支払いに苦しむ人も多い中で、大きなメリットになっていきます。

26870138 155037648488775 1345817157409177600 n
ryohei_lawさんの投稿

さらに、利息制限法の計算を活用することによって、債務総額が減少することもあるのが任意整理のメリットです。長期的な返済を行っていた場合には、過払いになっていることもあり、過払い金の返還やその資金を元本の返済に充てることも可能です。いずれにしても、任意整理には返済総額を減額できるというメリットがあり、完済に向けても弾みがつきます。

借金返済にあたって任意整理のデメリットとは?

26869585 413028342453308 2004047777721483264 n
gooomaaさんの投稿

一方で、任意整理にはメリットだけでなくデメリットも存在することになります。まず大きなデメリットとして、任意整理を行ってから5年間は借入を行うことができなくなります。いわゆるブラックリストと呼ばれるリストに個人情報が掲載されることになり、銀行や信用金庫をはじめとして、あらゆる金融機関からの借入を行うことができなくなります。

26367509 1780532608917484 6104434329155272704 n
phc0706さんの投稿

また、任意整理は、借金の支払い自体をなくすものではないため、自己破産や個人再生と比較した場合に、債務を減額させる効果が高いと感じにくいケースもあります。任意整理では、基本的に利息分の支払いをストップさせることが大きな目的であり、元本に関しては返済していく必要があります。そのため手元に資金がない人には、あまり効果がありません。

そもそも借金をしないような家計管理が重要

任意整理によって、借金の返済を行うという方法もありますが、そもそも借金を抱えないようにするための家計管理が重要になっていきます。普段の仕事から得られる収入と、生活費や娯楽費、子供にかかる資金などの見通しをつけた上で、計画的に生活していくことが大切です。借金を抱えるようなリスクになる前に、改善できる部分を改善してください。

借金の返済で困った時には専門家へ相談する

27573349 543679156008705 1649567604043415552 n
oknmochiさんの投稿

借金の返済に困った場合には、弁護士や司法書士といった専門家に相談することが一番重要なことです。本文中でもご紹介したように、借金の時効を成立させるのは簡単なことではなく、多くの場合で時効を成立させることができません。精神的なストレスやプレッシャーも大きいので、まずは専門家に相談することで、解決策を見出していくことが大切です。

Thumb借金の相談はどこにすべき?返済の問題は無料で!公的機関もあり!

借金の時効条件や手続きについて理解する

26864680 212412405973724 1467257142955212800 n
y_muuiさんの投稿

借金の時効成立条件や債権者側ができる手続き、債務者側が行うべき手続きについてご紹介してきました。借金自体は抱えないことが一番ですが、借金を抱えてしまった場合に、どういった方法があるのか把握しておくことも重要です。そういった中で、時効を迎える難しさや専門家に相談することの大切さを覚えておくのが得策です。

関連するまとめ

関連するキーワード

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ